スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

再会するということは、再びお別れがあるということ

グーテンターク!



※ただ今ロンドンオリンピックを超超満喫中ですが、
アップできていなかったドイツ最後の記事をアップします♪








タチアーナの家にお世話になって3日目。
Leipzig-86




この日はタチアーナも何も予定が無く、
そして外は良い天気!






ドイツに来てから天気の悪い日が続いたので、
これはどこかへ行こうと盛り上がり。






タチアーナのアイデアで、
近くの湖まで、サイクリング&ピクニックに行くことに!





タチアーナがサンドイッチ作ってくれると言うので、
私もおにぎりを作って、いざ出発。






まずは自転車をレンタル。
Leipzig-87


さすがヨーロッパ。


公共のレンタサイクルが街中にあります。



街中のレンタサイクルのステーションで、
使われていない自転車を見つけて、
自転車の番号をセンターに電話して伝えるだけでOKです。




タチアーナの愛犬、マイラくんも自転車にカゴに乗っけて。
Leipzig-88





私はひたすらタチアーナの後ろをついて行きます。




街中をすり抜けて。
Leipzig-93





公園をすり抜けて。
Leipzig-91
Leipzig-95





途中の公園にいたブタさん。
Leipzig-97




なんだかんだで30分くらい?
自転車を漕い、漕いで。



結構な距離です。たぶん8kmくらいは走りました。



そして到着した湖。
Leipzig-114





なに、この平和すぎる光景!!




ヨーロッパの人たちの、こういう時間の使い方ってほんっとに良い。
お日様の下でのんびりと。
Leipzig-128




湖畔に敷物を敷いて。
Leipzig-100




自転車漕ぎすぎて疲れたので、
まずはご飯!


タチアーナが作ってくれたサンドイッチ。
Leipzig-107



自然の中で食べるご飯ってなんこんなに美味しいんだろうか…


そして、私が作ったおにぎり。
Leipzig-110




ゆかりのふりかけを持っていたので、それを混ぜて作ったのですが、
さすがに、梅とシソの風味のおにぎりなんて絶対食べないだろうな、
と思いつつ、トライしてみる?と聞くと。


もちろん♪


と言って、ばくばくおにぎりを食べはじめたタチアーナ。
Leipzig-111



美味しい、美味しい、と、
ペロリと食べてしまいました。



やっぱり変だわ、このロシア人。笑


初めて食べる梅もシソも大好きだなんて!



ほんっと、ぜひとも日本にご招待したい。
たらふく美味しい和食を食べさせてあげたい。






ご飯を食べたあとは、しばし、ぼーっと。


ぽつぽつ、といろんな話をしながら、のーんびり。
Leipzig-106



なんて幸せすぎる時間。





そして、湖畔を散策したり。
Leipzig-103




再び自転車に乗って湖畔をサイクリングしたり。
Leipzig-136
Leipzig-129



天気良すぎー!



ピクニックしている地元の人たちもたくさん。
Leipzig-139









久々のサイクリング、かなりキツかったけど、
運動不足もちょっとは解消できて、
何よりも気持ちよすぎて、大満足。



こういうことってなかなか、地元の人と一緒じゃないとできないからね。
連れてきてもらえて本当に良かった。








そしていよいよタチアーナとお別れの時。




前回お別れした時は、7年前、ロンドンの地下鉄の駅で。


とってもよく覚えています。


めちゃめちゃ泣いてる私に対し、

泣いちゃダメよ、また会えるから。


と諭してくれたタチアーナ。





うん、本当にまた会えたね。タチアーナ。

この数日間、一緒にいられて本当に楽しかった。




文化も言葉も全然違うところで育ったのに、
一緒にいても全くストレスを感じない不思議な関係。




そう。
本当に会いたければ、
また会えるということがよくわかった。




だから今回は涙はなし!
またそんなに遠くない未来に会える気がしてしょうがないもの。




滞在中、たくさんたくさん色んなお世話をしてくれた上に、
最後は駅のホームまで見送ってくれたタチアーナと、マイラくん。
Leipzig-152




それでも、お別れは淋しいものだけれど。


再会するということは、またお別れがあるということで。




けれどお別れするというとは、また会える楽しみができる、ということ。




なのだな。






ありがとう、タチアーナ!


