スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ボリめし

オラー!



今回は、

ボリめし


すなわちボリビアでの食事情について!




旅が始まってすぐ、ペルーでいきなりお腹を壊し、
それから一週間以上ずっと下し続けていた私のお腹。

そんな不安を抱えながらボリビア入国。



ボリビアは南米諸国の中でも特に物価が安い!!!
それすなわち、衛生環境が良くないということ!!!



こんなお腹を抱えて、ボリビアで生きていけるのかと大丈夫だった当初。
何も食べる気が起きず、ご飯もパン一切れとバナナとか、
ひどい時はコーラのみ、なんてことも。




が!!!



ラパスで日本人にもらった正露丸に出会ってから一変。


ずーっと治らなかったお腹が一気に急回復!




その後、
ほとんど何も食べられなかった時期が信じられないくらい、
ひたすら食べまくっております!!!!



まずはラパス編



まだラパスにいる頃はほとんど何も食べられなかったため、
まともに食べたご飯と言えば、日本料理のみ。笑



初日は、インド以来の再会の友人たちと
超有名日本料理屋、けんちゃんに行こうとするも、
定休日だったため、諦めきれず、更に進んだところにある

WAGAMAMA


という日本料理屋へ。



けんちゃんよりももう少し高級感があって、値段も高いお店です。



日本食のメニューを見た瞬間、
なんだか食べられるような気がして、勢い余ってカツ丼を注文。

La Paz-4





って、日本でもカツ丼とか滅多に食べないよ…

あと、茶碗蒸しも!お腹に優しそう!


合計で

88ボリビアーノ(約1000円)!!!!


今思うと、めっちゃくちゃ高い!!!!
(ボリビアでの通常の食費がどのくらいかについては、記事の後半をご参照ください。)



ラパスについたばっかりで物価のこともよくわからず、
かつとにかく何かを食べたいというすがるような思いだったので、
どうかしていたのです…



しかもー!!!
カツ丼、半分以上残してしまった…
いやね、とっても、とっても美味しかったのですよ。



超自己嫌悪。超反省。



なんかやっぱり、おかしかったのです。
自分というものがわかっていなかったのです。






そして翌日はひとり

けんちゃん

リベンジへ。

前日の反省を活かして、
ミニ味噌ラーメンを注文しました。

La Paz-27


34ボリビアーノ(約400円)

でした。
量も最適で、久々の完食!
美味しかったー!





ウユニに到着してからは、

食欲がほぼ完全復活!!!




ウユニ前半はツアーめし。
Brisaツアー、定評通り、とても美味しかったです!
料金はツアー代に含まれています。




昼はメインのものと、サラダ。
付け合わせ。
Laguna Colorado - Laguna Verde-23


メインはチキンだったり、リャマ肉だったり、牛肉だったり。
全部美味しかった!



夜はスープとメインが基本。
メインはパスタの時もありました。
Laguna Colorado - Laguna Verde-45





そして、ウユニの村に帰って来てからの食事は!
基本、

昼はメルカド!(市場)



最初に出てくるスープがでっかくてこれだけでお腹がいっぱいになります。
Uyuni 2-2



辛いのを入れると、更に美味しくなります。



余裕がある人は、

「セグンド!(2番目のやつ!)」


と言うと、メインの食事が出てきます。


これ、スープだけだと

6ボリビアーノ(約70円)!


セグンドまで食べても、

12ボリビアーノ(約130円)!



やっすーい。




夜は、Pollo(鶏肉)!!
Uyuni 2-1


付け合わせに、ポテトとか、お米か、サラダか、選べます。
これもだいたい、

12、13ボリビアーノ(約120〜130円)

くらい。

マヨネーズとケチャップで食べて、美味しい!!




で、なんと食欲が完全復活してしまった私は、
ウユニ最終日の最後の夜、大学生のかずくんについていって、
上記の鳥肉を完食したあとに、
屋台で売られている

ハンブルケッサ(ハンバーガー)

まで完食!


むむー写真がないのが悔しい。
(この辺の4、5枚だけバックアップできなかったため、
カメラ盗まれた際にデータなくなりました)
完全にファストフードだけど、ポテトもついてて結構なボリューム。

お値段、なんと

4ボリビアーノ(約45円)。




かず君に、
「高校生コースなので、女性の方には厳しいと思いますよ」
と言われていたのに、
ドン引きされてしまいました。




やっちゃいましたねー。



というわけで、
ボリビアはあまり食に期待してなかったけど、
安いのにめちゃくちゃ美味しい!



