スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ペルーを振り返って

旅が始まって一週間以上が経ちました。
2カ国目に入り、やっとなんとなく自分のペースが掴めてきたかな?



南米は危ないというけれど、ペルーの人たちは基本的には皆とても親日家で優しい!
(日系人はブラジルに次いで多く、フジモリ元大統領の影響も大きそう)

Machu Pichu-157


困ってたら基本的に親切に助けてくれます。
それが適当だったりもするのだけど。笑



あとは、わかってはいたものの、やっぱり英語が全然通じない。
勉強の毎日…
単語並べて必死に伝えようとしてます。

今、南米はどこの国も夏休みなので旅行者も南米の人が多く、
スペイン語しか話せない人ばかり。

みんなかわいいー
Cusco-52



なので、ペルーは情報を集めるために日本人宿に泊まることが多かったのです。
既に沢山の優しい日本人たちにも出会いました。
また違う道中で再会したりして、旅人コミュニティの狭さを思い知ります。







気候に関しては、
リマに入った時は夏だー!と興奮したものの、
それ以降はずっと高地を移動しているので、
昼間は暖かいものの、朝晩は普通に寒い日々を過ごしています。


心配していた高山病の影響はほとんどありません!

日本にいる時はひどい頭痛持ちだったので、
高山病の代表的症状の頭痛くらいは間違いなくなるだろうと思ったいたのに、
まだ一回も頭痛薬飲んでいません♪(´ε` )


ただ、お腹が…
来て3日目くらいからずーっと下してます。
整腸剤飲んでるけど一向に良くなりません(>_<)
それこそ、高山病の症状なのでは?という人もいるので、よくわからないですが、
ご飯をまともに食べれないのが悲しい…
昨日なんて夕飯コーラだったからね(/ _ ; )


南米抜ける頃にはだいぶ痩せるかもしれないです。
(それはそれでちょっと嬉しかったり笑)



先を考えるとまだまだはじまったばかりで気が遠くなる思いですが、
一日一日を過ごすのに精一杯すぎてそれどころじゃないー!

明日がどんな一日になるのか想像がつかない中、サバイバルの日々です。


昨日ボリビアに入ったけど、ここはまた全然違う国だな、と最初から感じるくらい、違います。
またどんな日々が待っていることやら。
スポンサーサイト



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

チチカカ湖で遊ぼう!&最初の国境越え!

マチュピチュからクスコに戻り、
そして更にクスコを後にして、夜行バスで7時間かけてプーノという街にやってきました。

プーノはクスコよりも更に標高が高い!
そしてチチカカ湖で有名な街です。

チチカカ湖は、汽船が往来する湖としては世界一高い標高にある湖なんだとか!
ペルーとボリビアの国境を跨ぐ、超巨大な湖です。


街自体はとてもちっちゃい。

Puno & Lake Titicaca-0
Puno & Lake Titicaca-4




ここはとにかくチチカカ湖!

というわけでチチカカ湖にある

ウロス島

という島に行くツアーに参加しました。

Puno & Lake Titicaca-10


モーターボートで進むこと40分。
Puno & Lake Titicaca-13



つきました!
Puno & Lake Titicaca-18



ウロス島は、なんと人工的に作られた浮き島なんです。
水に浮いてるんです!
Puno & Lake Titicaca-20
Puno & Lake Titicaca-24



スペイン語でトトスと呼ばれる葦を組み上げて作られています。

水に触れる部分が腐ってきたらまた上にトトスを重ねていくだけ、
という超シンプルなもの。

Puno & Lake Titicaca-29


トトスはウロス島の人たちにとって超重要なもの。
これで家を作ったり、船を作ったり、火種にしたり、食材にしたり。


そう、摘みたてのものが食べることもできるらしい!
というわけで食べてみました。
Puno & Lake Titicaca-28


うん、マヨネーズあったらいくらでもいけるよこれ。
特に味がするわけではないんだけど、瑞々しくて、
シャキッとした食感で、野菜の一種のようです。
野菜スティックに入れといてほしい。


ウロス島にはウル族というかなり古くからいる民族が生活をしています。

Puno & Lake Titicaca-32



こんなところで生活している人たちがいるなんて、
日本に住んでたらほんとに、考えられない。

でも子供達はやっぱり可愛いのは同じ!
Puno & Lake Titicaca-47






翌日はプーノをあとにして、今度はボリビア側からのチチカカ湖を見るために、
ボリビアのコパカバーナという街に向かいました。


とその前に!
この旅初の!

