スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

約5時間の弾丸サンチャゴツアー

オラー!


ああああーーーっついです。

アルゼンチンの首都、ブエノス・アイレスに到着しました。


以前書いた通り、
今回の移動は世界一周航空券によるものだったのだけど、
日程変更をした際に乗り継ぎの良い便が取れず、
チリのサンチャゴで約13時間の乗り継ぎ時間が発生。


昨晩プンタ・アレーナスを深夜1時に発って、
サンチャゴに着いたのは今朝4時半。

そして次のブエノス・アイレスまでの便は夕方17時半。


そんなわけで、せっかくだからこの空き時間を利用して、
サンチャゴ市内に出かけてみました!



とは言え、眠い。
鬼のように眠い。

なんてったって、機内で3時間ほどしか寝ていないわけだからね。

夜行バス10時間の方が、よっぽど楽だー。


サンチャゴに到着した朝の4時半はもちろんまだまだ暗く、
そんな時間に街に繰り出しても危ないだけなので、
とりあえず空港にて寝床を確保。


出発フロアに行くと、
いましたいました、沢山の空港泊組。

わたくしめも、ベンチを二つほど拝借し、
横になって手荷物を枕にして仮眠を取りました。


8時半まで爆睡。
それでもやっぱり眠気は取れず、
おもたーい体を引きずって、
街へと繰り出しました。


今回、大きな荷物はどうしたかと言うと、
サンチャゴでは乗り継ぎなので受け取らず、直接ブエノス・アイレスへ。


私は寒い地域からやってきたので、
マフラーと上着を抱え、
町歩きにしてはかなり重い手荷物を持って
歩かざるを得ない状況になってしまいました。



荷物重い。
暑い。
そして眠い。



この悪条件が重なる中で、どこまでサンチャゴ楽しめるのか。


結果としては、あまり楽しめず。



まぁ空港にずっといるよりは良かったかもしれないけど、
5時間程度で街のことをわかるはずもなく。
疲れるだけでした(>_<)


本当はもっとディープなとことかにも行きたかったし、
民芸品とかの買い物もしたかったけれど、
超ーーーー普通の観光で終わりました。


そんな私の超普通な観光の記録。笑


久々の大都会なので、地下鉄に乗ってみたよ。
Santiago-1
 運賃600チリペソ(約100円)
Santiago-4
Santiago-5




で、とりあえず街が一望できるという、
サンクリストバルの丘へ。
とりあえず高いとこに登ってみるのだ。
Santiago-13

ケーブルカーで登っていきます。
Santiago-14
Santiago-15



けど、登ってみたら、
大都会のサンチャゴ、スモッグがかかって超残念でした。
天気は良いのに、このぼんやり感。
Santiago-17


本当は東の方にアンデス山脈の立派な山々が見えるはずなんだけど、
うっすらとしか見えない。
Santiago-20


丘を降りたあとはてくてく歩いて旧市街へ。
昔ながらのお店が沢山並んでいる地域。


今日、バレンタインだったのね!
ほとんど誰とも口を利かずに一日を終えようとしているけど。
Santiago-35


なぜか下着屋さんが多かった。
私のサイズは間違いなくチリでは売っていないであろう。
Santiago-36



で、一番の目当て、中央市場へ!
Santiago-42

チリといえば海鮮!
パタゴニアの南の方はあまり魚介類も新鮮なのは無かったし、
今日でチリも最後だから大好物のサーモンを食べておきたかったのです。

市場併設のレストランへ。
Santiago-38



今回頼んだやつは、衣がついてて、揚げてあるもの。
Santiago-39

すごいボリューム。
美味しかったけど、暑さにやられて久々に食欲が落ち、
結果的に全部食べられず。
もっと少なくして、安くしてほしい…
4500チリペソ(約700円)でした。



お目当ての中央市場でも楽しみきれず、
空港バスの乗り場に向かうことに。


とにもかくにも、暑い!!!
Santiago-37
Santiago-53

パタゴニア帰りの私、
完全に服装浮いてる…



旧市街のアウマダ通りは、
歩行者天国で、買い物客で賑わうって書いてあったので、
もっとごちゃごちゃした屋台とかいっぱいあって、
民芸品とか売っているのかと思ったら、
超普通のお店が並んでて、あまり面白くなかったー。
残念。
Santiago-54

