スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

とにかくサッカーばかり見てます

ヤーサス!




メテオラをあとにして、
次に目指した場所は、
ギリシャ第二の都市、テッサロニキです。





けれど、ここでは特に観光はせず、
交通機関を乗り継ぐだけの予定。



テッサロニキはギリシャの北部の大きな街で、
近隣の東ヨーロッパの国々や、トルコへの玄関口になる街です。




ただ、ギリシャの交通機関、
なかなか調べてもバスや電車の時間がよくわからない。




朝にメテオラ近郊の村、カランバカを出ると、
昼前にはテッサロニキに到着するため、
できればそこから午後の電車でブルガリアのソフィアに行き、
ソフィアに一泊したいと思っていて。




もし、都合良くソフィアに行けなければ、
もう直接トルコに入ってしまうことも考えつつ。




で、昼前に到着したテッサロニキ。
Thessaloniki-3



早速鉄道の窓口で、ソフィア行きの電車を聞いてみると。




テッサロニキ-ソフィア間の鉄道は現在動いていない、と。





最近まで通っていたのだけれど、
なんでも、ギリシャ側の線路が破損してしまい、
どうやらギリシャ側に修復できるお金がなく、それ以来不通になってしまっているそうで。



バスしか行く方法は無いと言われ、
続いて向かった駅前のバス会社のオフィス。



お店に掛かってる看板に、
ソフィア行の時刻が、
14時半0時半
とあったので、
これで14時半のバスですぐに向かうことができる!とテンション上がって、窓口に行くと。



現在運行してるのは、深夜0時半発の夜行バスのみ、と。




ねえ、ギリシャ、大丈夫!?
ほんとに!笑





やっぱり景気悪いんだなあと感じざるを得ない…



ソフィアに行くとすると、
ソフィアから翌日の夜行でトルコのイスタンブールに向かいたいので、
夜行バス⇒ソフィア観光⇒夜行バス
と、ソフィアで一泊もせずに夜行バスに2連続で乗らなきゃいけないことになります。




もうこのままソフィアには立ち寄らず、
大人しく今夜の夜行列車で向かった方が良いのかなーと、思い始め。




途方に暮れて、
とりあえず入ったカフェに入って、
ネットで色々調べようと思っていると。


ちょうど、サッカー日本代表のオーストラリア戦がやっているー!!




ということで、
最近教えてもらったjustin.tvというサイトで、
サッカー生観戦。笑
Thessaloniki-4



1人、カフェでiPadの画面を見つめる完全に怪しい日本人。




このサイト、すごいです。
ある程度ネット環境良ければ、
生で日本のサッカー中継とか見れます!
オススメ!
(iPhoneやiPadは専用のアプリを買うと見れます)







で、どうしようか決めかねていたこれからの予定。


決めました!



ブルガリアのソフィア、行っちゃいます!





せっかくここまで来たし、
早くイスタンブールに行っても、時間を持て余してしまうだけだし…





というわけで、夜行バスまで時間があるので、
ソフィア行のバスオフィスに荷物を置かせてもらって、
テッサロニキの街に繰り出してみることに。






まあでも、結論として。


この街には特に何もない、
です。笑




とりあえず街は汚い。
Thessaloniki-6


物乞いは多い。



そして、特に嫌だったのが、
その辺をフラフラしている黒人さん(ジャマイカとかから来ているようです)たちが、
物を売りつけようと、ずっと話しかけてきてながら、後をついて来ること。