またきっと、会えますように!


スポンサーサイト



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

お味噌汁を食べまくる愛すべきロシア人

グーテンターク!!




※リアルタイムはロンドンオリンピックを超満喫中です!
記事のアップが前後していますが、
今回はロンドンに来る直前のドイツでの記事です。






ロシア人の友達、
タチアーナの家にお世話になったのは丸々3日間。


(タチアーナについてはこちらの記事を参照ください。)



タチアーナが住んでいるライプツィヒは小さな街だけど、
中心に見所が詰まっていて、とても可愛い街です。
Leipzig-19



タチアーナが用事がある時は、
1人で街をふらふら。
Leipzig-27



事前に、タチアーナがこんなの買ってくれてた。
Leipzig-32

よくお土産屋さんとかで売ってる日本語のガイドブック。

優しすぎ。



こういうの、自分じゃ絶対に買わないからね。




メインストリート。
Leipzig-79


アレキサンダー広場。
Leipzig-40



歴史あるショッピングモールらしい。
Leipzig-31
Leipzig-30


ライプツィヒは、東ドイツの由緒正しい街、なのです。
Leipzig-47



路上で音楽やっている人たちも、
ベルリンのような砕けた感じではなくて、
クラシックに近いものが多かったです。
Leipzig-76




そしてトーマス教会の前で、タチアーナと待ち合わせをして、
週に二回行われる教会のコンサートへ。
Leipzig-49



ここの教会は、クラシックの作曲家、バッハが長いこと音楽監督を務めていたことでとても有名。
Leipzig-50



バッハのお墓もこの教会の中にあります。
Leipzig-64




パイプオルガンも立派なものが二つもあって、
今回のコンサートは、このパイプオルガンのみの演奏でした。
Leipzig-56



寝ちゃうのではないかと心配だったけれど、笑
パイプオルガンの音色の迫力が凄すぎて、しばし聞き入りました。
聞き応えたっぷり。





そして街で唯一高い建物の最上階で、お茶!
Leipzig-67




展望台もあって、ライプツィヒの街を一望。
Leipzig-72
Leipzig-74



この日は天気が残念!






そして、ご飯は一度くらいは外でドイツ料理でも食べようか?と言っていたのだけど、
結局一度も外で食べる機会がありませんでした。




と言うのも、とにかくロシア料理と日本料理を食べるのに忙しい私たち。笑




特に、タチアーナは日本食が大好きなのです。




一緒にイギリスにステイしている時、
タチアーナがお寿司食べたことないというので、
当時イギリスで流行り始めたばかりの回転寿司に一緒に行ったことがあります。



その時、タチアーナがちゃんとお寿司食べられるのか
私は心配で仕方なかったんだけど、
お寿司はおろか、ワサビもガリも、お味噌汁も、
美味しい美味しいと言いながらがつがつ食べてて、
おかしなロシア人だなーって思った思い出が強烈に残っていて。笑




タチアーナも、
さおりは、私が生まれて初めてお寿司を食べた時に一緒にいた人!
ってその時のことをよく覚えていてくれていました。




だから、今回、絶対に一度は日本食を作ってあげようと思っていて。



そうしたら、なんとライプツィヒにはちゃんとしたアジア食材屋さんが!
Leipzig-26




親子丼と、お味噌汁、作ってあげました。
Leipzig-81



美味しい、美味しい、と食べてくれるタチアーナ!
Leipzig-82




なんでも、ドイツには本当に数え切れないほどの寿司バーがあるらしく、
友達と外食するってなって、まず候補になるのが、
スペイン料理やイタリア料理を差し置いて、寿司バーがダントツで多いんだって。



ドイツで日本料理大人気なようです。



だけども、お味噌汁を頼んでもいっつも小さな器でしか出てこないから、
こんなに沢山飲めるなんて、本当に嬉しい!と、
なんとお代わりまでしてお味噌汁を飲みまくる彼女。




