スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

十字架の丘にて、中米最後の日

オラー!



アンティグアで唯一行きたいと思っていたところ!


それは、アンティグアの街が一望できるという十字架の丘




それも、ただ行くだけじゃなくて。




なんと、観光警察が無料で連れていってくれるツアーがあるのだとか。




十字架の丘は街の中心から少し外れた丘の上にあって、
治安があまり良くないので、
毎日10時と15時に観光警察の前から連れていってくれるのだそうです。


しかも、他の人のブログを見たところ、パトカーに乗せてくれると!


無料で行きたいとこに連れていってくれる上、パトカーに乗れるなんて!




行くしかないーー!!





ペンション田代の田代さんに情報を聞いたところ、
観光警察は宿から目と鼻の先にある!




気合入れて、ダイスケくんと朝の10時、少し前にに観光警察の前に行くと。


今、人が空いてないから、
今日は15時のしか行かないよ、と。




えーーー。
頑張って早起きしたのにー。





で、時間を潰して午後15時。

再度観光警察に行ってみると。


今日はツアーはなくなった。


と!!!!

さすがラテン国…

それなら、朝来たときにそう言ってくれい(/ _ ; )



でも、今はそんなに危険じゃないから、自分で歩いていけるよ、と。

道も簡単で、30分くらい歩いていけば着くよ、と。

ご丁寧に教えていただきまして。




確かに、田代さんも最近は警察がちゃんと立ってて、
そんなに危なくないって言ってたな…


でも、パトカー、乗りたかったな…


ちょうど、全く同じ、言ってること違うじゃん!
っていう状況の日本人女性、ゆりさんも合流し。




仕方なく3人でてくてく歩いていくことに。
Antigua-64


街の外れから丘に登る道を上がっていくわけですが。




とっくに30分以上経ってるしー。

ここの道警察立ってないから襲われたら怖いしーーー。




と、ぶーぶー言いながらも頑張って登りきると。


頑張って歩いた甲斐がありました。


最高な景色が待ってました。
Antigua-66


雨季に入る時期なので、空気はやや霞んでるけど。


アンティグアの街を一望。
Antigua-70



ああ、中米離れなきゃいけないんだな、と実感。



この落ち着いた景色が最後で、なんだか良かったな。


いい街並みです。



ここは地元民も散歩がてら訪れるようですが、
こんな仲良し兄弟に出会いました。
Antigua-78


末っ子の女の子がこっちに愛想振りまいてきて。
私たちに興味津々。
Antigua-73


天真爛漫で、愛想良くて。
末っ子、いいよねえ。可愛いなあ。


この家族とは、このあと、ここを降りてからも街の中で何回か出くわしたんだけど、
すっごい遠くからでもずっとずっと、手を振ってきてくれて。


とても良い家族でした。




さて。
中米最後の夜。


最後の夜は、宿で、なんとカレーライス!



アメリカからずっと持ち歩いてきたカレーのルウ、
どこで使おうかずっとタイミングを見計らいつつ使えずにいたので、
最後に作ることに。
Antigua-123


この盛り付けはダイスケくんによるものです。笑
凝るよねーほんと。




しばらく、一緒に移動してきたダイスケくんとは、ここでお別れ。


私はヨーロッパに行き、
ダイスケくんはそのまま中南米を南下します。



超有名ブログなので、
私が紹介するまでもないとは思いますが、一応。


ダイスケくんのブログ。
世界のどこかで会いましょう♪


出会う前から写真が大好きで、よく見ていたブログ。



これからも、お互いの旅は続きます!



危ない危ないと言われていた中米。


1人はかなり心細いなあと思っていたところ、
たまたま同じようなルートだったのでグアテマラまで一緒に行くことになり。



とは言え、私の方がリミットが決まってたので、
途中かなり合わせてもらってしまって。


でも、何のトラブルもなく、無事中米の旅を終わらせられるのは、
紛れもなく彼のお陰です。



そして、たまに私の父と私の間の橋渡しもしてくれて。笑
(ダイスケくんとうちの父の関係についてはこちらをご参照ください)


あれ以来、完全に私に連絡を取りにくくなってしまったうちの父は、
その後もダイスケくん通じてコミュニケーション取ってからね。笑


本当に色々とありがとう!