うーん。
治安はだいぶ良くなさそうだ。



街の中心地にあるマーケット。
Thessaloniki-9
Thessaloniki-10
Thessaloniki-11



テッサロニキはギリシャ第二の都市と言われるだけあり、
街を歩く人の数はかなり多くて、マーケットはそれなりに賑わってます。




観光客らしき人はほとんど見かけないけれど。






そして。

この街で、良いところ、見つけました。



歩いていると、奥の方に見えるのは。


海!!!!!
Thessaloniki-15



ビーチはこの辺りにないみたいだけれど、
やっぱり海が見えるとそれだけでテンション上がります。
Thessaloniki-19




この海沿いの道はオシャレなカフェなんかもあったりして、
結構雰囲気が良いです。
Thessaloniki-26




で、その海沿いの道を歩いていって。
Thessaloniki-22





写真から伝わりますか?
この海のキラキラ具合!
Thessaloniki-45




強い太陽の光が反射して、
海の輝き方が半端じゃないのです。



でもまあ、それだけ暑いということで、
もう干からびそうなくらい暑くて暑くて、
歩きながら気を失いかけましたが。




辿り着いたホワイトタワー。
Thessaloniki-28


テッサロニキのシンボルだそうです。




このあたりでは、木陰で地元の人たちがゆっくり休んでいて。
Thessaloniki-34



私も、たまらず一休み。
Thessaloniki-39





帰りは、海沿いの道ではなく、
街の真ん中を戻り。
Thessaloniki-46





ついついお買い物。

最近くたくたになってきたTシャツに代わる、
新たなTシャツをゲットして、
街の散策は終了~。






夜ご飯は、ギリシャ最後なので、
マーケットの中にあるタベルナで。



イカフライと、またもやグリークサラダ!
Thessaloniki-48



ギリシャでは魚介を食べるのを楽しみにして来たのですが、
滞在中、かなり望みは叶いました。

グリークサラダも超お気に入りなったし。


大満足!




そしてバスオフィスに戻って、0時半出発のバスの時間まで、
隣のカフェでまたもやサッカー観戦。


今夜のEUROは、予選グループA、
ギリシャの試合です!



超盛り上がるのを期待してたのですが、
バスのオフィスは街の中心からちょっと外れてるせいか、
盛り上がりはイマイチ。笑
Thessaloniki-50



おじさんばっかりで、皆さん1人で、それぞれゆっくり観戦していらっしゃいました。

この日はギリシャ負けちゃったしね。





というか、私、なんだかんだで毎日サッカーの試合見てます。


いや、嫌いじゃないし、ヨーロッパサッカーは弟の影響でそれなりに見たりするけど、
こんなにも好きではなかったはず。笑




やっぱりヨーロッパにいると言うだけで、
まず時差がないし、
どこのお店に入ってもとにかくTVでサッカー流れてるし、
そういう環境になるってことなのかな。
さすがヨーロッパ。



こんなにサッカーばかり見ることもなかなか日本だとできないので、
これもなかなか面白い経験だなーと思います。






というわけで、やっとバス乗車の時間。


ブルガリアの首都、ソフィアまではわずか5時間半で着いてしまうようで。


夜行でそんくらいの長さのバスだと、逆に全然眠れなくて、疲れちゃうんですよねー。
早朝に、まだ眠ってる街に投げ出されても、逆に困るし。



けど、こういう時に限って、
時間より早く到着してしまうもので。笑

朝6時前にはソフィアに到着してしまったのでした。



深夜1時半頃に国境越えでパスポートチェックもあったし、
何よりもバスの中で、アジア人珍しがられて、超色んな人に話しかけまくられ、
ほとんどちゃんと眠れていません。笑
Sofia-2



こちら、隣に座ったブルガリア人のケリーちゃん
Sofia-0



最初、顔しか見てなくて、
若い子だなーと思っていたら、
なんと妊婦さん!


21歳で、もうすぐお母さんになるのだとか。





すごく明るくて良い子で、
パスポートチェックの時も、
いつも私を待ってくれて、こっちだよーと、エスコートしてくれました。




そんなこんなでほとんど寝ないまま到着したブルガリアのソフィア。


こんなはずじゃなかった!




おもーい体を引きずながらバスから降りて。


観光なんてできるんでしょうか。


続く〜。


スポンサーサイト



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

メテオラ、天空の修道院たち

ヤーサス!


アテネを発ち、これから旦那さんと待ち合わせ予定のトルコを目指します。



それまで何日かあるので、
直接トルコに行くのではなく、どこかに寄りながら行こうかなーと考えていて。


ギリシャと言えば、昔から行きたいと思っていたところは、
エーゲ海の島々と、メテオラ





アテネから、エーゲ海の島々を巡りながら、トルコに渡るっていうの、
ステキだなーと思っていたんですが。




一人で行っても、ねえ。笑


新婚旅行の定番、ミコノス島やサントリーニ島。
確かに超憧れるけど、一人はさすがに厳しいので、
エーゲ海の島々を通るコースは断念。


将来に楽しみを残します!





というわけで、陸路を伝ってトルコを目指すので、
まずはギリシャを北上。


調べたら、なんとメテオラはアテネの北の方!

まあまあ通り道!




というわけで、まずはメテオラを目指すことに。




メテオラは、世界遺産にも登録されているギリシャ正教の聖地。


奇岩が連なっていて、その頂上に修道院が建っているという、
他では見たことのない景色。



写真で見ると、なんでこんなとこに修道院建てられたの!?
というようなすごい場所で、
初めて写真を見たときから、ずっとずっと行きたいと思っていたところでした。

(ネットより転載)






アテネからメテオラの近郊の村、カランバカまで、
直通で出ている電車は一日一本。



バスだと乗り換えなきゃいけないし、安くなかったので、
その一日一本の朝8時半の電車で、カランバカまで向かいます。



所要時間は約4時間半





思えば、長距離の電車に乗るのって、この旅初かも!!!!