すっかり、食べれなかった頃の貯金を使い果たしてしまいました。

スポンサーサイト



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ウユニリベンジ!その2

1月23日、早朝3時ウユニ発のバスを棄ててしまい、
結局更にウユニに留まることにしてしまった私




無事、ウユニの呪縛は解けるのか…





朝、起きると前夜の雨はすっかり止んでいる。
雲はあるけど、青空は見える。





前夜の雨で、塩湖の水鏡は見られるのか?





もう、これで見られなかったら本当に、本当に諦めよう。





ベッドからむくむくと起き上がり、
外に出ると。





前日、一緒に行ったメンバーもやはり同じ気持ちだったようで、
昨日と同じ内容のツアーを組んでもらえるか、旅行会社に聞きに行くことに。





ここでまたもやアキさん大活躍!!

前日とは違う旅行会社で、
更に値切り敢行して頂き、
この日は80ボリビアーノ(約880円)にて、
昨日とほぼ同じ内容のツアーでこの日も塩湖に行くことに!





しかも、昨日の同じ4WDに乗っていた7人のメンバー、
1人も欠けることなく、

全く同じ7人です!!!笑






日本人の(というか、このメンバーだけ?)ウユニに対する思いは半端じゃありません!




普通だったら、特に欧米人なんかは雨季の塩湖にこだわりはないようで、
一回塩湖のツアーに行ったらすぐ次に向かってしまいます。



でも私たちは違うー!



ただでさえ日本からボリビアなんて簡単に来られる国じゃない上に、
更にラパスから10時間かかるウユニ、
ここへまた訪れるのは至難の業。
もう二度と来られることはないかもしれない。




この機会に、この雨季の時期に、
なんとしてもあの景色が見たいのだー!





やはり今日も、みんなの思いはただ一つ。

あの!景色が見たい。




それだけ!!




この日もまた午後3時より、
ツアー開始。



前日の雨で、街は水溜りが張っています。
でも、塩湖の方もそれだけ雨が降っていたかはわからないわけで。




神様、お願い。
水鏡を見させてください。




ドキドキしながら4WDが塩湖に到着するのを待ちます。




街を出発して1時間。到着。








ついに、来ました。





私の、私たちの、見たかった景色が。
そこに、広がっていました。






これです。

Uyuni 3-8




やっと、見られた。
Uyuni 3-22





水鏡。
Uyuni 3-32





空の中にいるみたい。
Uyuni 3-29





水平線が消える。
Uyuni 3-12





かみさま、ありがとう。
Uyuni 3-56






しばし、言葉を失う私たち。






美しすぎる。
Uyuni 3-27





で、その後、すっかりテンションが上がり切った私たちは!




トリックアートを撮りまくる!





というわけで、
この2日間を共にした、
諦めの悪い、信念強い、最高の瞬間を共有してくれたステキなメンバーを紹介!