同世代だし、帰ってからのこととか色々語ったり、
楽しかったねー。



残りの旅もお互い楽しんで、
そして、
また世界のどこかで会いましょう♪
Antigua-142




スポンサーサイト



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

アンティグアでカフェ巡り

オラー!



大好きだったアティトラン湖をあとにして。




荷物を預かってもらっていた、
アンティグアのペンション田代に戻ってきました。


アンティグアは、グアテマラの首都であるグアテマラシティーから
バスで1時間ほどの街です。


とにかく、たくさんの人からグアテマラは危ないよと言い聞かされていて。


中でも特に、首都のグアテマラシティーは本当に危ないらしく。
銃を持った人たちがたくさんいるとかいないとか。


韓国人の友達が足を撃たれてたとか、撃たれてないとか。



一方、ここアンティグアはグアテマラシティーよりは治安も良く、
街の雰囲気も良いので、多くの観光客がここを訪れます。



スペイン語を習いながら長期滞在している人もちらほらと。
いや、むしろ多い?かな?



そんなアンティグアは、私にとって中米の旅、最後の街。


特に何があるわけでもありませんが、
のんびりと。


最後の時間を楽しみます。



街は、とても古くて石畳の雰囲気の良い街。
Antigua-33


マックやバーガーキングも、景観を損なわないようなデザインでオシャレ。
Antigua-9
Antigua-51


大きくはないけど、
たくさんの人が暮らすグアテマラの都市です。
Antigua-19


宿からはおっきな火山が見えて。
Antigua-22




街には教会もたくさんあるのだけど、
なぜか廃墟のようなものばかり。
Antigua-24
Antigua-63



ちょっと、気味が悪い感じもしなくもない。
Antigua-59
Antigua-60


この街を、雰囲気の良い街、と形容するけれど、
美しい街、と形容しなかったのは、
これが原因かもしれません。


地震大国のグアテマラ、その昔18世紀にアンティグアは大地震に襲われて、
その時に建物が壊れてしまったままなのだそう。
一部は立て直しがされているけど、
このように壊れたままになっている建物がいきなり現れるので、
歩いていてびっくりします。






そしてそして。
一方では。


アンティグアは歩いてるとそこらじゅうにオシャレなカフェがあって。


グアテマラといえば、コーヒーが有名!
なので、いくつかカフェも巡りました。


カプチーノとかも好きなのだけど、
せっかくなのでここは全てブラックで。


ここは中央公園沿いにある、EL PORTALというカフェ。
Antigua-16


広めの店内だけど、100%グアテマラ産的なことを謳ってて、
コーヒーは信用できそう。
Antigua-13

ここのは酸味やや強め。
Antigua-14

中南米のコーヒーは酸味が強いのが特徴らしいので、こんなものかな?
美味しいけどね。





で、次に適当に入ってしまったところ。
Caffe Bourbon
Antigua-26


適当に入りすぎて、場所忘れました、すみません(/ _ ; )

見るからにオシャレすぎる感じで、大丈夫か不安になるも、
やはり値段はちょっと高めだったけど、
まあまあ美味しかった。
ビスケット付き!
Antigua-29

こちらはさっきのより苦味が強め。
夜はJAZZの演奏がやるのかな?
かなり雰囲気がオシャレなとこでした。
Antigua-27




で、最後に入ったここ。
メルセー教会の前にある、
La Paradaという小さなカフェです。

店内の狭さが気に入って入ってみると。
Antigua-85


フレンドリーだけど、若いお兄ちゃんがコーヒー淹れてて。
Antigua-99


こういうとこは、しぶーいおじいちゃんとかが出てきそうなイメージだから、
大丈夫かな?と思ったものの。


ここ、酸味と苦味のバランスがちょうど良く、
一番のお気に入りコーヒーになりました!
Antigua-90




完全に、コーヒーなんて最終的には個人的な好みの問題かとは思いますが、
これだけオシャレでホンモノ志向のカフェがあるので、
飲み比べるのはとても楽しい。
Antigua-88



コーヒー豆もお土産に、買って帰って。



アンティグア、とても良いところです。
Antigua-102


ああ、もっともっとゆっくりしたいー。




◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

パナハッチェルはおみやげ天国!

オラー!