さすが、ヨーロッパ!


電車、結構好きなので楽しみにしていくと。



ギリシャの電車、しょぼかった…笑



首都の主要な駅とは思えないほどの小さい駅で…
Meteola-0


車体にはものすごい落書き。
Meteola-1






で、電車は特に速くない。
(まあだから料金も高くないんだろうけど)



うーん、やっぱりギリシャ、ヨーロッパの田舎です!




ま、のーんびり、電車旅もいいよね。
Meteola-8


ギリシャって、国土の2/3は森なのだそうで。


窓から見える景色も、実にのどか。





そして昼過ぎに到着したカランバカ。
Meteola-9




ここもこじんまりとした可愛い駅。
Meteola-115


そして、街の向こうに早速奇岩の数々が現れます!
Meteola-113




でっかーい!







到着したこの日は、カランバカの村でゆっくりして、
翌朝メテオラ観光して、
そして午後の電車で、ギリシャ第二の都市テッサロニキに行こうと思っていたのですが。




なんと、カランバカからテッサロニキ行の直通電車もまた、
朝の8時19分の電車の一日一本のみ、と!
午後の電車は、乗り換えなきゃいけない上、かなり遅い時間になってしまうそうで。


更にその翌日出発にするほど、余裕ないし…





というわけで、昼過ぎにカランバカに到着してから、
すぐに弾丸でメテオラ観光に出発することに!






カランバカからメテオラまではバスで20分ほど。


けど、このバスがまた、そんなに本数がない。


宿のおばちゃんに相談すると、
タクシーで一番上にある修道院まで連れて行ってもらって、
そのあとは歩いて修道院見ながら帰っておいで~!

とアドバイスをもらいました。




宿のおばちゃんに、タクシーは10ユーロだよ~
と言われてたのに、タクシーの運転手に請求されたのは、9ユーロ。


全くぼったくろうとしてこないその姿勢、涙が出そうです。
というわけで感激しすぎて、10ユーロ払いました。






さて。山道をくねくねと登っていって、
いよいよ到着したメテオラの修道院群。



最初に到着したのは、
メガロ・メテオロン修道院



メテオラには現在6つの修道院が現存しており、
ここはその中でも最大の修道院。




タクシーで近くまで連れて行ってもらったのに、
実際の修道院の入り口までは結構階段を登らなきゃいけなかったりして、
この時点で既にちょっとバテ気味のわたし。
Meteola-11




