スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

この旅初のお酒

オラー!




マドリッドでは基本的には1人で街をぷらぷら、
プラド美術館をはじめとする美術館に行ってみたり、
贅沢にスタバでぼーっとしてみたりしたり。
Madrid-120





出発前日は、土曜日で、かつサンイシドロのお祝いの日ということらしく、
街は昼からたくさんの人で溢れ、大騒ぎ。




宿の近くのプエルタ・デル・ソルでは大規模な反政府デモがやっていて、
すごい人でごった返してました。
Madrid-94



人の数が凄すぎて物々しい雰囲気はあったけど、
一人一人でを見てると、至って平和。


こんなかわいこちゃんもポーズをとってくれるくらい。
Madrid-96






人混みにまみれてホステルに戻ると、同じホステルに泊まっていた、
ネパール人とフィンランド人のカップルと仲良くなりました。



ネパール人だけどフィンランドの大学に留学しているビーゼイくん25歳と、
同じくフィンランド人大学生のサナレーナちゃん21歳!
Madrid-116


わかいー。




たぶんアジア人で宿泊している人が他になかったので、
ビーゼイくんが興味持って話しかけてきてくれて。



フィンランドで経営学を学び、
卒業後はヨーロッパのどこかの国で働きたい、というビーゼイくん。


英語もフィンランド語もペラペラです。



色々と話をしているうちに、
今夜はなんだか外が浮かれてるし、
僕たちも外に行こうか!って話になり。


宿に貼ってあるフライヤーを見て、
Bar Crawl
というツアーに参加することに。


なんでも、マドリッドのバーを巡る観光客向けのツアーだそうで。


ツアー代自体はフリーで、
最初のお店は飲み放題で12ユーロ(約1200円)
それ以降のお店は実費精算になるものらしい。


私、お酒飲めないけど、せっかく誘ってくれたので、一緒に行ってみることに。



夜の10時にマヨール広場に集合です。
Madrid-104


この日は相変わらず夜もすんごい人。
Madrid-102


最初のお店。
セクシーなお姉さんたちがカウンターでお酒をついでくれます。
Madrid-111




音楽はガンガンかかっているけれど、
決して趣味が良いと言えるものではなく、
バー自体はそんなに楽しいものではなかったのだけど。




なんと、この旅初めてのお酒を飲んでしまうことに。



そうなんです、
わたし実は、お酒飲めないんです。


しかも、全く。


ノンアルコールカクテルでも酔いが回って、
頭が痛くなってしまうほど弱いのです。
(ちなみにノンアルコールカクテルは、1%未満のお酒のことを言うらしく、すこーしだけ、アルコール入ってるらしいです。私もあとから知りましたが…)



この弱さは、外人さんにはなかなか理解してもらえない弱さだと思います。



でもほんとに、飲むと具合悪くなって楽しくなくなってしまうので、
この旅の間も全く飲んでいなかったのですが。



ここはスペイン。


最初はみんなビールとかを飲むのですが、
その次くらいにはサングリアというスペインのお酒を頼んでいて。




サングリアは、ワインをフルーツ浸けにした、フルーティーな味のワイン。



で、このお店のサングリアは、かなり薄くて、ジュースみたいだ、という話になり。



そこから、さおりも飲んでみろ、大丈夫だから、という流れに。


一口もらったら、確かに、ものすごく薄くて、飲めてしまいそうな気がする…




乗せられまま、Noと言えない日本人は、
一杯だけサングリアを飲むことになってしまいました。



なんとか平静を保ちつつ。
Madrid-114






こんな変な人たちもいました。
Madrid-113




なんとか、サングリアは一杯飲めてしまったんだけれども。



やはり体がだるーくおもーくなってきて。


12時すぎには完全脱落。



宿も近かったので、帰ってそっこー寝ました。



やっぱりお酒むりです(>_<)




ほんと、旅しててお酒飲めないとか、なんて勿体無いんだ!ってよく言われるし、
私も飲めるもんなら飲みたいんだけどね…





翌朝、前日は結局午前3時すぎまで飲んでいたという、
ビーゼイとサナレーナとお別れ。


聡明な2人との会話はとても楽しかった!