おそらくそういう私が求めているものは、
違う地域にある模様。



だけども、いわゆるガイドブックの一番最初に載っているような観光スポットには多数遭遇。


アルマス広場。旧市街の中心地です。
Santiago-45

サンチャゴ大聖堂
チリのキリスト教総本山らしく、超立派。
Santiago-52
Santiago-49


だけど、もはや疲れと眠気がMAXで興味持てず。


モネダ宮殿。大統領府だそうです。
Santiago-57
Santiago-58


完全にやる気のなさが文章に現れてしまっていてすみません( ̄ー ̄)


ああ、普通の観光。。
約5時間の弾丸サンチャゴツアーは、
特に面白いこともなく、終了。

やっぱりもっと長く居たかったー!




とりあえず、チリの首都サンチャゴは
私が想像しているよりも遥かに都会でした。

そしてアルゼンチンもそうだけど、
インフレ具合が半端じゃない。
私が持ってる地球の歩き方は、
最新の12〜13年度版ですが、
それでも交通機関の運賃とか至る所で値上げされています。



あとは。
沢山の人がいちゃいちゃしてました。

バレンタインだから?

いや、こっちの人たち、すごいです。
公然でのでのいちゃいちゃの仕方が。

しかも年齢関係なく。
写真でお見せできないのが悔しい。

さすがチリ。
欲丸出しな人間模様です。




さてさて、ブエノス・アイレスに到着したのは夜の20時。
すでに日が暮れる頃。
パタゴニアじゃあ20時はまだまだ明るかったので、
だいぶ移動してきたことを実感。
Santiago-66



ブエノス・アイレスは治安が悪いので、
無事宿に到着できるか心配でしたが、
高い空港バスに乗り、なんとか22時前に到着。


日本人宿、上野山荘別館です。


上野山荘別館、昨日まで停電と断水で休館してたのだとか。
満室も多いと聞くこの宿、
運良くチェックインできました。



そして!!!!
今後の予定が急遽変更。


なんとあれに、行っちゃいます!!!
行くことにしちゃいます!!!!


詳細は次回の記事で♪




スポンサーサイト



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

プンタ・アレーナスお勧め宿、そしてバイバイパタゴニア

オラー!


今日でプンタ・アレーナスともお別れ。
パタゴニア地方ともお別れ。
です。

プンタ・アレーナスでは、
ペンギンに会いに行く以外は、
文字通り、
何もしない
を楽しみました。



昼も夜もご飯作って。
Punta Arenas-140

Punta Arenas-162



気が向いたら散歩して。
Punta Arenas-155
Punta Arenas-144
アルマス広場のマゼラン像。


宿のオーナーのダビに楽器弾いてもらって。
Punta Arenas-169



宿泊していたBabel Hostelは噂に違わず、
とんでもなく居心地の良い宿でした。


オーナーのダビ、そして家族たちの暖かいおもてなし。

何かにつけて、
困ってることない?
何か欲しいものある?
と声をかけてくれます。


心より、オススメの宿。

Babel Hostel
address; Ingacio Carrera Pinto 245
mail to; babelhostel@hotmail.com
price; 1人一泊 8000チリペソ(約1300円) 