世界一周ももうすぐクライマックス、
皆のバランスを的確に捉えてくれていた、とーるさん
Uyuni 3-109

ブログはこちら





続いて、鵠沼Marriedのイケメン旦那さま、
しんげんさん
奥さま大好き人間なのが滲み出てます!
Uyuni 3-110





同じく、鵠沼Marriedのかっちょよすぎるステキ奥さま、アキさん
スペイン語、本当にありがうございます!
Uyuni 3-113





わたしー!
風吹かすよ〜
Uyuni 3-111





心優しい超癒し系看護師さん、よしこさん
マチュピチュの感動の瞬間も一緒でした〜!
Uyuni 3-114




年下なのに、抜群の安定感で雰囲気を明るくしてくれた、サムくん

Uyuni 3-160




と、ごめん、トリックアートの写真なかった、けーすけくん
サングラスの掛け方斬新すぎ!
Uyuni 2-77


ついでにバック転の写真も!
すごいー!
Uyuni 3-35





ちなみに、塩湖で遊んでいると、
足はこんなにしおしおになります。
Uyuni 3-25





とにかく、時間も忘れて遊びまくりました。
Uyuni 3-39
Uyuni 3-43
Uyuni 3-147
Uyuni 3-156
Uyuni 3-144





そんなこんなで、
夕暮れの時間を待ちます。
Uyuni 3-50






水鏡は変わらずキレイなまま。
ここに、夕日が写ったら、一体どんな世界にまた変わるのだろう?
Uyuni 3-60







そして。
その時はやって来ました。





はっと息を飲む、美しさ。
息をするのも忘れてしまうほどの。

Uyuni 3-61





昼とはまた全く違う世界の訪れ。
Uyuni 3-70




ここはどこなんだろう?
天国?
空の上?
Uyuni 3-92






これが、大自然の織り成す景色だなんて。
Uyuni 3-89




信じられますか?
Uyuni 3-93





涙。
Uyuni 3-94




粘って粘って、ウユニの街に残って、本当に良かった。


この景色が見られて本当に良かった。

Uyuni 3-175





この旅に行かせてくれた旦那さんに、感謝。
温かく見守ってくれる両親、兄弟に、感謝。
応援してくれてる日本の大切な人たちに、感謝。



そして、この瞬間を共有してくれた、

とーるさん、
しんげんさん、
アキさん、
よしこさん、
サムくん、
けーすけくんに、
感謝。


Uyuni 3-143




こんな、こんな信じられないくらい凄い景色に、出会えたよ!
Uyuni 3-169







夕暮れ後、満天の星空を眺めて、ウユニの街に戻ります。





申し分なく、120%満足して、

ウユニの呪縛

から解放されました。



執念勝ちです!笑




そして、翌日やっと、今度こそ本当にチリ行きのバスチケットを取るのでした。





予定よりかなり遅れたけど、ようやく次の街へと、向かいます!



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ウユニリベンンジ! その1

オラー!



ただ今チリのビーニャデルマルという街におります。

ボリビアのウユニにいる間はネット環境がなかったため、
遅れて更新します!





===================

1月21日、
3泊4日のツアーを終えて、
チリではなく、再びウユニの街に
戻って来てしまった私



雨季のウユニ塩湖に来たからには、
あの景色を見ずにこの街を出られません!



とは言え、
必ずあの景色が見られる保証もなく。




また明日ツアーに参加して、
見たい景色が見られるのかもわからず。




諦めの悪いままウユニに留まって、果たして意味があるのか…





そう思いながらとりあえずウユニの街のバックパッカーの定宿、
アヴェニーダにチェックインすると。


いました、いました!
同じ状況の日本人数名!




私と同じく、既にウユニ塩湖のツアーには行っているんだけど、
満足いく景色が見られず、
もう一度行きたい、と考えている方々が共有スペースで相談会を開いているではないかー!




皆さんの思いはひとつ。
水鏡の景色が見たい。




これは乗らない手はない、
というわけで便乗させていただくことに。




通常のツアーに参加すると、
ウユニ塩湖以外の列車の墓場やお土産屋さんがツアーコースに組み込まれてしまいます。
前回の記事

もうそこには全員いったことがある!




それを飛ばして、昼ご飯も付けなくて良いから、
昼過ぎ出発にして、とにかく水が張っている場所に連れていってもらい、
そこで夕日~星が見えるまでいてくれるようなツアーを組めるか、
旅行会社に聞きに行くことに。



ここで、すごい人登場!
鵠沼Marriedの奥さま、アキさん


元海外青年協力隊で

ホンジュラス

にいた経験があるアキさん、
ごりごりと、堪能なスペイン語で旅行会社の人と交渉してくれます。



わたし、口あんぐり。
すごー。スペイン語。なんて頼もしいんだ。



完全にアキさん頼みの他の日本人数人が見守る中。




交渉成立!!!







翌日の15時から、
普通のウユニ塩湖ツアーで行く場所はほぼカットし、
とにかく塩湖の水が張ってる場所に連れて行ってもらい、
夕日と星が見られる時間帯まで塩湖に留まってもらう

という内容のツアー。



なんと1人100ボリビアーノ(約1100円)!





激安。
というか、もう完全にアキさまさまです。
すごすぎです、アキさん。






翌日、
結局同じ内容のツアーに参加したいという日本人が増え続け、
4WD2台、日本人14人の大所帯で行くことに。


そして私は、必ずやそのツアーで見たい景色が見られると信じ、

翌朝3時に出発のチリ行きのバスチケット

を取ります。



チリ行きのバスは本数が少なく、翌朝3時を逃すと、
2日間待たなければならないのです。




とにかくなーんもないウユニの街を早く出たかったので、
この日、そこそこの景色が見られれば、すぐに街を出ようと。



そして、いよいよ。
いざ出発。



良い景色が見られるように、
ひたすら祈ります。




が。
やはり、水は十分に張ってはいなかった…

Uyuni 2-5





場所によっては、
水鏡?ぽく見えるのだけど。

Uyuni 2-6





うーん、あと少し!!