昔の人は、これを乗り物も使わずに麓の村から来ていたのかと思うと…恐ろしい。


それも含めて、修行だったのかな。


岩と一体化している修道院。
Meteola-10

どうやって作ったんだろう。こんなの。



やっと到着した入り口を入ると。
中は岩でひんやりとしていました。
Meteola-21


とても神聖な雰囲気。
Meteola-37
Meteola-38



教会の中は撮影禁止です。



修行僧たちが生活しているところなので、
その様子に関する展示なんかもありました。
Meteola-23
Meteola-41







そして、次に向かうのは、
ヴァルラーム修道院。


メガロ・メテオロン修道院から見えるヴァルラーム修道院はこんな感じ。
Meteola-15
Meteola-18




これもまた切り立つ岩の崖の上に建っていて、
すごい景色です。




メガロ・メテオロン修道院から歩いて15分くらい。
Meteola-51




ヴァルラーム修道院では、入り口までの道が、
岩を削って作られた道になっています。
Meteola-53


ここの修道院から見える景色がまた、素晴らしく美しい。
Meteola-57



向こうの方にある岩の上に、
また違う修道院が見えます。
Meteola-60


さっき行ったばかりのメガロ・メテオロン修道院もキレイに見えます。
Meteola-63







そして、ここからまた次の修道院があるスポットまで、
山道を下って歩いていくわけですが。


道はこんな感じ。
Meteola-49




この時の時間は午後4時前くらいだけど、
暑い。とにかく暑い。


今日もいつもと同じ、快晴。



遮るものが何もなく、
灼熱の太陽に熱されたアスファルトの上を歩くのは、
ほんとにキツいです。




休めるような木陰もなく…


これ、ほんとに下のカランバカの村まで辿り着けるのかな…

タクシーで来たとき、だいぶあったような気がするし…





けど、とにかく景色がキレイなので、
それを見ながら自分を奮い立たせて、
歩き続けます。
Meteola-64
Meteola-67





そして辿り着いたもう一つの修道院。
ルサヌー修道院。
Meteola-82



ここは尼僧院で、女性のみが修行しているところ。
Meteola-73


だからか、なんだか内部の雰囲気も、
こじんまりとしていて可愛らしい。
Meteola-74



どの修道院も、修行僧がいっぱいいることを期待して行ったのだけど、
ほとんど修行僧は見当たらなかったのが、残念。

もともと、もう修行僧が少ないのか、
それとも訪れたのが午後という、タイミングが良くなかったのか…




とにかく、この日は周囲の景色の美しさを堪能します。




そして、更に道なりに下っていくと、見えてくるのが、
アギオス・ニコラオス修道院。
Meteola-95



こちらは早い時間に閉まってしまうので、中には入れず。




また、他にも2つの修道院がありますが、
その2つはまた少し離れたところにあり、
タクシーかツアーじゃないと行けないようなので、行くのは断念。



この時点でかなり歩いてたし、ね。

相当ヘトヘトです。



そしてだいぶ下まで降りてきて見えてきた、
カランバカの手前の村、
カストラキ。
Meteola-103



ここがとっても雰囲気の良い村で。
Meteola-104
Meteola-105



景色もかなり良いけれど。
Meteola-108






何よりも人が、良かったです!



帰り道はほんとにほんとにきつかったはずだけど。



私を追い抜いていく車がクラクション鳴らして、
車の中からみんなが頑張れーと言わんばかりに手を振ってくれる。


玄関先にいるおじいちゃんやおばあちゃんが、
みーんな、私に手を振ってくれて、
疲れたでしょ?という仕草をしてくれたりする。


色んな人に挨拶しながら歩いてたら、
ものすごくキツくて疲れてるはずなのに、
わたし、気持ち悪いくらいめっちゃ笑顔で歩いてる!!!


ギリシャ、ほんとに人がいいなあ。




そして夜7時頃。


やっとカランバカの村に到着。



夕飯は村の可愛いタベルナで。
Meteola-111


タベルナとは、ギリシャのレストランのこと。



ここではグリークソーセージと。
Meteola-109


グリークサラダを食べました。
Meteola-110



どっちもすごく美味しかった!


グリークサラダはかなりハマって、
ギリシャ滞在中、たくさん食べてます。


ゴロゴロした大きさの野菜の上に大きなフェタチーズ(ギリシャのヤギのチーズ)が乗っていて、
これをオリーブオイルと塩、ビネガーで。


チーズが超美味しい!!





そんなこんなで移動と弾丸観光で疲れた一日も終了。


村もとっても雰囲気が良くて、もう少しゆっくりしても良かったなあと思いますが、
ひとまずは先を急ぎます~!
Meteola-25


◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

バックパッカーだけどヒルトンで過ごす休日

ヤーサス!




アテネで久々に再会した前職の先輩、あかさんと、
土曜日はデルフィという遺跡のある山間の場所へ、
日帰り旅行です。




なんと、事前に宿泊先のヒルトンホテルのツアーデスクで
日帰りツアーを予約していてくれたあかさん。



朝は再びヒルトンのロビーで待ち合わせです。



2回目だけど、ヒルトンのドアをくぐる時はかなりドキドキします…
もうだって、いる人の種類が違うからね。
子供とかも、ほんっと高そうな服着てるし、
女の人みんなすっごくキレイだし。笑




前日、街中のツーリストインフォメーション行って、
アテネの次の街に行く際の電車の時間聞いたら、
自分でオフィス行って聞け、と冷たく突き返された件も、
ヒルトンで宿泊客のふりして聞いたら、
すぐに調べて答えてくれました。
さすが、ヒルトンクオリティ。



ちなみに、ヒルトンではwifi利用は1時間10ユーロ(約1000円)。
24時間利用で16ユーロ(約1600円)。
(あかさんは仕事で長期滞在なのでタダにしてもらってるらしいですが。)


ルームサービスは、料理の値段プラス8ユーロ(約800円)だそうです。




私の泊まってる宿、一泊12ユーロ(約1200円)です。
wifiはもちろんタダ。





世界のヒルトン、すごー。
ってか、それを払う金持ち、ハンパないー!








ヒルトンの凄さに恐れおののいたところで、
ヒルトンからバスに乗って、
デルフィへと出発です。




どうやって行くか、とか調べないでも良いなんてー!
快適!楽!