ドミはなく、二人部屋の個室のみ。
一人でも二人でも料金は同じようです。
朝食付き。
キッチンの調味料使い放題。
食材とかもくれたりしちゃう時もあり。


あと、運が良ければダビ宅で作っいる
自家製ビールもご馳走になれるかも。
カメラロール-278





ここでやろうと思っていたことのひとつ、
和食を作って食べる!も実行できました。

数日前に日本人旅人にもらった生姜チューブ使って、
生姜焼き!!
カメラロール-267


白米おいしすぎ。


余ったご飯で、チャーハン。
カメラロール-277

などなど。

偶然同じ期間に泊まっていたちかさんと、
毎食美味しく頂きました。


心が満たされた。

よし。

チャージ完了。


というわけで、今夜、
ブエノスアイレスに飛びたちます。

超久々の飛行機。
超久々の都会。

緊張するー。笑





ブラジルのカーニバルを捨ててでも選んだパタゴニア。
本当に素晴らしかった。



いつからだろう。
こんなにも自然に心奪われるようになったのは。
ちょっと昔は、学生のころなんかは、こんなに自然で感動しなかったのに。


10代の最後に初めてのヨーロッパでイギリスを訪れ、
均一的で美しい街並みや、日本では馴染みのないゴシック建築、
洗練された西洋の雰囲気に、
いたく感動したものだけれど。

それから色々な場所に行くようになり、
色々なものを見て、触れて、
自分の中で一周して、
やっぱり人間なんて大自然に勝てないなって、
回帰していったような気がします。


そりゃね、人間大好きだし人間の作ってきた歴史は、
良くも悪くも本当にすごいのだけど。
自然の創り出すものの壮大さは、やはり格別だな。

パタゴニアに来て良かった。


ありがとう、パタゴニア。
ありがとう、大自然。


そんなわけで、パタゴニア編終了です!
南米も残すところあと僅か!








◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

大量のペンギンに会って来ました in プンタ・アレーナス

オラー!

今滞在中のプンタ・アレーナスでのメインイベントと言えば。

ペンギンちゃんに会う




近くにいくつかのペンギン生息地があるということで、
普段そんなに動物好きではないわたしも、
これは会いに行かねば!と気合を入れて行ってきました。


同じ宿に泊まっていた日本人のちかさんは、
私が到着した日に既にペンギン鑑賞ツアーに行っており、
色々と情報を教えてもらおうと話を聞くと。

私、もう一度行きたくてたまらないから、
saoriちゃんと一緒に行く!!!

と!!!


えーーーー!!!2日連続???
そんなに良いの??

ちかさん曰く、
ほんっとに野生のペンギンたちが可愛くて可愛くてたまらない、と。

ツアーは夕方スタートで、ボートに乗って島に行くらしいのですが、
島に滞在する時間がたったの1時間で、
一回行っただけじゃとても足りなかったそうです。笑


目指すはマグダレナ島
プンタ・アレーナスの港からボートで片道約2時間の島で、
マゼランペンギンの生息地だそうです。


でもね、そんな安いわけじゃないんですよ。
一回行くのに、25000ペソ(約4000円)。


これは地球の歩き方に大々的に掲載されている方のツアーではなく、
ちょこっとだけ掲載されている方。

地球の歩き方に大々的に掲載されているオトウェイ湾のツアーの方が全然安いのですが、
宿のオーナーであるダビ、
そしてここの宿の情報をくれた鵠沼Marriedのお二人曰く、
ペンギンの量が全然違う!!!
と。

絶対的にこっちの方がオススメ!!
と。


そんなわけで、2人で、
行ってきました!
ちかさんは2日連続!!



ボートは夕方17時出発。
16時くらいには港でスタンバイして、ツアーチケットを購入します。

港のツアーオフィスはとってもキレイ!!
Punta Arenas-29
Punta Arenas-27


そしてこの船に揺られて行きます。
Punta Arenas-26



今日の天気はやや曇り。
風が強いので船が揺れないか心配です。






2時間揺られてようやく到着。

どれどれ、ペンギンいるのかな、と外に出てみると。



!!!!!!!!!
Punta Arenas-35






!!!!!!!!!!!!!!!
Punta Arenas-37






えーーーーーーー!!!!!!!!!!

多すぎるよーーーー!!!!!!!!!!


私、何の生き物でも大群って、苦手なんですよ。
うじゃうじゃっている感じ。


これはもう、うじゃうじゃどころの騒ぎじゃない。
Punta Arenas-45



私こんなに大量のペンギン、相手にできませんから!!!!!