いやーーーー、ほんっと、つくづく変なロシア人だわ。笑




その後も事あるごとに、お味噌汁作って欲しい!とリクエストされ、
具を少しずつ変えながら、色々とお味噌汁作ってあげました。



最後には作り方をマスターして、
今度旦那さんに作ってあげる!と意気込むタチアーナ。




こういうのって、たまらなく嬉しい。




タチアーナはいつも、
私のことを、私の文化を、とっても興味を持って接してくれて。



それだけで、本当に彼女は人として魅力的だなーって思う。





その他、ロシア料理は、こんなの作ってくれました。
Leipzig-143


名前が長すぎて覚えられなかったんだけど、ピラフみたいなもの。


ちなみに、向こうに見えてるのは、お味噌汁ね。笑
和と露のコラボです。



で、このピラフみたいな料理、
ご飯のようなものなんだけど、ご飯ともちょっと違う。




これ何でできてるの?
って聞いたら、
タチアーナも英語でなんて言うのかわからないらしく、
Google翻訳先生に、ロシア語でタチアーナが打ち込んだワードを日本語にしてもらうと。







なんと。






蕎麦!
でした!



まさか、ロシアで蕎麦の実を食べているなんて。
全く知らなくて目から鱗。



しかも調べたら、ロシアは蕎麦の消費量世界一なんだって!




日本じゃないんだ。
ていうか、日本人以外がそばを食べてるなんて想像したこともなかった。



色々と面白い。



とにかく毎日、何かとお互い料理を作りあって、
楽しみまくったライプツィヒでの食生活。



今度会うときは、お互い更に料理の腕に磨きをかけて、
またコラボレーションできるといいな!




料理はこの旅でさらに興味が湧いたことの一つ。
更に精進、いたします!





◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

7年ぶりの感動の再会

グーテンターク!





※オリンピックの開会式、最高すぎて今思い出しても涙が出そうです。
が、超ハードスケジュールすぎて写真の整理が全くできていないため、
先にまだアップしきれていないドイツの記事をアップします!






ドイツのベルリンをあとにしてやってきたのは、
電車で1時間ちょっとの、ライプツィヒという街。
Leipzig-2



この街で、ある女の子との再会の約束をしているためです。



ロシア人の友達、タチアーナ。


私が学生の時にイギリスに短期留学した際、
1番仲の良かった友達です。




この旅の途中に会えたら会いたいとは思っていたものの、
彼女が今住んでいるのはドイツ。



当初、ドイツは既に行ったことがある国で、
訪れる予定ではなかったため、
会うのは厳しいかなーと思っていたのだけど。



航空券などなどの関係でドイツにくる事になり、
真っ先に彼女に連絡したところ、
二つ返事でぜひうちに泊まりにおいで、と言ってくれました。





とは言え、なんせ7年ぶりの再会。




私もこんな事してるとは言え、
社会人も経験して結婚もしたし、
彼女は彼女で数年前から海外に住み始めて、
去年結婚したと聞いていました。




22歳のときよりも、色々と状況が変わっている私たち。




やっぱり会う前は緊張します。




ライプツィヒの駅に到着して、
指定された待ち合わせ場所に向かいながら、
私の知ってるタチアーナのブロンズヘアを探します。




が、向こうから手を振ってきたのは、
髪の毛真っ黒の女の子!
Leipzig-3


しかも、ベビーカー押してる!





えーーーー!!!!!



とりあえず戸惑いながらも、
7年ぶりのハグ。


弾けんばかりの笑顔と、一輪のヒマワリを用意して迎えてくれたタチアーナ。
Leipzig-6



真っ先に、
子供もいたの!?
と聞いたら、
友達の子供を預かっているだけよ~
と。




びっくりしたあああ。




そしてタチアーナが開口一番、
さおり、全く変わってないねえ!!安心したよ〜
って、言ってくれて。





タチアーナも、髪の毛の色以外は全く変わってない!!


相変わらず陽気で、とってもキュートな女の子!