水が足りなくて、塩のつぶつぶがどうしても見えてしまうのだよね(/ _ ; )



うん、でもすごい景色なんだけどね。
この辺で満足しておくべきなのか。
うーむ。
Uyuni 2-46





てか、この写真、鵠沼Marridのしんげんさん、アキさんご夫婦、素敵すぎです。
Uyuni 2-11


2人が素敵すぎて、ちょっと淋しくなって泣きました。笑



あまり水が張っていないので、
ウユニ塩湖の塩の結晶を採って遊びます。
Uyuni 2-15



塩の結晶!
Uyuni 2-21




どひゃー!

Uyuni 2-17




塩湖なので、このしろーい塩の層の下には水があるのです!
ところどころ穴が空いてる。
Uyuni 2-25



穴を広げてやろう、としていますが(笑)
かなり、硬くてなかなか穴は広がりません。
Uyuni 2-23
Uyuni 2-24






で、夕暮れの時間帯。



私たちの期待に反し、
もくもくと雲が立ち込めます。



むむー。
夕日見れないじゃん。

と、思ったら。
雲の隙間から、夕日!
Uyuni 2-34






完全なる水鏡の夕日ではなかったけれど、やっぱりキレイ。
Uyuni 2-40
Uyuni 2-34





その後、雲は更に増え続け、日が暮れたあとの星はほとんど見えず。


残念すぎるので、鵠沼Marridの旦那さま、しんげんさんの一言で、
ペンアートを敢行することに!

初めてだったから、できるかドキドキ。

けど、
何回かの試行錯誤を経て。
Uyuni 2-56



できたどー!
Uyuni 2-62






どう?
Uyuni 2-65




なかなかすごくないですか?
Uyuni 2-67



地面のはつぶつぶ見えちゃうけど、ちゃんと映ってる!




みんなで声出しながら!体育会のノリで頑張りました( ´ ▽ ` )ノ
Uyuni 2-68





とってもナイスなメンバーに恵まれ、
満足いく景色が見れなかったものの、楽しくツアー終了。
Uyuni 2-74




まあ、大満足、まではいかないけど、そこそこの景色が見れたし、
楽しかったから満足したことにして、
午前3時のバスでウユニを後にするかーと考える帰路。





と、そこに。
雨が降り始めた!



待望の、雨!
水鏡を見るために必要な、雨!



雨足は強くなって行くばかり。




これ、明日こそはあの、
あの水鏡の景色が見られるんじゃない??






むーー!
わたし、このあとすぐ、朝3時のバスでこの街を出る予定なのにーーー!




どうする?
どうする?


もう一日いたら、ずっと見たかった景色が見られるのかもしれないよ??


そして、このチャンスを逃したら、
もうこんな地球の反対側に来られることなんて、
2度とないのかもよ!?






あーーもう!

ウユニの呪縛!!!







そして私は、雨がどんどん強くなる中、 
この呪縛が解けるまで、やっぱり次の街まで行けない、と、
せっかく取ったバスチケットを棄てることを決意し、
もうあと2日この場に留まることにしてしまったのでした。

つづく。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

3泊4日チリ抜けツアー その2

オラー!



ウユニ塩湖で塩のホテルに1泊したあとの続きです。




ここからのツアーは、ボリビアのウユニからチリの国境まで、

途中2泊しながら4WDで沢山の絶景を見ていく


という内容のものです。




ガイドブックには載ってないんだけど、すごい絶景の連続!
Laguna Colorado - Laguna Verde-0
Laguna Colorado - Laguna Verde-7
Laguna Colorado - Laguna Verde-13




食事は、基本的に昼は外です。
Laguna Colorado - Laguna Verde-23




夜は宿で用意してもらいます。
Laguna Colorado - Laguna Verde-45





昼も夜も、全く期待していなかったのだけど、意外とご飯が美味しい!!