その恩恵にがっつりとあやかって、
バスの中では爆睡です。





アテネからバスで揺られること3時間ほど。




デルフィは、紀元前に栄えた宗教の聖地。





アテネのアクロポリスの丘もそうだったけど、
ギリシャ神話と深く関係があるようです。


その神様たちを祀っていた聖地で、
神殿では、神からのお告げがこの地で行われていたのだとか。




その神殿がこちら。アポロン神殿。




パルテノン神殿に比べると、
迫力はそんなに無く、残っている部分も少ない。




そしてやはり、こういう神殿はより神に近付くためにかな?
高台の上にくられているので、
ここからの景色がとてもキレイです。




アクロポリスの丘は、そこから見渡せる街の景色がキレイだったけれど、
こちらは自然の景色が見渡せます。






更に登っていくと、スタジアムが。





やはりこちらもアテネにある競技場のように、
U字型のスタジアム。

かなり細長い。





他の遺跡と同じように、劇場もあります。





やっぱり、芸術とスポーツというのは、
いつの時代も人間の娯楽で、
こんな古代の時代から愛されてきたのだなあ。





にしても、この日も死ぬほど暑い。


買ってきた水も一瞬で飲み干します。



このあとは隣の博物館へ。


博物館の中もガイドさん付きだったけど、
私たちはほとんど涼んで、喋ってました…





そして遅めのランチ!
待ってました!



さすがヒルトンで申し込んだツアー、
お昼はなんだか素敵なホテルで、
ギリシャ料理のコース。





私がたまに申し込んだりするツアーで連れていかれる、
大量の観光客が詰め込まれるような食堂とはわけが違います…




食べるのと喋るのに夢中で、
全然写真撮らなかったけど( ;  ; )




ギリシャ料理、結構好きです!
オリーブオイルたっぷり使った感じの料理が多め。




そしてあとは帰るだけ。
なんて楽なんだーー。


ツアーでも、アテネから往復6時間もかかるので、
自力で行ったらかなり大変だったことでしょう…


ツアー申し込んでおいてもらってほんとに助かりました。



しかも、大きい声じゃ言えないけど。

今日のツアー、あかさんのおごり!!!!

なので、いくらだったのか全然知りません…



いや、ちゃんと私払います!って言ったんですよ!
言ったんですけど。
わざわざギリシャ来てくれたし、って。


デキル男はやることが違います。
ほんと、感謝。






で、あかさん効果によるアテネの贅沢ステイはこれだけにとどまらず。




ツアーから帰ってきたのが夜の7時前。

さて、夕飯どうしますかーってことになって。

あかさん、私サッカー見たいです!!

とお願いしたら、
なんとヒルトンの館内で見られるところがあると!



ちょうど前日から始まったEURO2012
ギリシャではほとんど時差なしで見られるので、
ちょうど一日中動いて、ご飯を食べようという時間に
試合がやっているのです。
日本では考えられない〜。



で、連れてきて頂いたのが、
なんとプールサイドの軽食レストラン。




なんですかこの雰囲気ー!





ご飯はハンバーガーとかサンドイッチなどの軽食だけど、
十分ボリューム満点で大満足〜☆




そして2試合ぶっ続けで見ました。
あかさんもサッカー大好きとのことで、
色々と教えてもらいながら見れて楽しかった!






で、その翌日、日曜日も少し遠出をしようという話をしていて、
あかさんが色々と調べていてくれたのだけれど。





あまりの暑さに疲れ気味なのと、
あまりにも雰囲気が良すぎるヒルトンの雰囲気に負けて、
翌日はどこへも行かず、
ヒルトンのプールサイドでまったりすることに決定ー!!




で、翌日もまた私が泊まっているドミドリーの一室から、
ヒルトン通い。笑



昼過ぎにふらーっとヒルトン行って、
あかさんと待ち合わせて、
しっかりプールサイドでまったりできるように本も持ってきて、
もう完全にちゃっかりしてちゃっている私。



あかさんのご身分を利用して、
セレブに交じって私もセレブ気取りです。



プールは、水がとんでもなく冷たかったのでほとんど入らなかったのだけど、
プールサイドで、本読んで、コーラ飲んで、昼寝して。


あかさんも昼からビール、いっちゃってます。



なんて贅沢な。



ちなみに、最近あまりにも太ってきたので、
私はコーラ自粛しているつもりなのですが、
ま、そんなのどーでもよくなっちゃって、
結局コーラ飲んじゃってます。


だって、この気候と雰囲気にめちゃめちゃ合うんだもん!!