友達のところに、かわゆいこの男の子を親元へと返しに行きがてら、
中央駅から歩いて15分ほどのタチアーナの自宅へ。




家で待っていてくれたのは、
タチアーナの旦那さん。




ではなくて。




タチアーナの愛犬、マイラくん!!
Leipzig-145




ミニチワワ可愛いすぎ。




タチアーナは、去年同じロシア人の10年付き合った人(!)と結婚したのだけど、
大学院の博士課程を取るために4年前から住み始めたここ、ライプツィヒに残り、
まだまだ自分のやりたいことをここでやりたいのだそうで。



旦那さんは自国のロシアで仕事をしており、
近い将来、一緒に住むことを目標に、
今はお互いのやりたいことやって、別に暮らしてるそうです。





えっ

これ。



類は友を呼ぶってやつですか??笑



お互い結婚してるのに、旦那さんなしで会ってるっていう、
面白い状況。





お互い、会ってなかった期間の話をアップデートして。



前にイギリスで一緒にいたときも、
タチアーナとはなぜかとても気が合った。



よく学校のあと一緒に遊びに行って、いろんな話をした。




当時付き合っていたお互いの彼氏の話しして、
(結局タチアーナはその時付き合っていた人と結婚したと!すごい!)
彼氏と喧嘩して落ち込んでると、お互い慰めあったりして。



懐かしいなあ。




外国人の友達だと、
どうしても言葉の壁もあるし、
文化的な背景も違うから、
話が食い違ったり、会話が続かなくなった経験は今までにもあるけれど。



タチアーナとは、不思議と会話が続く。
なんだかわかんないけど、ずーっと話していられるのです。



恋愛の話も、結婚の話も、仕事の話も、家族の話も、お互いの国の文化の話も。




それは私が劇的に英語が上達したわけでもなんでもなく、
要するに、話す側の伝えたいという気持ちと、
聞く側の受け止めたいという気持ちが、
しっかりと一致しているからなんだと思う。




気の合う友達とは、そういうものだ。




だから、ずーっと彼女とは会いたかった。
ずっとずっと。




まさかもう一度会える日が来るなんて!



信じられないねーって何度も言いながら、
久々のタチアーナとの時間を楽しみました。
Leipzig-84




会った初日は、ロシアの料理を作ってくれた!
Leipzig-11

ピルミニという、餃子みたいな食べ物。



ここ来る直前にグルジアで食べたヒンカリと似てます。



やっぱり、ロシア近辺~東ヨーロッパのあたりでは、
中国からの影響で、こういう餃子みたいな、肉を皮で包む料理が多いみたい。



このピルミニは、水餃子みたいに茹でて、
そこにペッパーとバターを溶かして出来上がり。
Leipzig-10



美味しくないわけがない!


バター味は新鮮だったけど、
かなりいけました。




アップルパイも焼いてくれて。
Leipzig-13


タチアーナ、ありがとう!!



到着した瞬間から、
自分の家にいるかのように、リラックスしてね
と、言い続けてくれて、ほんっとに居心地良く過ごさせてくれます。




このタチアーナの家で、数日間お世話になりつつ、
ライプツィヒを楽しみます!




◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ベルリンの風景

グーテンターク!