フィンランドいったときはお世話してもらう約束をして。




いざ、エジプトへ!
中近東の日々が始まります。
スポンサーサイト



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

古都トレドの夕陽

オラー!


スペインのトレドはマドリッドから日帰りで行ける定番の観光スポット。




色んな人からキレイなところだよと聞いていて、
私も行こうとずっと思ってはいたのですが、
そんなにキレイな場所ならゆっくり一泊とかどうなんだろう?と迷っていたところ。


マドリッドの宿でのダブルブッキング事件が起きて、
同じホステルに連泊することができなくなったので、
(そのときの記事はこちら)
その日にトレドへ行き、向こうで一泊することを決めました!



お昼ごろにマドリッドを出発、
午後のとても暑い時間帯にトレドのバスターミナルに到着してあたりを見回すと。


どっちが街の中心がわからず。



近くにいる人に聞き、
あそこだよ、と言われた方向を
見てみると。
Toledo-1


街は遥か丘の上。


えー!あんなとこまで行かなきゃいけないの!?



むむー。これは気合が必要だあ(>_<)





トレドは丘の上に作られた古い街。


マドリッドに首都が移るまでは、
政治経済の中心として機能していたのだとか。



頑張って坂を登り続け、まずは予約していた宿を目指します。
Toledo-6



しかしながら、街の中心までやっとの思いでたどり着くと、
今度は街の中が碁盤の目ではなく、
道がぐっちゃぐちゃで、どっちがどうなってるのかわからない。


地図なんて、こんな感じ。



地図でここがどこかを探すのにものすごく時間がかかる上、
ここがどこかわかっても、一回地図から目を離すと、またどこかわからなくなるっていう。笑



色んな人に聞きながら、細い道をくぐり抜け、
なんとか目的の宿に到着。



今回の宿は、
この旅1番の良い宿!


というのも、急遽トレド一泊を決めたので、
目星を付けてたドミトリーはもう満室で、
そこ以外だと1番安いところでもシングルで30ユーロ(約3000円)

ま、たまにはいっか、一泊だし…と、
当日の朝に予約した宿だったのですが。


到着したら、普通に部屋は広くて、
アメニティも置いてあるし、
なんとなんと、この旅初のバスタブがある!!