けど、なんだろう。
大量具合に若干引きつつも、どんどんテンションが上がってしまう自分がいる。


ちかさんなんて、2日目と思えないほどの興奮具合。
また来れて良かった、本当に良かった!
って連発してます。



周りも、子供達だけでなく大人たちも大興奮。
みんなペンギン目掛けて一目散に船を降りて行きます。



まずね、海で泳いでいたペンギンたちが陸に上がる姿に、
胸を打たれてしまったのです。
ぴしゃぴしゃって泳いできて、陸に上がると瞬間のヨチヨチした感じ。
Punta Arenas-54

か、かわゆい…


そして、一生懸命歩いている(ように見える)姿。
Punta Arenas-42


か、かわゆい!!!


そこからはもう、許された時間を存分に使って、
ひたすらシャッターを切りまくってしまいました。


これ、みーんな野生のペンギンなんだって。
壮観。
Punta Arenas-114



人間が歩ける道はロープで区切られているのだけど、
そこにもペンギンたちは臆することなく、近づいてきてくれます。
Punta Arenas-62


この足をペンギンにつつかれていた男性は、ちょっと自慢げだったからね。
Punta Arenas-89



正直、動物にあまり興味のない私は、
ペンギンの生態なんて全く知らないし、
知ろうと思ったことすらも無かったのですが、

こうやって地面に穴掘って生活してるんですね。
ペンギンちゃんって。
Punta Arenas-117
Punta Arenas-72
Punta Arenas-74


あと、結構鳴く。
アオーン!
Punta Arenas-104

アオーンアオーン!
Punta Arenas-129

って鳴きます。
(わかりにくい)


おっと、失礼。
Punta Arenas-69


毛が生えているのは子ペンギン。
Punta Arenas-124

Punta Arenas-127



ちかさんは、あまりにもペンギンを愛するあまり、
ペンギンの帽子を持参。
私昨日散々かぶっていたから、と、
私にその帽子を被せてくれました。
Punta Arenas-137


これで私もペンギンラバー。


そうしたら、全く同じ帽子を被っている女の子に出会ったので、
記念に一枚。
Punta Arenas-96


島の滞在時間である1時間はあっという間にすぎて行きました。

Punta Arenas-112
Punta Arenas-126
Punta Arenas-121


あまりのペンギンの大量っぷりにビビりつつも、
しっかりと楽しんでしまいました、私。

ちかさんは、前日は興奮しすぎてしまったため、
2日目はちょうどいいテンションで楽しむことができた、
とこちらも大満足の模様。


2日連続行きたいとまではさすがに思いませんでしたが、笑
野生ペンギンたちの大群、圧巻でした。
動物好きな方には、とんでもないワンダーランドだと思います。

ちかさんの本日の一言。
「東京ディズニーランドより格段に楽しい」




オススメ!です。






◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

大好きなチリ!マゼラン海峡が見渡せる街に到着

オラー!

チリに戻ってきたよー!
チリだよーーー!!


なんか、国境を越えた瞬間、
ほっとしている自分がいました。

いつの間にか、チリ大好き♪( ´▽`)

日本出発前は、チリには全く寄らない予定だったんだけどね。
今のところ、この旅で一番長く滞在している国になりつつあります。
こうやって、吸い寄せられて行くんだなぁ。
行くべきところには自然と、行くようになっている。


アルゼンチンも十分良い国だったんだけど、
何もかもがシュッといすぎていて、
居心地良いかと言われると、ちょっと遠慮気味というか、緊張しちゃう。

チリとアルゼンチン、両方とも南米の南まで、
南北に細長い国ではあるけれど、国境を越えたら全然違うのだから、本当に不思議。



チリ人の人間臭さというか、
欲丸出しに生きている感じが好きです。
チリ入った瞬間、おデブちゃん率多すぎだよ!
あと、チリの落盤事故のときの人間模様とかもね、
あれ結構チリだからこそ、の感じがします。
平気で正妻と愛人が同時にお迎えに来てたりした人いましたよね。