国境越え!!!by バス



Copa Cabana-0


一回バスを降りて、自分でペルー側での出国手続き、
国境を跨いでボリビアでの入国手続きをします。

勝手がわからなさすぎて、色んな人に教えてもらいまくりました。

これが国境!
Copa Cabana-4



国境を超えたら、時差が一時間!
線を跨いだだけで時間が1時間進むなんて!

まだまだ新鮮な驚きです。


そして、国境を超えてすぐ見えてくるのが

コパカバーナ

というボリビアの街。

まる海辺のリゾート!テンション上がる!
なにこれ!プーノより全然好き!
Copa Cabana-10
Copa Cabana-11



いいねーこういうの、好き好き。
Copa Cabana-12
Copa Cabana-14





そしてこの街からも行ける

太陽の島

という島にも立ち寄りました。

インカ帝国発祥の地と言われている島だそうです。


島には特に特別なものはなく、ロバがお出迎えしてくれて
Copa Cabana-20


アルパカちゃんと可愛い子供がいました。
Copa Cabana-23
この写真とったあと、
やっぱりお金を請求されました。



というか、奥の方まで行けば遺跡とかあるみたいだけど、
私は時間がなかったので、ひとまずまったり。
天気が良くて超気持ちいい!
Copa Cabana-21



そしてこの後は再びバスに乗り、
一気にボリビアの首都であるラパスを目指します。
昨夜遅くにようやくラパスに到着。



さてさて、2カ国目、ボリビア編スタートです!


◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

マチュピチュツアー2日目、ついに行っちゃいます!

オラー!

マチュピチュツアー2日目。
いよいよマチュピチュへ向かいます。


まだ朝の5時すぎ、
薄暗くて朝霧が立ち込める中、宿を出発。

Machu Pichu-40


マチュピチュは今は雨季。
朝は必ず霧がかかって、
その後雨が降るか、晴れるかは運次第。

きっと晴れると信じて、
バスで更に上まで上がり、マチュピチュの入り口へと向かいます。

Machu Pichu-43

マチュピチュの入り口には既にすごい数の人たち。


さて、いよいよ入場というその時!!!!



トラブル発生!!!!



事前予約していたマチュピチュのチケットを、

WA SU RE TA YO!!!!!!!


そう、マチュピチュは去年から入場ルールが変更となっているのです。
以前は当日、入る時にチケットを買って行く流れだったのが、
去年より、一日何人まで、という入場制限が設けられ、
事前にネット予約しなければならなくなりました。
いわゆる電子化。

そして、更にマチュピチュの奥にあるワイナピチュという山に登るには、
これまたマチュピチュよりも更に少ない人数制限があり、
これを取るのが結構大変なんです!

実際わたしも、3日前にワイナピチュ入場残り一人の枠でなんとかゲットできた貴重なチケット。
プリントアウトして、忘れずに持って来たはずなのに!
なんと、ホテルに置いてきたもう一つの荷物の中に忘れてしまった…


心臓ばっくばく。
ワイナピチュは、人数制限とともに、入場時間の制限もあって、
私が取ったチケットは朝の7時から8時までに入らなきゃいけないもの。

一回ホテルに戻ったら、間に合わないー!!

超てんぱって、近くにいる英語が話せそうなガイドさんっぽい人に事情を説明してみると。

パスポートは持ってる?

持ってる!!!!ヽ(;▽;)ノ

それならこっちにおいで
と、オフィスの方に連れていってもらいました。

予約した際にパスポートNoを入力する箇所があったため、
そのパスポートNoで、なんと、
チケットを再発行してもらうことができました!!

ビバ電子化ヽ(;▽;)ノ




ほんと、すぐに助けてもらえて感謝(T_T)
けど、なんであれほどまでに大事だと思ってたチケットを忘れたのか、
自己嫌悪の気持ちが残ります…



そして無事入場してからも、霧の中を進んでいると、
道を間違える!!!!