なんですが。

なんですが…


超テンションあがったのも束の間、
この日、このホテルではシャワーが熱いお湯が出ない、と。



夜までには出る、と言ったけど、
こういうのってだいたい直ってないのが相場ですよねーと思ってると、
やっぱり夜もお湯が出ない。



明日の朝には出るようになる、と言われるも、
翌朝やっぱり直ってない。



朝ごはん食べ終わる頃には大丈夫
⇒朝食後もやっぱり出ない




出るようになったら声かける
⇒一向に声かけられない




で、さすがに堪忍袋の緒が切れまして。


ホテル側の、謝らないどころか出ないんだからしょうがないだろ的な態度も非常に頭にきまして。


部屋代値切りました。





値切るのも、ちょっとばかり押し問答があって、
疲れたー。涙



せっかくちょっと贅沢しようと思ったのに、ぬか喜びに終わりました。


なーんかね、スペインの宿運悪いです。








とまあ、宿に関してはそんなことがあってかなり残念ではあったのだけど。


街は評判通り、とてもステキで。



初日は、街歩きを始めようとして色々迷っていたところ、
韓国人のキョンヨンくんと仲良くなりました。
Toledo-21




彼はマドリッド出張でスペインにいるのだけど、
この日はオフで、半日でトレドに来たのだとか。

翌日のフライトで韓国に帰るため、この日も18時すぎの電車で帰るそうで。


それまでの時間、この迷宮のような街を一緒に回ることに。





道がとても狭くて、でもそれがなんかとても良くて、
ついつい狭い道に入っていきたくなります。
Toledo-29
Toledo-130



郵便配達のお姉さんは大変そうだったけれど。
Toledo-185




いちいち地図でここがどこか確認していると、
もうどこがなんだか余計わからなくなるので、
しばし地図見るのをやめて行きたい方向へ行くのも楽しいです。



そうすると同じとこに戻ってきたりして。
Toledo-14






トレドは、三方向を川で囲まれた街。

街の端っこへいくと、こんなのどかな景色も見れます。
Toledo-42







夕方頃には、トレドの街全体を見渡せることができるというパラドールへと移動。



もともと、私はバスでここへ行くつもりだったのだけど、
キョンヨンくんが時間無いとのことで、タクシーで。
タクシー代おごってもらっちゃいました。



パラドールはこんな立派なホテルのことで。
Toledo-77
Toledo-111



ここのカフェテラスで、宿泊者じゃなくてもお茶することができます。
Toledo-112



テラスに出た瞬間、息を飲むような美しさに圧倒され。
Toledo-67



やっぱりヨーロッパの景色は、すごいよ。うん。
Toledo-64




なんかヨーロッパ飽きたなあなんて思うときもあるけど、
この美しさはやっぱりすごい。




コーヒーを飲みながら贅沢なひととき。
Toledo-78




しばし、写真撮ったりしながら景色を眺めていると、
キョンヨンくんが帰らなきゃいけない時間になってしまって。




まだこの時点では日も高くて、どうしてもここで夕陽を見ていきたくなってしまった私は、
彼をロビーまで見送り、そのままそこに残ることに。




しばらく本読んだりしながら時間を潰すも、
ヨーロッパのサマータイム、なかなか日が暮れません。




結局気付いたらもうすぐ21時という頃になり。



やっと、やっと。
街が夕陽に染まり始めました。
Toledo-89



美しすぎる。
Toledo-85






一泊することにして大正解。


本当に大正解!!!




この夕陽は一泊しないと見られないから。


遅くまで長居しすぎてしまい、
帰る頃にはバスももうなく、タクシーで帰ることに。



出費は痛かったけど、また帰りの道ではこんな美しい景色に出会えて。
Toledo-117


ドライバーに車止めてもらって、パシャリ。


1人で見るには、勿体なさすぎる景色です、ほんと。


街の中心に戻ってきた頃にはすっかり真っ暗。
夜のトレドもステキです。
Toledo-125






翌日は、朝から散歩。


朝の空気も気持ち良い。


ホテル近くのカテドラルです。
Toledo-13



ホテルチェックアウト後は、
ユダヤ人街をぶらぶら。
Toledo-47
Toledo-49



シナゴーグが教会になっている、
サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会。


ここだけはなんかちょっと興味があって、入ってみた。


もともとシナゴーグだったんだけど、キリスト教の教会になって、
でも内部の創りはイスラム様式になっていて。
Toledo-158



トレドは、もともとユダヤ人が力を持っていたのだけど、
イスラム教に支配された時期と、キリスト教に支配された時期を経て、今に至っているそうで。


この教会は、ユダヤ教とイスラム教とキリスト教の文化がごちゃまぜになっている場所でした。
Toledo-163



ユダヤのタイルはとても可愛い。
Toledo-182
Toledo-149



この日も本当に天気が良くて。
Toledo-152



昼過ぎまで写真撮りながらたくさんたくさん歩いて。
Toledo-178



トレド、大満喫。



マドリッドからとても近いので日帰りが定番コースのようですが、
時間が許せば、一泊を強くオススメ、です!


◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

セゴビアのキレイすぎる空と可愛い雲

オラー!