で、この日も結局前日と同じ場所でサッカー観戦。


この日は予選Cグループ、スペインvsイタリアという好カードもやってて、
スペインのイケメン軍団にきゃーきゃー言いながら、
楽しく観戦したのでした。






結局、この週末はあかさんパワーで、
超贅沢アテネステイとなりました。



しかも、ほとんど、ご飯とかもおごってもらってしまい…




申し訳ないなぁ、と思っていると、
ちゃんとその分、この旅で使ってね!
例えば、数千円の差で飛行機とバスで迷ってなるなら飛行機乗っちゃうとか!

と、あかさん。




せんぱああああーーーーい(T_T)涙


頑張って、旅、続けますからー!!!





また恩返ししなきゃいけない人が増えました。

もちろん、お金のことだけじゃなくて、ね。笑



まさか、2年くらい前に、みんなでカラオケでバカしながら朝を迎えたりしてた頃には、
こんな風に異国の地で再会する日がやってくるなんて、
想像していなかった。



つくづく、永遠に続くものはなんてなくって、
けれどもまたどこかで繋がっていくっていうことを強く思った2日間。



お互いの前職を離れてからのことや、
仕事のこと、家族のこと、
色々と話をしてたくさん刺激をもらったし、楽しかったです!



世界を飛び回ってるあかさん、
次はどこで会えるかな。




またそのときまで、お仕事頑張ってくださいー!!!




◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

アテネ観光と、先輩との再会

ヤーサス!




アテネに到着した翌日は、
早速一人でアテネ観光。





アテネの第一印象は。


うーん、ずばり。



田舎!!







何かと景気の悪さで世間を賑わしているギリシャ。


そういうのも関係あるのかわからないけれど、
ヨーロッパと呼ぶには、他のヨーロッパ諸国に比べて、
雰囲気の洗練されてなさ具合にちょっとびっくりしました。





街は全然綺麗じゃないし、
ちょっと横道に逸れると、ゲットーな雰囲気を醸し出しているところも結構あったりして。




歩いている人たちも、あまりオシャレな人は多くない。
体型もぼーーんって感じの人がかなり多い。



そして、トイレ。



やっぱり先進国かどうかって、
トイレの衛生状況に関係してくると思っているのですが、
ギリシャの公共のトイレはあまり綺麗ではありません。
そして、紙は流せません。
これって、結構後進国だと思うのです。笑




あと、原付をヘルメット付きで乗ってるか、
ノンヘルで乗ってるか、でその国の先進国度がわかる、
と誰かが言っていたんだけれど
(ノンヘルで乗っている人が多いと、後進国)
これも、結構ノンヘルで乗っている人が多かったのです。




とは言え、そんな感じのギリシャの印象ではあるのだけれど、
前回の記事でも触れた通り、
とにかく人の良さは、この旅でも上位に入ってくるくらい、良いです。




道を聞いても、みんなとても優しく教えてくれるから、
とても町歩きしやすい。



親切にされることに、変な疑いを持たなくて良いし、
なんかとっても落ち着きます。





そして、アテネが面白いのは、
普通の街の中にいきなり、異次元かと思うような、
古代遺跡が突如現れるところ。




例えばこのゼウス神殿。



普通にバスやとローリーが走っている横に突然現れます。



2世紀のローマ帝国時代に完成した神殿。



もちもと104本の柱があったけれど、
今残っているのはこれだけ。





こんな風に柱が倒れたままになっている部分があるんだけど。



こういうギリシャの古代遺跡の柱って、
円形の石を積み重ねて作ってたのね。
初めて知りました。





あとは、このパナティナイコ・スタジアム。




これも、急に街中に現れます。

オリンピックでも使われたこのスタジアム。




もともとは紀元前からあったものを、
何度か改築して、現在でも使っているそうで。



形は現代の円形になっているスタジアムとは違って、
Uの字型になっていて、面白い。




2000年のアテネオリンピックでも使われて、
その時マラソンで優勝した野口みずきさんも、
このスタジアムでフィニッシュを飾ったのだとか。


最近だと、聖火リレーのイベントもここで行われたらしいですよ。



オリンピックに向けて、気持ちが高まります〜( ´ ▽ ` )ノ





で、アテネと言えばはずせないのが。
アクロポリスの丘にある、パルテノン神殿。



アクロポリスの丘は、
予想をはるかに超えて、かなり高い丘の上のありました。

街のいろんな場所から見ることができます。


ゼウス神殿からも見えるこの景色。


奥の方に見える丘がアクロポリスの丘です。




死ぬほど暑くて、遮るものが何もない中、
てくてく歩いてアクロポリスの丘の上を目指します。





門をくぐって。




パルテノン神殿のお目見え。




アクロポリス遺跡は、現在も修復工事中。
ずっとやってるみたい。



パルテノン神殿の屋根の一部が大英博物館に飾ってありますよね、確か。




紀元前は神殿として
そしてポリス、とし国家として機能してきたこの神殿。
いろいろと戦争の歴史を経て、破壊されながら、
今はこの通りです。




こんな高い丘の上によくもまあ、作ったよねぇ。





景色はこんなに良いです。








そしてバテバテになりながら一旦宿へ。


アテネ、6月なのに、ほんっとに暑い。

アクロポリスの前で水が売り切れてたので、
我慢していたら、なんだか、熱中症気味…




夕方には、仕事を終えた先輩と待ち合わせの約束!!