更にはなぜかリャマにも追いかけられる!!!!

もう必死ですよ、こっちは。
リャマに追いかけられて悲鳴をあげて逃げてたら
周りの外国人たちにすごい笑われた…


命からがらなんとか7時までにワイナピチュの入り口に到着し、
昨日一緒にご飯を食べた日本人のみなさんと合流!


いよいよワイナピチュ登山です。

Machu Pichu-50



ちなみに、

ワイナピチュ

とはマチュピチュの更に奥にある山のことで、
かなり急な登山道を1時間くらいかけて登らなくてはいけないのですが、
そこから見えるマチュピチュの眺めが最高らしい!

というわけで、ここまで来たからには苦手な登山もやるしかないでしょ!
と一念発起。まだまだ濃い霧の中、いよいよ登り始めます。


まだまだ何も見えません。
Machu Pichu-52
Machu Pichu-54
Machu Pichu-57


ほとんど、こんな急な道ばかり。
普通に危ないです。
Machu Pichu-59


ほんっとにきつくって、これで上まで登って霧で何も見えなかったらどうしようと不安が募ります。

でも、一緒に登ってくれた日本人の方と、
ちょこちょこ休みながら、話をしながら、自分のペースで登っていき、
1時間ちょっと経って、ようやく頂上まで来ました。


でもまだ何も見えない。
Machu Pichu-64

霧の向こうにマチュピチュが見えるはずなのに、
霧が薄くなったり濃くなったりを繰り返して、
なかなか晴れてくれない。


その場にいるみーんなが、霧が晴れることを祈っているのがわかる。
すごいエネルギー!!

待つこと30分か40分。
ずーっと霧が晴れることを祈りながら。


その時!!!

厚い雲の切れ間から、太陽の光が差した!!

Machu Pichu-68


思わず、
太陽ー!
と叫んでしまう、わたし。


太陽が出たおかげで一気に気温が上昇し、
霧がすごい勢いで引いていくのがわかる。

その場にいるみんなが、誰もが目を見張っている。


そして。

Machu Pichu-69
Machu Pichu-71
Machu Pichu-72
Machu Pichu-73




きたーーーー!!!




Machu Pichu-75




神様が、ふーーって、やってくれたみたいに。

ほんの一瞬で、霧が晴れて行く。


上がる歓声!


そして涙と鼻水が噴き出す私。笑



この瞬間に、色んな気持ちが沸き起こって来て
涙も鼻水も止まらなくなってしまいました。


やっぱり、大丈夫と思っていたものの、旅の始まりでしかも初の南米、すごく心細かった。

まだ始まったばかりなのに沢山の失敗をしてしまってる自分に対する反省の気持ちもあった。

そしてその度に助けてくれた人々への感謝の気持ち。

霧が晴れる前の、誰もが晴れると信じて止まないあのエネルギーの塊の感じ。

そして、ここまで来たという達成感と目の前の美しい景色。

全てが重なって、もう感情ぐっちゃぐちゃ。
涙と鼻水もぐっちゃぐちゃ。



すんごいパワー。
しばらく誰もが、無心に目の前の景色を焼き付けていました。

このあとは、もうどんどん霧が晴れて、
景色は良くなる一方。

うれしーーー!
Machu Pichu-81



こんな山奥に、よくぞこんなものを作ったものだ。
インカ帝国が滅亡してから、400年間誰にも発見されず、
ちょうど100年前にアメリカの歴史学者が発見したというだけでロマンを感じるけれど、
やっぱり自分の目で観るのは違う。



そして雨季に来て良かった。
あの霧が一瞬で晴れて行く感じは本当に神秘的だったし、
そこで見えた景色の緑はとてもキレイな輪郭をしていて、生き生きとしていました。
雨季ならではの木々の生命力が漲る感じ。


もちろん、運が悪くて雨が降っちゃってたら…って考えると、
雨季に来るのはかなりの賭けではあるけれど。
私はお陰様で運良く、素晴らしい瞬間に立ち会うことができました。



午前いっぱいはワイナピチュからの眺めを堪能し、
下山してから今度はマチュピチュの中を散策。

Machu Pichu-95
Machu Pichu-113
Machu Pichu-104




この段々畑の上まで登って行くと…
Machu Pichu-132



この景色!
Machu Pichu-159

いわゆる、マチュピチュの絵です。
この写真の右側のひときわ大きい山。
これがワイナピチュです!
朝、このてっぺんまで登ったんですよー!