マドリッド市内は、見所がそこまであるわけではないのだけど、
少し足を伸ばすと見応えある街がたくさんあるようで。




マドリッド滞在中、
ひとまずは日帰りで、セゴビアというところに行ってきました。




セゴビアは、マドリッドからバスで片道1時間半ほどの城塞都市です。



高速列車AVEでも30分くらいで行けるようですが、
バスの方が安いので、のんびりと。




到着したら、ものすごーく良い天気で。
Segovia-4


空、青すぎ。




バスターミナルから真っ直ぐ歩いていって、
まずお出迎えしてくれたのは。


こんな立派なローマ水道橋
Segovia-11



紀元前1世紀前後にローマ人によって作られた橋。


こういう橋って、ヨーロッパの色んなところにあるけど、
やっぱりローマ帝国ってすごかったのだなあ。


壮観。
Segovia-29

これは、水道橋の脇を上まで登っていけるため、そこからの景色。



反対側から見た景色。
Segovia-37






街の中心まで、くねくね道を歩いていくと、
マヨール広場があって。
Segovia-42
Segovia-45


その脇に立派なカテドラル
Segovia-43



なんだか、気が向いたので、中に入ってみました。


ほんと、ヨーロッパだなあ。
Segovia-49
Segovia-50



ステンドグラスもキレイ。
Segovia-60



ここの回廊も光の差し込み方がとても好きだった。
Segovia-52





街の中には、シスターもちらほらと歩いていて。
Segovia-108


どうやら修道院もこの街にはたくさんあるようです。





そして街を更に奥へ奥へと進むと。


アルカサル。お城があります。
Segovia-83


このお城、なんとディズニー映画の「白雪姫」のモデルになったお城なのだとか。


崖の上に建っているらしいんだけど、
この入口近辺からだとその崖の上に建ってる感じがわからない!


中に入らなくても良いから、崖の上に建っている感じが見たい!と思って、
なんとか下に降りれないかとふらふらしていると。


おじさんが向こうから、お城の全体が見たいならこっちだよ、
と優しく道を教えてくれました。



紳士!
やっぱりヨーロッパの人々はなんだか余裕がある。


こんな道を駆け下りて。
Segovia-86


お城がキレイに見えそうなポイントまで進んでいくと。



見えたー!
Segovia-93



そしてこの奥には小川が流れていて。
Segovia-96

こんなお花が咲いていて。
Segovia-92

本当におとぎ話の世界みたい。






小川の方でなんか騒がしい声がしてるので、近づいてみると。
Segovia-94


学校の行事で来ていると思われる子達が、
この寒い中、川に入って大騒ぎ。
Segovia-102



川に入ってる子、ガタガタ震えてるけど。


で、写真を撮れー!と言われてこの一枚。
Segovia-95


おとぎ話の世界、台無し。笑


歳を聞いたら、15歳から17歳くらいの子たちらしい。


うん、なんかその果てしないバカさ加減。嫌いじゃないよ。

いいよね、10代の無敵感。







それにしても、ほんとにこの日は空がキレイで。


城塞の上から見たスペインの田園風景。
Segovia-76




飛行機雲は、これだけ空が青いととても可愛くて。
Segovia-68






この雲も好き。向こうに見える雪をかぶった山も良い。
Segovia-32




そして、帰り道にもう一度訪れたローマ水道橋の向こうに見える雲もまた、とても可愛くて。
Segovia-116




空がこれだけキレイだと、
どんなに立派な建物も、
完全に引き立て役だなあ。




セゴビア滞在時間は4時間ほど。
小さい街だったので、時間は十分。




キレイな景色見ながら、のーんびり。


そして再びマドリッドへと帰ります。




帰り道もまたのーんびりと。
Segovia-119





◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スペインの宿に恵まれない…

オラー!


イギリスから、スペインはマドリッドへと飛んできました。






3ヶ月ほど中南米で鍛えた超片言のスペイン語を恐る恐る小さな商店で使ってみると。



通じたーー(((o(*゚▽゚*)o)))



けど、スペイン語の本場は、どうやら発音がちょっと違うようで。


ありがとう、という意味の
グラシアス!

も、

スペイン本国では、
グラスィアス
って発音するようで。


なんか、オシャレ。







わたくし、スペインは二回目です。




以前この国を訪れた時は、バルセロナを中心に回ったので、
今回はマドリッド!