で、到着した街は。
プンタ・アレーナス
というところです。

私のパタゴニア最終地。
すなわち、今回の私の旅では、最南端の地になります。


本当は、昨日までいたアルゼンチンのエル・カラファテから、
ブエノス・アイレスまで飛行機で飛んでしまおうと思っていたのに、
航空券がオンシーズンで全く取れず、
仕方なく、このチリ側のプンタ・アレーナスからのチケットを取ったため、
計らずしてこの街にやって来たわけですが。

もう一度チリに来られて良かった。
落ち着く。


昨日は一日中移動。
カメラロール-260


アルゼンチンのエル・カラファテから、
ここプンタ・アレーナスまでの直通バスは無かったため、
チリのプエルト・ナタレスでバス乗り換え。
カメラロール-263


てか、
プンタ・アレーナス

プエルト・ナタレス


名前似すぎてて、
ほんっとにどっちがどっちだかわからなくなります。


プンタ・アレーナスは私が今いる街。
空港のある街で、チリ側のパタゴニア地方ではそこそこ大きい街です。

プエルト・ナタレスは、プンタ・アレーナスから3時間ほどの小さな街。
小さいけれど、パタゴニア地方で有名なパイネ国立公園の入口。
トレッキングする観光客たちで賑わいます。

というわけで、自分でもどっちに行きたいのかよくわからなくなって、
バスチケット買うときも、
「プ、プ、プエルト…プンタ…」
みたいな感じで噛みまくりです。

私だけでしょうか( ̄ー ̄)


そんなわけで、試行錯誤しながら、
エル・カラファテ⇒プエルト・ナタレス 国境越え含めて6時間
プエルト・ナタレス⇒プンタ・アレーナス 3時間
を、一日で一気に移動しました。




パイネ国立公園のトレッキングは、
フィッツロイで十分満足できたので、飛ばして一気にこの街へ。



そして待っていたのは、
鵠沼Marriedでおなじみ、しんげんさんとアキさんに教えていただいた、
Babel Houseという良宿。

お二人のブログの記事


19時前に到着してすぐ、暖かいご家族にお出迎えして頂き。
宿の雰囲気もとても良いです。
カメラロール-266


早速近くのスーパーに買い物がてら、
この街の全体が見渡せるという場所まで散歩~
Punta Arenas-5





まず、宿のオーナー、ダビに教えてもらった、十字路。
ただの十字路!!
なのだけど、ここに立つと、どの方向を向いても、
それぞれの方向の街がキレイに見渡せるのです。

Punta Arenas-6
Punta Arenas-7
Punta Arenas-8
Punta Arenas-9






ちなみに、ここプンタ・アレーナスは南米の中でも、かなり最南端。

日が長いので、19時半くらいじゃまだまだ昼下がりみたいです。



そしてここがガイドブックにも載っている、展望台。
Punta Arenas-12


本当に天気が最高です。

遠くまで見渡せる。
Punta Arenas-13


目の前に見えるのは、マゼラン海峡です。
うん、名前聞いたことあるよ。
Punta Arenas-17


ずいぶん遠くまできたもんだ、と、
感慨深くなり。




展望台の横にある家のところに、
こんな面白い標識がありました。
Punta Arenas-19
どうやら、各都市からここまでの距離が書かれている模様。


大阪まで17116km!
Punta Arenas-23

ニセコまで12456km!って、マニアック!
Punta Arenas-22


東京は無かったな。


街ではこんな面白いものも売ってました。
Punta Arenas-24



大きなスーパーでお買い物。

宿も含めてこの街がかなり良さそうなので、
食料を大量に買い上げてしまい、
この地でわたし、ゆっくりちゃいますよ宣言。


この何もない街で、のんびり、ゆっくりします。


◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

チロエ島のたくさんの可愛い教会たち

オラー!