そして同じグループのファビオがギターを持っていたので、
毎晩宿では誰かがギターを弾き、皆で歌います。
Laguna Colorado - Laguna Verde-49
Uyuni-151
Laguna Colorado - Laguna Verde-48




南米で超有名な曲の振り付けを教えてもらって、皆で踊ったり。
楽しい夜を過ごしました。





最終日は朝、暗いうちから宿を出発し、

間欠泉群

を見に行きます。



大地から水蒸気が吹き出している様子は圧巻!
Laguna Colorado - Laguna Verde-50




ボリビアとチリの国境のあたりは、標高4500mほどの超高地で、
荒涼とした風景が続きます。
Laguna Colorado - Laguna Verde-55




朝日に向かって4WDで走って行く感じがまた、とても良い。
Laguna Colorado - Laguna Verde-56




で、なんと

温泉

に到着!
みんな朝風呂を楽しんでいます。
Laguna Colorado - Laguna Verde-58




日本の温泉とは違って、みんな水着を着て入ります。

私は水着を取り出すのが面倒だったので、足だけ~


高地の朝なのでかなり気温が低かったのだけど、ちょうど良い湯温!
足風呂だけでもかなり体が温まりました。



そして最後の絶景はここ。
Laguna Colorado - Laguna Verde-61





ラグーナベルデ。


スペイン語で緑の湖、です。


ここもガイドブックには載っていない場所なんだけど、
何ヶ月か前に、テレビでこの湖のことを知り、
絶対に行きたいと思っていた場所の一つでした。


ただ残念なことに。
名前の由来は、湖が緑色に見えるからなのですが、
この湖が緑色に見えるのは、風が吹いたときだけ、なのです。
この日はこの通り、風が吹いておらず、
緑色には見えませんでした。



運が良ければ、風が吹いた瞬間に、
色が緑色に変わる瞬間が見えるそうです。
うむー。ロマンチック。
変わる瞬間見たかったけど、さすがにそこまで運は良くなかったです。




この後、ボリビアとチリの国境に到着し、
同じグループのメンバーの何人かはチリに抜け、
私を含む残りはウユニに戻るため、お別れの時。


この国境のところがまた絶景なのだけど、
その景色をバックに、前夜に覚えた歌と振り付けをムービーに撮ろうという話に!
Laguna Colorado - Laguna Verde-85





ものすごく良い動画が残りました。


同じグループの皆は、私以外スペイン語を話すので、
ついていけるか心配でしたが、
ちょこちょこと、英語を話せるアラ、ミーア、ファビオたちが通訳してくれて、
みんな温かく迎え入れてくれました。


ブラジル人アンダーソンは英語が全然話せなかったんだけど、
なんとかして私とコミュニケーションを取ろうと頑張ってくれて、
その度にもどかしくなって、英語勉強してやるー!!と、叫んでいました。笑




2月に、この6人メンバーでブラジルのリオに集合して、
カーニバル見よう!って話になったり。




その前に、ダニエル&アラカップルとは、
チリのビーニャ・デル・マルで遊ぶ約束もしたり。


もともとは、チリまでの絶景が見たくて参加したツアーでしたが、
思い掛けず、良い出会いの連続でした。




これぞ旅!!






そして私は、本来このままチリに抜ける予定だったのですが、
初日のウユニ塩湖の景色に満足いかず、遥々ウユニまで戻っていくのでした。

つづく。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

3泊4日チリ抜けツアー その1

オラー!



ただ今チリのビーニャデルマルという街におります。



チリの首都、サンチャゴから2時間ほどのリゾート地です。

東京からいうと湘南?みたいな感じです。

とっても雰囲気よすぎて長居したくなってしまう…




ずっと更新できていなかった、
ボリビアで1月19日~21日まで参加していた3泊4日のツアーの記事をアップします。




本当はこのツアーでチリのサン・ペドロ・デ・アタカマという街へ抜ける予定だったのですが、
私の南米最大の目的の一つである、ウユニ塩湖の景色に満足できず、
このツアーの最後まで行って、
チリではなく再度ウユニに戻ってきてしまいました!




===================

ツアーの初日~2日目はウユニ塩湖

ずーっと、ずーーっと、見たかった景色が見れる!!

私にとって、南米最大のハイライトです。


ツアー初日は日本人4人、ドイツ人2人でスタート。
クスコでも会った日本人の方々との再会があって、とても嬉しかった!