ベルリンは、とにかく絵になる街。
Berlin-38



決してキレイではないです。
Berlin-122



適当にとった宿は、ベルリンの東の方にあるホステルだったのだけど、
この東ベルリンは特に、正直かなり汚い。


グラフィックアートだらけだし。
Berlin-130



なんだけど、
それがまたものすごく絵になってる。



たぶんこれらのグラフィックアートは、
落書き、なのではなくて、
本当にアートとして書かれているような感じさえしてしまう。





ベルリンにいる間、
交通費と食費を除いて、
観光のために使ったお金はゼロ。


一つだけ、現代美術館に行ったけど、
無料の時間帯を狙っていったので、
ほんとに全くお金を使いませんでした。


それでも毎日、見るものがたくさんあって、
街を歩いているだけで、夢中になって写真をとってる自分がいました。



ミッテ地区はおしゃれなギャラリー街。
Berlin-74
Berlin-107
Berlin-78


だけど、ちょっと路地を入るとこの通り。
若者たちの文化の共有の場がどこまでも広がっていきます。
Berlin-282
Berlin-293
Berlin-287






壁画が多いのもこの街の特徴。
Berlin-106
Berlin-105
Berlin-96



オシャレな扉。
Berlin-51
Berlin-300






おじちゃんもかっこ良い。
Berlin-32


写真とって良い?
と聞いたら、しっかりポーズとってくれた。
絵になるわー。





ベルリンのシンボル、熊さんは至る所にいます。
Berlin-217
Berlin-196
Berlin-349


女の子たちかわゆい。
Berlin-148





ベルリン滞在中、天気はずっと良くなくて、
雨がざざーって降ったり、急に晴れたりの繰り返しでした。
Berlin-326


こんな黒い雲、なかなか見れないよ…
Berlin-194


とっくに折りたたみ傘もなくしたけど、
この数ヶ月、ほとんど雨に降られなかったので
それでどうにかなってたのに、仕方なく傘も買ってしまいました。



でもね、雨が降ったり晴れたり、だと、
やっぱり楽しみなのは。


あ、これは出るぞ、と思って後ろを振り返るとやっぱり。
Berlin-256


虹、です。



みんな大雨の中立ち止まって、
大きな虹を眺めていました。
Berlin-254






駅。
Berlin-213
Berlin-124


そして電車。
Berlin-125



ベルリンの市内は、交通網が隈なく張り巡らされているけど、
ベルリナーの重要な足と言えば、自転車。
Berlin-352
Berlin-351
Berlin-389



スーツの人も、学生も、スポーツウエア着てる人も、
みんなかっこいい自転車に乗っていました。





そんなこんなで、こんな風景を眺めていると、
一気に時間が過ぎていってしまうベルリン。
Berlin-297





今回の訪問で、かなり大好きな街になりました。


次回くるチャンスがあったら、もっとじっくりじっくり、
深くまで遊び尽くしてみたい場所、です。
Berlin-414





◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ドイツで食べる美味しすぎるラーメン

グーテンターク!



ベルリンに来ることになって、
アートと同じくらい、
いやもしかしてそれ以上、楽しみにしていたことがありました。




ずばり、ラーメン!!!




ドイツでラーメン?



私もそう思ったのだけれど、
かなりレベルが高い、いわゆる日本のラーメンがベルリンで食べられるとの噂。




というか、もうとりあえずレベルとかどうでもいい。
私は日本のラーメンが食べたいのだ。




帰国日が決まって、もうすぐ日本か、と思った瞬間から、
むしろ止まらなくなってしまった日本食への思い。




醤油は持ち歩いてるし、
自炊できるところではかなりの頻度で日本食は作っているので、
思ってたよりは我慢できているけれど、
それでも自炊じゃできない日本のご飯、
ラーメンと、美味しい焼肉などに対する我慢がすでに限界。




facebookでラーメンや焼肉の写真がアップされてると、
もうたまらない思いに駆られます。笑




というわけで、行ってきましたよ!


ベルリンのラーメン!



どうやら、噂のレベルの高いラーメンはベルリンに2軒あるらしく。

検索したらどちらもすぐに出てきました。



まずは一つ目。
ラーメン誠。
Berlin-11



ま、何を隠そう、ベルリン着いて、
宿に荷物置いて、まず真っ先に向かったのがここなんですけどね。笑



店内入ると、
いらっしゃいませ〜
との日本語。
落ち着きます。



そして頼んだのがこれ。

トクミソラーメン。
Berlin-14


野菜が食べたかったのと、
味噌ラーメン大好きなんです、私。


お値段は8.5ユーロ(約850円)
悪くないです。
円高っていうのもあるけど、
海外で食べるラーメンなので、
もっと高いと思ってました。


しかもこのメニューはまあまあ高い方だったので、
他のラーメンはほとんど全てこのお値段以下で食べられます。


しかもこれはピリ辛。



スープ!!めっちゃ美味しい!!!