プエルト・モンから1日ツアーに申し込み、

チロエ島

にいってきました。


当初は行く予定なかったんだけど、
宿でツアーを手配してくれるとのことで、
料金も10000チリペソ(約1600円)とそんなに高くなかったので、
行ってみることに。

チロエ島は南米で5番目に大きな島。
チリ本土とはまた違った文化を色濃く残す島で、
現存する木造の16棟の教会が世界遺産に登録されてます。


この教会や、島独特の建物が見たくて、ツアーに申し込みました。

というか、チロエ島っていう響きがまず、いいよね。


フェリーに乗って、島に渡ります。
Chiloe Island-7
Chiloe Island-9

島に渡ると、のどかな田園風景!
Chiloe Island-12



まず到着したのは、アンクー地区のサン・アントニオ要塞。
Chiloe Island-16
Chiloe Island-17


その昔、スペインがチリを占領していた頃、
最後の砦となったのがこのチロエ島で、その際に建てられた要塞です。


にしても、わたし、やっぱりツアーって苦手(>_<)
ツアーで良い出会いに巡り合うこともあるけど、
今回は私以外全員ファミリー。


そしてガイドはスペイン語。
何言ってるかほとんどわかんないガイドと、
その他のファミリーたちと行動を共にするのは、結構キツい。


でも、1人で効率的に周りたい場合は結局ツアーが一番手っ取り早いから仕方ないのだけど。


そんな中、英語で話しかけてきてくれた彼女。
マカレナちゃん、チリ人17歳です!
と、その妹、ベロナちゃん
Chiloe Island-58

ガイドが私にスペイン語で話しまくってきて困ってたら、
彼女が助けてくれました。

お陰で、何時にどこ集合とかそういう重要な情報をゲットすることもできて
とても助かったー♪( ´▽`)
やっぱり、ここ南米ではいかに英語を話せる人を見つけるか、ですね。
少しずつ色々わかるように日々進歩はしてるつもりだけど、
やっぱりコミュニケーション取るのは難しい。




チロエ島は、思ってたより街の中心は都会でした。
広場も大きい。


肝心の世界遺産の教会たち。

これがなかなか良かったです。

これは島で一番大きいサンフランシスコ教会。
Chiloe Island-71

カストロ地区の広場に建ってます。
立派!


教会の中も木材の温もりがある造りになってます。
Chiloe Island-72




世界遺産の16棟は色んな場所にあるため、
一日で回ることは不可能でしたが、
いくつか私が行った教会たち。
Chiloe Island-32

Chiloe Island-40

Chiloe Island-49


木材だから傷み具合が結構心配。
地震来たらひとたまりもなさそうなほど、年季はいってます。
Chiloe Island-50


そして、これが一番のお気に入りになりました。
アンクー地区の広場に建っている教会。
Chiloe Island-27

教会の内部の採光の仕方がかなりステキ。
Chiloe Island-28
Chiloe Island-29




南米のイエス様はヨーロッパのとまた少し違います。
顔がもう少しラテン系。
Chiloe Island-55



超豪華なステンドグラスも、大理石の彫刻も、
ルネサンス期の有名な画家が描いた絵もないけれど、
とてもとても、味があってステキでした。

こういう方がバチカンの大聖堂とかより全然好きだったりします。

そしてこれだけ旅行をしていると、
正直、教会とかもう全部一緒に思えてきて、
最近はあまり興味なかったのですが、
教会を見て久しぶりに新鮮な気持ちになりました。



そしてチロエ島の独特な建物群。
こんな風に水の上に家を建ててます。
Chiloe Island-62


そしてパステルカラー。
かわいい。
Chiloe Island-43


帰りは渋滞があったりで、プエルト・モンの宿に帰ったのは夜10時。
疲れたー。

時間があったらもっとゆっくりしたかったです。
チロエ島。

でもそろそろ本気で先を急がねば。

翌日はいよいよ国境を超えて、アルゼンチンに向かいます。
またチリに戻ってくるけど、チリとはしばしのお別れです。


◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
プロフィール

saori

Author:saori
1983年6月生まれ。
2010年9月に結婚。

のらりくらりと紆余曲折を経て、
会計士として4年間勤めた職場を2011年末で退職。

旅行中毒。
音楽大好き。
映画大好き。

思い立ったら実行しないと気が済まない性格が災いし、
夢のまた夢だった世界一周を本気で叶えることにしちゃいました。

2012年1月から、東周りでの世界一周、スタートしました!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中♪
応援宜しくお願いします!

一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
Follow me
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。