待ち合わせ場所は、先輩が泊まっているホテル、ヒルトンー!




私の宿から歩いて20分くらいのところでした。


ロビーで待っていてくれたのは、
前職の先輩、あかさん!!



あかさんも、今は転職をしていて、
世界各地を飛び回っているお仕事をしています。
現在、素敵な奥様と可愛い可愛い2歳の息子さんを日本において、
単身赴任で頑張ってらっしゃいます。


いつも、本当に世界各地色んなところに行っているので、
どこかで会えたらいいね〜なんて話をしていて、
やっと、ここでタイミングが合いました。


前職の先輩とは言え、
直接一緒に仕事をしたことは少ししかなくて、
主に飲み会で、ほんっとによく、一緒に遊んだあかさん。笑


いっつも、
行っちゃう?
行っちゃうー!
みたいな感じの軽いノリで
よく皆で仕事のあと飲みにいったものですが。


今回もまた、その時と全く同じようなノリで、
ギリシャ来ちゃう?
行っちゃうー!
って感じで、約束した再会です。



ま、昨年末もあかさん一時帰国中に、
何度か一緒に飲んでいるので、
そんなに懐かしさはないんですけどね。笑



けど、異国の地で会えるってとこが、
またとても感慨深いもので。






待ち合わせはまだ夕飯の時間には早かったので、
まずは、あかさんもまだ行ったことがないという、
リカヴィトスの丘へ。


タクシーとケーブルカーを乗り継いで。




夕暮れ時にはまだちょっと早かったのがちょっと残念だったけれど、
文句なしの絶景。


今日行ってきたアクロポリスの丘も。


スタジアムも。




キレイに見えます。







天気良すぎー。夕方だけど、まだまだ暑いです。

なんか最近、雲すらも見てないもの。





そして、いい景色を見たあとは、
下界におりて、プラカ地区のあかさんオススメのレストランへ。


夕焼けに染まっていくパルテノン神殿。



街の中にある遺跡もまた、いと美し。





で、またレストランがすっごく良い雰囲気で。


階段を上がったところにある、
ギリシャ料理のレストラン。





この日は昔話に花を咲かせて、
夜が更けていきました。


翌日は土曜日。
あかさん、一週間お疲れ様でしたー!

翌日はあかさんと、デルフィ遺跡に出かけます!





◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

久々の一人旅再会、ギリシャでいきなりカラーリング

ヤーサス!
(ギリシャ語で、Helloという意味です♪)



はてさて、久しぶりの一人旅再開です。


イスラエル出発の日は、みなとくんに見送られて、
宿を8時ごろ出発。


イスラエルの空港では、
出国するのにかなり時間がかかるとのことで、
私の便は午後だけれど、早めの出発です。


遅くてもフライトの時間の3時間前までには
空港に着いていなきゃいけないそうで。




目指すはギリシャ!



一人旅も、飛行機に乗るのも久しぶりで、
気が引き締まります。




が、そんな矢先。


エルサレムのセントラルバスステーションから、
テルアビブ空港行きのバスに乗ったのですが。



普通に乗り過ごした_| ̄|○




終点が空港だとばかり思い込んで
バスの中でウトウトしていたら、
どうやら違ったようで。



そろそろ到着してもいいはずなのに、
おかしいなーって思って、近くの人に聞いてみると。


もうとっくに通り過ぎたよ、と。


とりあえずよくわからない場所でバスの運転手に降ろしてもらい、
反対側の一番近いバス停まで歩いて、反対側に乗ろうとすると。



どうやら、そこから直通で行くバスはなく、
乗り換えなければいけない、と。



真偽のほどはよくわからないけれど、
フライト3時間前になろうとしている…



えーーーい
こうなったらタクシーだいヽ(;▽;)ノ




タクシーとめて、空港までいくらか聞いてみると、
120シュケル(約2500円)、と。


所持金、100シュケル…


タクシーのおじちゃんに、
おねがーーーい、
ノータイム!!