と、その前に。

ウユニ塩湖ツアー定番コースの、

電車の墓場

に行きます。

Uyuni-2
Uyuni-9



ここから意外とテンション上がっちゃって、
大学生のまこっちゃんと、こんな感じ!
Uyuni-6





お土産屋も通って、
で、いよいよウユニ塩湖!


が、前の記事にも書いたとおり、
十分、良い景色ではあったのだけど、
いわゆる水鏡の景色が見られず(/ _ ; )



とは言えいい景色なんですけどね〜
Uyuni-43



ここは水が深すぎて風で波立ってしまい、
全く持って水鏡は見られません。
Uyuni-29





一泊目の宿は、プラヤブランカという、
塩湖のまん真ん中にある、塩のホテルに泊まります!
Uyuni-61



なんとこのホテル、全部塩でできてます!

中はこんな感じ~
Uyuni-57
Uyuni-56
Uyuni-59




そしてなぜかこのホテルは日本人にだけ人気らしく、
この日も日本人たちがたくさん泊まっていたので、皆でたくさん遊びました。


クスコ以来の再会!
みきちゃん、ひろみさんと〜
Uyuni-30



定番のトリックアート
Uyuni-40



かわゆすー
Uyuni-50



夕暮れも、水鏡ではなかったけどキレイだったよ。
Uyuni-104
Uyuni-92





そして夜、この一泊目に宿泊の塩のホテル、
電気も無ければ水も無い!


夜はロウソクの明かりでディナー。

Uyuni-113

ご飯はなかなか美味しかったです。



そして写真に取れないけれど、夜に外に出たら、おびただしいほどの数の星!

標高が高いからか、星の瞬きが、少ないんです。
流れ星はもちろん、人工衛星まで見えます。
南半球なので、南十字星も見えます。
この星が見れただけでも、この電気もなく水も出ないホテルに泊まった甲斐がありました。







翌日。
塩のホテルに泊まっていたほとんどの日本人は
ウユニ塩湖の塩のホテルに1泊するツアー参加の人たちにばかりのため、
そのままウユニの街に戻ってしまいます。


私は、2日目の途中から他のツアーに合流。


まずは、これからの2泊3日を共にした、同じグループの仲間を紹介!


チリ人ダニエルとロシア人アラのナイスカップル!
Laguna Colorado - Laguna Verde-12


2人はバルセロナに一緒に住んでいて、
南米が夏の期間は、ダニエルの故郷であるチリで過ごすのだとか。





続いて、ブラジル人ファビオと、ボリビア人ミーアの旅仲間コンビ!
Laguna Colorado - Laguna Verde-38


ミーアはボリビア人だけど子供の頃からイタリアのトリノに住んでいるので、センスは完全にイタリア人。
ファッションもかわゆい。

2人は、去年メキシコを旅してる時に知り合って、
今年は一緒にボリビアを旅しているそうです。
付き合っているわけではなく、友達だと言っていましたが、
しょっちゅうイチャイチャしてたので、近日中にそういうことになるんだと思います。




そして、ブラジル人の超元気っ子、アンダーソン
Laguna Colorado - Laguna Verde-60


彼は一人で来ているんだけど、キレイな景色を見る度に、
誰よりもはしゃいでいた可愛いヤツです。
英語が話せないながらも、一生懸命私とコミュニケーションを撮ろうと頑張ってくれていました。




そして、最後。ドライバーのサンドロ
Laguna Colorado - Laguna Verde-88


英語が全く喋れなかったけど、いつも皆のワガママききながら、優しくガイドしてくれました。





このメンバーで、まずは出発前にウユニ塩湖で遊びます!
Uyuni-118
Uyuni-121



ジャンプはバラバラ。笑
Uyuni-116






ひとまず、みんなのノリが一致したとこで、いざ出発。

日本人は一人もいないので少々不安ながら、
どんな旅になるのでしょう。

続く。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
プロフィール

saori

Author:saori
1983年6月生まれ。
2010年9月に結婚。

のらりくらりと紆余曲折を経て、
会計士として4年間勤めた職場を2011年末で退職。

旅行中毒。
音楽大好き。
映画大好き。

思い立ったら実行しないと気が済まない性格が災いし、
夢のまた夢だった世界一周を本気で叶えることにしちゃいました。

2012年1月から、東周りでの世界一周、スタートしました!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中♪
応援宜しくお願いします!

一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
Follow me
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。