その後は、また朝一緒だった日本人たちと
いい景色のところでまったり〜
Machu Pichu-115

気持ちいいんだ、これが。


昨日の行きにお世話になったチリ人カップル、
ドリーゴ&ヴァネッサと遭遇!
Machu Pichu-117

一緒の日本人の皆さんも!
Machu Pichu-121



そしてアルパカちゃんたちとも戯れる〜
Machu Pichu-147


そんなこんなで再び麓のマチュピチュ村に戻り、
夜の電車でクスコに帰ります。

帰りもまたチリ人カップル、
ドリーゴ&ヴァネッサと一緒でした。

電車の時間まで余裕があったので、
今回とてもお世話になったお二人に、
頑張ってスペイン語で手紙を書きました!

と言ってももちろんGoogle翻訳駆使ですが。

でもね、Gracias!(スペイン語でありがとう)という言葉でしか、
感謝の気持ちを伝えられずにヤキモキしてたので、
なんとか、2人がいてくれたおかげでたくさん助けられたし、
良い旅になったんだということをどうしても伝えたくて!


帰り際にそれを渡したら、
読み終わった瞬間、2人してむぎゅーーって、
抱きしめてくれました。
あったかいねぇ。言葉が通じなくても。


チケット忘れて助けてくれたマチュピチュの人、
辛い登山を一緒に登ってくれた日本人の人たち、
そしてチリ人カップルの2人。

たくさん失敗もして凹むことはしょっちゅうだけど、
色んな人に助けてもらいながら、旅ができています。

マチュピチュや沢山の人からパワーをもらい、いざ、次の街へ!



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

クスコでのいきなりのやる気ない病、そしてマチュピチュツアー1日目


オラー!


ここ数日、ネット環境があまりよろしくなくて
写真のアップが全然できなかったので、
まとめてブログ更新します!



実はわたし、クスコ2日目に、
まだ旅が始まって3日目にもかかわらず、
いきなりのやる気ない病にかかっていました。笑



高山病の影響か、
環境が変わってしまったせいか、
クスコに着いた初日に全然寝れず、
しかも泊まった日本人宿がいけてなさ過ぎて、宿を変えたり、
あとはたぶん高地に慣れないというのもあって、
旅3日目にしてものすごい倦怠感に襲われ、
全て面倒臭くなってしまうという。
あり得ない状況に陥っていました(−_−#)


地球の歩き方に載ってるペンシオン花田は、
いまやもう流行りではないらしいです。
泊まってる日本人も全然いないし、
オーナーも全く姿を表さず、
何の情報も得られないので、
もうひとつの日本人宿であるペンシオン八幡に移ってきました。


そこも決してすごく良いわけではないけれど、
(不便なところにあって夜怖い。)
少なくとも花田よりは日本人も沢山いて、
オーナーの人にも色々と聞けるし、
情報はたくさん集まるので、移動して来て良かったです。
しかも、世界一周をしてる人が多かった!


で、そのやる気ない病のクスコ2日目は、
宿で出会った世界一周中の女の子2人と夜ご飯を食べに行き、
食欲が無いながらもご飯を美味しく頂いて
精神的にはかなり元気が回復。(感謝!)


そしてその日の夜はぐっすり眠れて、体力も回復。


翌朝はいよいよ1泊2日のマチュピチュツアー!
よっしゃー!いくぞー!と2日ぶりにやる気を取り戻したのでした。




このツアー、実際にマチュピチュに登るのは2日目です。
なので、初日は麓のマチュピチュ村まで4時間かけて移動。

Machu Pichu-33
Machu Pichu-36





そこで一緒になったチリ人のイケメンイケ女カップルに、
ものすっごいお世話になりました。

ほら。イケメンイケ女でしょ。
ドリーゴ&ヴァネッサカップル。

Machu Pichu-37



移動中、周りに日本人が全然いなかったので、
すごい気にかけてくれて、ものすごく助かったー!