バックパッカーたるもの、
買い物はなかなか許されるものではありません。




って、まあ別に、ダメってことはないんですが、
お金も無くなるし、荷物も増えるし、
私はなるべーく、買い物は必要最低限にしようと思ってます。



私の場合アジアが最後だし、
お土産ならアジアで可愛くて安いものがいっぱいあるから、
それで十分だろうと思っていたので。



が、ここの街に来ちゃったら、
もう無理でした。



来た初日に、心に決めました。

ここでお土産を買いまくる!!

ってね( ´ ▽ ` )ノ





だって。


こんなに可愛いのだもの。
Panajachel-35
Panajachel-44



織物以外にも、木彫りのおもちゃや雑貨なんかもすごく可愛い。



他の中米諸国で売られているお土産物も、
実はグアテマラ産のものが多いらしいですよ。
Panajachel-37



買う時は、値下げ交渉。


どこでも最初は吹っかけてくることが当たり前ですが、
他のお店でも同じものが売ってることが多いので、
じゃあ他で見るわーって感じで、
お店を後にしようとすると、だいたいかなり値下がりします。


最初の言い値の半分にはなります。


もちろんならないものもあったけど…
刺繍のものなんかは、やっぱり作るのに手が込んでいるし、
全く同じものがあまりないので
売る方も結構強気で、曲げてきません。



そんな感じで値段交渉を続けながら、
私はキレイな織物のポーチやボールペン、木彫りの雑貨などなどを超大量購入。
Panajachel-51

たぶん、3000円分くらいは買ってしまったー。



買ったあとで、
わたし、こんなに友達いたっけ?って不安に思うほど。笑



とりあえず大満足!
荷物が大量に増えたこと以外は…





そしてそして、パナハッチェルのお土産物街では、
夜になるとちらほらと屋台が出始めます。
Panajachel-54


アティトラン湖周辺にいる間は、
キッチン付きの宿には泊まっていなかったため、だいたい外食。


毎回レストランは高いので、
屋台で食べることも多く。
Panajachel-56



グアテマラの食事は。
Panajachel-57

お肉焼いて、
ご飯とトルティーヤがついてきて、
あとは豆がほぼ必ず付いてくる。


お肉は炭焼きなので美味しいですが、
まあ味はとても素朴な感じです。


だいたい15ケツァール(約160円)くらい。


この焼きトウモロコシもなかなか!
これは一本5ケツァール(約50円)。
Panajachel-58

日本の醤油焼きではなく、
レモンと塩で食べるのだけど、
とても美味しかったです。

味はやっぱり素朴だけど。笑





でも結局、昼も夜も屋台の食事食べてたら、
それなりに楽しいんだけどやっぱり気持ち的な限界が来てしまい。


最後の夜だけは、ちゃんとしたレストランに入って、
食べてしまいました。



野菜たっぷりの鶏スープで、
26ケツァール(約270円)。
カメラロール-465

これが大当たり。

お店おしゃれだし、
久しぶりに野菜沢山とれたし、
ボリュームもちょうど良かったし、
そんなに高くないし。
カメラロール-464


やっぱり偏った食生活は気持ちに影響するから、
たまにはちゃんとしたものを食べることは大事ですね。




朝ごはんはだいたいパンと、
グアテマラコーヒーもしくは搾りたてオレンジジュース!
Panajachel-224


これはもう、文句なしに美味しい。



パナハッチェル最後の日の朝も、しっかりと朝食を食べて。


9時のシャトルバスで、アンティグアへと戻ります。


たくさんの少数民族の人たちに囲まれて。
空気が美味しくて。
景色がキレイで。
Panajachel-115


良いところだったなあ。



中米も、いよいよ最後、です。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

アティトラン湖で村巡りと民族衣装見学

オラー!



今日は、写真満載でお送りします!!





世界一美しい湖、アティトラン湖はたくさんの山に囲まれていますが、
その山間には村があって、少数民族たちが暮らしていて。



パナハッチェルという村を起点にして、
周辺のいくつかの村を訪れました。



まずは、サンタ・カタリーナ・パロポ


ここはパナハッチェルから乗合バスで約20分ほどのところにある、小さな村。


距離にして4kmほど。


歩いて行けなくもない距離。


だけど、一応バスが出てるそうなので、
バス停とガイドブックに書いてあるところでバスを待ってみました。


が、なかなか来ない。

バスって、ほんとにバスなのかな?