本当はここからスペインを南下、ポルトガルを縦断して
マドリッドに戻って来ようと思ってたのですが、
中米に行ってしまったので、そこはカット。





マドリッド周辺で1週間弱過ごして、
次へと進みます。




いやーヨーロッパですなあ。
Madrid-19
Madrid-28



で、ほとんど何も決めずにマドリッドに来てしまったわけなんだけれども、
ひとまずはマドリッドを起点にして近郊の街とかに行ければいいなと。






とりあえずまずは市内観光!
Madrid-32




マヨール広場。
Madrid-5



スペイン広場。
Madrid-44




プエルタ・デル・ソル。
Madrid-117




え、なんか、マドリッド、広場のあらゆるところにキャラクターがいっぱいいます。

ミッキーとミニー。
Madrid-62


セサミストリート。
Madrid-65



スポンジボブ、疲れてるのね。
Madrid-4








そしてマドリッドの宿は。


色々と決めずにきてしまい、
とりあえず情報も欲しかったので
まず向かったのは、
日本人宿、ヤガミホステル



この宿、ヤガミさんという方がやってる宿なんですが、
ヤガミさん、普通にスペイン人の好青年。



なんでも日本で何年か生活をしていたことがあるそうで、
その時からの名前なんだとかで。



で、この宿。
一回閉鎖されて、一年前くらいに再開したみたいなんだけど、
私がネット等で得ていた情報では、
朝食もついてて、キッチンもあるということだったのだけど、
新しい方ではどちらも無くて。





1人でヨーロッパで外食なんて、
淋しいわ高くつくわで、
キッチンは必須と思ってたので、本当に残念…





なので食事は調理しなくていい、
イベリコ豚のソーセージとサラダのお惣菜とかを買ってきたりで。
Madrid-35



イベリコ豚のソーセージ、これ2ユーロ!(約200円)

けどこのメニュー、やっぱりちょっとさびしいー。





宿はキレイだし、日本人宿という安心感もあるし、
ヤガミさんとても良い人で色々教えてくれるし、
居心地は悪くないのだけど…
キッチン無いのは私にとっては痛すぎるので、
泣く泣く近くの普通のホステルに移動。


で、新しく移ったのはBooking.comで予約した普通のホステル。
Berberi International Hostel


ここも、スタッフはとても優しくて、
女性のみのドミがあって、安心感あり。



キッチンも狭いけど充実してて、超いい!




というわけで、マドリッドはここに骨を埋めようと思ったのですが。


ですが。

ここへ移動してきて2日目の朝。



レセプションのスタッフが神妙な面持ちで私に話しかけてきて。



なにかと思えば、
なんでも私の今夜の予約が、
ダブルブッキングによりベッドが確保できていない、と。



なんとーーーーΣ(_д_lll)



で、同じ系列の他のホステルに移動してほしいとのことで。

普通の値段よりまけるから、と…


まあ、受付の人は誠意ある対応をしてくれたし、
その人自身が悪いわけではないので、
そんなに怒りとかは全然ないんだけど。




だけど…



朝からテンション下がります。


もう一つのホステルはそこから歩いて15分。


大した距離ではないけど、
朝から大荷物を持って歩くのはキツい距離、です(>_<)



どうしようか悩んで、
結局、翌日から行こうと思っていたトレド一泊の予定を早めて、
その日に行ってしまうことに。



もともとその日に入れていた予約を翌日に入れ直してもらって、
マドリッド帰ってきたときにまたそのホステルに泊まれるようにしてもらって。



はあ。
いきなり行くことになって気分が乗らないけど、
とりあえずバタバタと出発。



で、トレドでも宿でまさかのトラブルに遭うことに。


それはまた、トレドの回で書くことにします。


続く。






◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
プロフィール

saori

Author:saori
1983年6月生まれ。
2010年9月に結婚。

のらりくらりと紆余曲折を経て、
会計士として4年間勤めた職場を2011年末で退職。

旅行中毒。
音楽大好き。
映画大好き。

思い立ったら実行しないと気が済まない性格が災いし、
夢のまた夢だった世界一周を本気で叶えることにしちゃいました。

2012年1月から、東周りでの世界一周、スタートしました!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中♪
応援宜しくお願いします!

一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
Follow me
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。