彼らは英語が全然話せないし、私もスペイン語が全然話せないのだけど、
移動中、何かにつけて
「Saori! Saori!」と呼んでくれて、
こっちだよー!と先導してくれました。

名前を呼んでもらえるだけで、こんなにも気持ちが通じる感じがするなんて。
名前を呼ぶって大事!!

以前、イギリスに短期留学中に、
ホストファミリーがいつまで経っても
私のことを「The Student」としか呼んでくれず、
わたしの名前はSaoriだぁぁーー!!と、
淋しくて泣いてしまったことを思い出した。

そう、やっぱり親からもらった大事な名前。
呼んでもらえばもらうほど、愛を感じるってもんです。


2人からはこんな果物ももらった。
ペッピーナ?とかいうもの。
日本で見たこないけど美味しかったー!
Machu Pichu-1



そしてなんとか無事にマチュピチュの村に着き、
その日はゆっくり。
観光客しかいない村なので、物価がめちゃくちゃ高いけど、
次の日に備えて、カフェでまったーり、宿でまったーりしました。

小さい街には、観光客向けのカフェ&レストランがずらり。
Machu Pichu-7



街をぶらり。
Machu Pichu-8
Machu Pichu-9
Machu Pichu-168



夜は同じく明日マチュピチュに行くという日本人の方々4人と知り合い、
一緒に夜ご飯。

いよいよ、翌日はマチュピチュです。
晴れるようにお祈りして、就寝!
つづく。






◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

クスコでまったり

オラー!

ペルーの

クスコ

という街に来ています。


飛行機の中から

赤褐色の街並み

が見えた瞬間、
あまりにも風情あり過ぎてテンションが上がりましたが、
はしゃぐのは禁物。

なんてったってここ、クスコは

標高3600m!


富士山山頂より少し、低いだけです。

高山病に気をつけるためには、
とにかく体が順応するまで大人しくして、
水などを大量に摂取すること。


というわけで、今日は昼過ぎに宿にチェックイン後、
すこーしだけ街を散策し、代理店でマチュピチュ行のツアーの予約だけしました。


それにしてもクスコ、街並みがキレイすぎるよ!

Cusco-3
Cusco-7


その昔、インカ帝国の首都だったそうで、
古い街並みがとてもキレイです。
観光客いっぱい。

クスコの民族織物はとてもかわいい。
みんなカラフルな民族織物のグッズを身につけてます。
Cusco-9



気候は標高が高いので、
リマから一転、かなり涼しいです。


天気も変わりやすく、
今日の午後だけで雨が降ったり晴れたりを繰り返していました。


街の中心、アルマス広場で若者たちと戯れたり〜

Cusco-13
Cusco-12


たのし!



で、夜は同じ宿に泊まってる大学生の子とペルー料理。

牛肉と野菜の炒め物。


Cusco-18


なにこれ!おいしいに決まってるじゃん!
ペルーでは結構お米を食べるんですね。
知らなかった。


夜景もキレイでした。
Cusco-19
Cusco-20





とそれと、

マチュピチュツアーについて。


私はワイナピチュにも登りたかったので、
ワイナピチュのチケット付きの一泊ツアーを探しましたが、
あした出発のものはもう翌日のワイナピチュが売り切れで、
明後日出発になりました。
しかも残り1名をゲットするというミラクル。


私は高山病も心配だったので少し長めにクスコにいようと思っていたため、
明後日出発でも問題ありませんでしたが、
やっぱりワイナピチュは入場人数に制限があり、
人気なので時間に限りがある人はクスコにくる前に
予約してきた方が良さそうです。



というわけで明日もクスコでのんびりします〜



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
プロフィール

saori

Author:saori
1983年6月生まれ。
2010年9月に結婚。

のらりくらりと紆余曲折を経て、
会計士として4年間勤めた職場を2011年末で退職。

旅行中毒。
音楽大好き。
映画大好き。

思い立ったら実行しないと気が済まない性格が災いし、
夢のまた夢だった世界一周を本気で叶えることにしちゃいました。

2012年1月から、東周りでの世界一周、スタートしました!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中♪
応援宜しくお願いします!

一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
Follow me
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。