と、お願いしまくって、100シュケルで了承してもらいました。




おじちゃん、めっちゃ笑ってた。




120シュケルがふっかけられてた可能性もあるけど、
良いおっちゃんだったのでよし!


出費は痛いけど、
なんとかフライト3時間前をちょっと切るくらいで、到着。



イスラエルのテルアビブ空港、
噂に違わず、ものすごくセキュリティが厳しい。


頑張ってパッキングしたバックパックも、
見事に全部開けられるからね…


けれど、そのあとの出国審査は
聞いていたほどではなく。


意外とすんなりの出国となりました。



飛行機で降り立つのは、
ギリシャの首都、アテネ。


16カ国目です。



飛行機の中から見えたエーゲ海はキラキラしていて、
とてもキレイでした。






さて。


ギリシャは当初、全くもって訪れる予定ではありませんでした。


ギリシャに行こうと決めたのは、
つい数週間前のこと。



イスラエルからトルコに直接飛ぼうと思っていたけれど、
ちょうど、前職の先輩が、
仕事でアテネに滞在しているという話を聞き、
ギリシャ、近い!
ということで、せっかくなので寄ることにしました。






その先輩は、中期滞在のため、ホテル住まい。
なので、私は別途宿を取り、
週末に会う約束をしていました。



とりあえず、空港からバスに乗って街の中心へ。
そしてそこからトローリーに乗って、宿まで。





迷いながらだったけれど、
ギリシャの人たち、ものすごく優しい!


聞く人聞く人、バスの乗り場や、
バスのチケット売り場、宿の場所などなど、
行きたいところまで一緒についてきてくれました。






宿に到着したのは夕方6時前くらい。


日没が9時過ぎのギリシャはまだまだ明るかったので、
とりあえず宿の周りを散策しようと思って外に出ると。




宿の目の前に、美容室。



なんか、最近ずっと耐えられずにいた思いがにょきにょきと。


髪、染め直したい!!!


そうなんです、日本を出発してから5ヶ月間、
一度も髪を切ることも染めることもなくここまで来てしまい。
伸び放題で、伸びた部分は真っ黒、
もともと染めていた部分は色が完全に抜け切って、
ものすごく汚くなっていた私の髪の毛。



その辺で染める液を買ってきて、
自分でやってもいいんだけど。
自分、不器用なもので…



美容室に入るのも、自分でやるのもどっちも怖くて、
ずーっと何もせずにきたのです。




週末に久しぶりに旅人じゃない人に会うというのもあり、
勢いで、美容室に入ってしまいました!


30ユーロ(約3000円)でカラーリングやってくれると言うので、
お願いしました。



見た目は普通の美容室。



恐る恐る入ったけど、
カラー液はちゃんと色の見本とかもあって、
意外とちゃんとしてました。



こちら、ビフォー。
生え際っていうか、もう際とかじゃなく、
くっきりと、黒い部分と色あせてる部分がはっきりしてます…

ひどい…


で、ちゃんと、色が黒い生え際からやってくれて。




うん、意外とちゃんとしてるぞ!!





カラー液を全体に馴染ませて置いたあと、
洗面台で洗い流します。


が、ここで日本との違いが。



洗い流し方、めっちゃ、雑!!!



耳の中に水入りまくりだし、
顔にもガンガンお湯がかかる…



ちゃんと目つぶってないと、
水はいってきます。



てか、目のくぼみに水溜まってるけど、
拭いてくれる気配なし。笑


首にもどんどん水が伝ってくるし。


なんか、とにかくやり方が大胆!




で、洗い流したあと、
ブローはお願いしていなかったんだけど、
サービスでやってあげるよーと。



やっぱり外国人が珍しいようで、
片言の英語でとても良くしてくれました。





仕上がりは、うん、予想より良いです!!

汚かった髪の色が、落ち着きました。





今まで怖くてできなかったけれど、
初めての海外美容室。

意外と大丈夫でほっと一安心。




カットはお願いしなかったけれど、
かなり気分すっきりー。


ギリシャに到着して、まずやったことが美容室でカラーリングっていうのもおかしな話ですが。


気分一新、ギリシャも楽しみますかー♪


◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
プロフィール

saori

Author:saori
1983年6月生まれ。
2010年9月に結婚。

のらりくらりと紆余曲折を経て、
会計士として4年間勤めた職場を2011年末で退職。

旅行中毒。
音楽大好き。
映画大好き。

思い立ったら実行しないと気が済まない性格が災いし、
夢のまた夢だった世界一周を本気で叶えることにしちゃいました。

2012年1月から、東周りでの世界一周、スタートしました!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中♪
応援宜しくお願いします!

一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
Follow me
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。