ラーメンに飢えてたのと、お腹が空きまくってたのとで、
もう涙ちょちょぎれそう。



ただし、麺がちょっとだけ残念。


ストレートの細麺で、豚骨ラーメンとかに入ってそうな麺。



けど、そんな贅沢を言ってる場合では無い。
久々にありつけた日本のラーメン。最高です。






そしてもう一軒。

ラーメン誠からほど近い場所にある、
ココロラーメン。
Berlin-310

こちらは夜のみ営業です。



で、ここは豚骨が有名らしいので、
豚骨ラーメンを注文。
お値段は10ユーロ(約1000円)



ラーメン誠よりは全体的にややお値段高めではありますが、
他のラーメンも8ユーロ〜10ユーロ程度で食べられます。



で、出てきた豚骨ラーメン。
Berlin-306



いわゆる、博多の豚骨ラーメンとはちょっと違う。
なので、熱狂的な博多豚骨ラーメンファンの方には邪道かもしれないです。



が。
特に博多ラーメンに熱い思いがあるわけではなく、
むしろちょっと濃すぎて苦手、
くらいの私にとって、このラーメンは、
超絶品!!!



これは、ほんっとに美味しかった。


麺も、ラーメン誠のようなストレート細麺ではなくて、中太縮れ麺。
わたしが一番好きなやつ。



で、この麺が、いわゆるこってりの博多豚骨ラーメンに入ってたらたぶんイマイチ、
になるんだと思うんですが、
スープもとてもあっさりしているので、
もうね、超美味。



スープも一滴残らず飲み干しましたよ。



いわゆる豚骨ラーメンを想像してる人はがっかりしてしまうかもしれないけれど、
こういうものとして食べると、
もう海外で食べるラーメンとは思えないくらい、
スーパーハイクオリティです!!




感動した!!!!



というわけでチャージ完了。笑


日本じゃ、なかなか一人でラーメン屋さんに入れないけど、
海外だとできてしまうものです。
旅の恥は掻き捨て!!笑







ちなみに、どちらのお店も店員さんは日本人ばかりですが、
お客さんは地元の人が8〜9割くらいで、
ものすごく繁盛していたので驚きました。





ドイツでは日本食がかなり人気みたいです。
寿司バーもそこかしこにあります。







あと、一応ちゃんとご当地ものも食べました。



正直、前回にドイツに訪れた時に、
私はビールも飲めないし、
ドイツ料理って言ったって、ソーセージとイモ!っていうイメージしか持てなかったので、
今回は別にドイツ料理はゼロでも良かったのですが。笑



一応ね。



なんでも、ベルリンではカレーソーセージというB級グルメが有名らしいので、
一番有名なお店に食べに行ってきました。



UバーンのEberswalder Straßeという駅の高架下にあります。



昼どきに行ったら、かなり賑わってました。
Berlin-204


人も結構並んでいて。
ファストフードなので、待ち時間はほんの少しだけですが。
Berlin-205



どうやら、カレーソーセージとは、
ソーセージの上にケチャップとカレーパウダーをかけたものらしい。



そして、そのソーセージが白いソーセージで、
これがベルリンのご当地ものなんだそうです。
Berlin-207



お値段はソーセージ一本とフレンチフライで、
3.2ユーロ(約300円)です。
Berlin-208




味は。


まあ、うん、普通かな〜?笑


特に感動はありませんでした。



むしろ、これを食べたことによって、
アイスランドで食べた死ぬほど美味しいホットドッグを思い出して、
あれが無性に食べたくなりました。笑



ドイツ料理は前回来た時はちゃんとしたレストランで食べたりもしたけれど、
まあこんなもの、なのかな〜




むしろ、都会でなんでもあるので、
ドイツ料理以外の食べ物が充実していて、
それがとても楽しいです。



もうすぐ日本帰るけど、
我慢できずに食べてしまったラーメン。



でも、大満足!!


やっぱりラーメンは日本人の心だねー。


ドイツには、日本人駐在員の多いデュッセルドルフにも
美味しいラーメン屋さんがあるとのこと。


旅してて、ラーメンが食べたくなったら、ぜひ、ドイツへ。笑



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
プロフィール

saori

Author:saori
1983年6月生まれ。
2010年9月に結婚。

のらりくらりと紆余曲折を経て、
会計士として4年間勤めた職場を2011年末で退職。

旅行中毒。
音楽大好き。
映画大好き。

思い立ったら実行しないと気が済まない性格が災いし、
夢のまた夢だった世界一周を本気で叶えることにしちゃいました。

2012年1月から、東周りでの世界一周、スタートしました!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中♪
応援宜しくお願いします!

一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
Follow me
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。