色んな人に聞くも、ここで待てば良いと言われる。


で、しばらく待っていると。


たくさんの人が荷台に乗った車が現れて。

なにやら、降りた乗客の人たち、お金払ってる。


バスって、これですかー!
Panajachel-116


乗合バスと言う名の、荷台トラック。笑


一応、木の椅子が括り付けられているので座れます。


山と山の間にある村に行くので、
近くとは言え、かなりくねくねの道。
Panajachel-73


振り落とされないように必死にしがみつきます。



で、着いた村では。


たくさんの子供達が元気良く遊んでた!
Panajachel-76



トランポリン!たのしそー!やりたいー!
Panajachel-84



どうやら、学校の休み時間だったよう。
休み時間は学校を飛び出して、広場で遊んでいたのです。

学校の敷地とか、そういう概念なしに、村が遊び場なんだね。



休み時間が終わる時間に、さーっと、みんな建物の中に入っていって。

お勉強がんばれーい。
Panajachel-96
Panajachel-97
Panajachel-98



なんだかとっても平和。



広場の前には小さくて可愛い教会。
Panajachel-81

そして、広場から繋がる道には、お土産物屋さん。
Panajachel-95
Panajachel-93


ここの村の民族衣装は、紫を貴重としたもの。
渋くてとってもキレイ。
Panajachel-90

紫というか、紺に近い。



この子の服は紫ではないけど、ピンクが映えてとても目立ってキレイだった!
Panajachel-102


基本的にグアテマラの人たちはカメラを向けると、
恥ずかしがってそっぽを向いてしまうことが多いです。

けど、そんな中で、時々笑顔を向けてくれると、
ほんっと嬉しいのだよね。





この村からの帰りも同じ乗合バスに乗ります。
帰りは、少数民族の方々に囲まれて。
Panajachel-111







そして続いて向かったのは。

パナハッチェルから、今度はボート!
Panajachel-125

風が強い中、荒波に耐えながら40分。


アティトラン湖を挟んでちょうど反対側にある村、
サン・ペドロ・ラ・ラグーナ
に到着です。


ここは、パナハッチェルよりも小さな村ですが、
到着してすぐに、完全に目がいっちゃってる外国人たちに絡まれる。


どうやら、この村は欧米人ヒッピーたちの長期滞在の場になっているらしく、
昼間から酒とドラッグにより、
ぶっ飛んじゃってる人たちが多数…


とは言え、湖畔には眺めの良い宿が立ち並び。
Panajachel-129

湖では現地の人が洗濯していたりして。
Panajachel-127

坂を上がっていけば民族衣装を来ている人たちが普通の生活を送っており。
Panajachel-138

ステキなカフェなんかもあったりして、
Panajachel-144

のんびり過ごせる環境。

グアテマラコーヒー、おいしい!
Panajachel-145




ここでゆったり、一泊して、
翌朝、同じ乗合ボートでパナハッチェルへ。






そしてそして。
欲張ってもう一つ、また違う村へ向かいます。

パナハッチェルから今度は山の方に上がっていったところにある、ソロラという村。



今度はグアテマラ名物チキンバスに乗って!
Panajachel-181


チキンバスは、グアテマラのローカルバス。
こんなファンキーな容姿をしており、
バスの中は地元の乗客でぎゅうぎゅう詰め。
Panajachel-180


到着したソロラ
バスを降りたらすぐ目の前には巨大なマーケットが!


ソロラでは毎週火曜と金曜が市場がやっている曜日で。
この日は火曜日だったので、このマーケット目当てにここに訪れました。
Panajachel-183



マーケット、すんごい人。
Panajachel-196


色んな村からも人が集まってきているようで、
民族衣装も色とりどり。
Panajachel-184


男の人も、民族衣装着ている人がたくさんいました。
Panajachel-194





マーケットはほんとに、色々なものが売っていて。


野菜や果物はもちろん。
Panajachel-197

お肉。
Panajachel-204


普通の洋服。
Panajachel-192


ひよこ!?
Panajachel-209


キレイな糸なんかも。
Panajachel-186


歩いても歩いてもどこまでも広がっていくマーケットでしたが、
見ていて全く飽きません。


ここのマーケットでお昼を済ませて、
広場でゆっくり休んで。
Panajachel-182

ぶらぶらと歩きながら湖の景色見て。
Panajachel-217


この日は天気が良くなかったので、
あまり良い景色が見られず残念ではありましたが。


これにてアティトラン湖周辺の村巡りは終了。



ここに載せきれないほど、
沢山の民族衣装を纏った人たちに出会えました!
Panajachel-122
Panajachel-211
Panajachel-202



パナハッチェルでもう一泊して、
ここからおみやげを大量購入します!




◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一美しい湖にやってきました

オラー!


中米も残りわずか、がつがつと動きます!



セムク・チャンペイで遊びまくったあとは、
また急な山道を6時間ほど移動し、アンティグアへ。



アンティグアでは超有名な日本人宿、ペンション田代に一泊して、
荷物を置かせてもらい、更に向かった場所は。



アンティグアからシャトルバスで2時間半ほどのところにある、パナハッチェル




ここは、世界一美しい湖と言われる景色が見られる場所なのだとか。



その世界一美しいと言われるアティトラン湖


四方を火山に囲まれていて、
その山間の村々には少数民族の人たちが暮らしています。


シャトルバスの中から、下の方に湖が見えてくると。


息を飲むほどの美しい光景がそこには広がっていました。


シャトルバスから降りたところで撮った写真。
Panajachel-0



また他の場所でも良い写真が撮れるだろうと思って、
あまり気合を入れずに撮ってしまったこの写真。
び、微妙…




残念ながら、このあと、こんなにもキレイに山が見られることはありませんでした…


やっぱり適当に写真撮っちゃダメですね。
一瞬一瞬大事にせねば。
反省。





中米も雨季に差し掛かっているようで。


晴れていても、空は霞みがかっていて、
こんな風にキレイに山が見えなくなってしまってます。





ところで、グアテマラ。
あまり日本人にとっては馴染みがなく、
コーヒーのイメージくらいしかない国ですが。


グアテマラは日本と同じ、火山大国地震大国なんです。



だからね、見える山がこんな感じで、
富士山を思い出させるようなフォルムの山が多く、
なんか懐かしい気持ちになります。


富士五湖から見える富士山も実に美しいけれど、
確かにこのアティトラン湖、
どこを見ても山に囲まれている感じ、
とてもステキな景色です。





そして到着したパナハッチェルという村は。


こじんまりとした小さな村。
Panajachel-10


街の中心の教会も、ひっそりと。
Panajachel-29




行き交う人々が、みんなステキな民族衣装を身に纏っていて。
Panajachel-41

お土産物や、野菜を頭の上に乗せて歩いていて。
Panajachel-65




グアテマラは、織物がキレイな中南米諸国の中でも、
特にクオリティが高くて美しいテキスタイルが多いと聞いていましたが。



ほんとにその通り。
Panajachel-193



グアテマラは中米の中でも、先住民人口が特に多く、
彼らは自分たちで伝統衣装を作っているので、
織物の文化がかなり深く根付いているそうです。





道端では普通に織物してる人たちもいます。
Panajachel-50


そして、立ち並ぶお土産物屋さん。
Panajachel-5

うーむ。ここではたくさん買い物してしまいそうな予感!!






到着した日は、日曜日だったので、
市場が賑わっているとのことで、
昼すぎに行ってみました。


子供もせっせと働いていて。
Panajachel-15



でもちょっと時間的に遅かったようで、
もう店じまいの時間でした。
出ているお店もまばら。
Panajachel-16



やっぱりマーケットは午前中に行かねばねー。


この周辺の村々では、日替わりでいろんな場所でマーケットがやっているらしく、
それを巡るのも面白そうです。





とても小さな村だけど、
ゆっくりできそうだし、かなり楽しめそうな予感。
Panajachel-11


ここで、村巡りしながら残り少ないグアテマラでの時間を過ごします。





◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
プロフィール

saori

Author:saori
1983年6月生まれ。
2010年9月に結婚。

のらりくらりと紆余曲折を経て、
会計士として4年間勤めた職場を2011年末で退職。

旅行中毒。
音楽大好き。
映画大好き。

思い立ったら実行しないと気が済まない性格が災いし、
夢のまた夢だった世界一周を本気で叶えることにしちゃいました。

2012年1月から、東周りでの世界一周、スタートしました!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中♪
応援宜しくお願いします!

一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
Follow me
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。