FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

本物のアウンサン・スーチーさんに遭遇!

ミンガラーバー!






遂になぎさのミャンマー旅、ラストデイ。





前日は、ゆーきくんをお見送りしたあと、
とーるくんにヤンゴンのナイトライフ第一弾として、
ミャンマー版キャバクラに連れて行ってもらいました。
Yangon-71





これがかなり、面白くて、
女の子の多さと、そのクオリティにただただ驚くばかり…





で、途中でファッションショーなるものが催されるんだけど、
もうこれがインパクト大すぎた。





女の子たちが、次から次へと色んな服を着て、
ステージを歩くんだけど、
モデル歩きをしてる子なんて1人もおらず、
みんな下向きながらつまんなそーに、歩いてる。





そして、その洋服、どこで買ったの?みたいな服を着てる子もたくさんいて、
ずっと飽きずに、かじりつくように見てしまいました。





なぎささんは、相当お気に入りのようで、
翌日もまた行きたいとか言ってた。




私は一回で十分だったけどね。笑









ここまでもたくさん遊び尽くしてきて、
疲れが溜まってること間違いなしのなぎさだけど、
最終日はしっかりとヤンゴン観光です!






まず朝イチで向かったのは、
シュエタゴン・パヤー。
Yangon-81



ヤンゴンの中でも、いや、ミャンマーの中でも1番有名なお寺です。



あいにく、天気はイマイチだったけれど。




超立派。
Yangon-95




僧侶もたくさん。
Yangon-94





ガイドを頼むと10USドル(約800円)かかるので、
普通に自分たちで回ってると。



一緒に回りませんかーと声を掛けてきたガイドさん。




すでに、2人の日本人の方が雇ってるガイドさんだったようで、
お金払ってないし、いいです!
とお断りすると、
既に雇ってる日本人のおじさまたちが、
彼も女性がいた方がいいみたいだから、
一緒にガイド聞いて構わないよ~

と言ってくださり、便乗することに。





これ、女性の特権です。笑






おなじみの、自分の八曜日のところでお参りして。
Yangon-90
Yangon-100



最後にガイドさんと!
Yangon-47








で、このあとは。




本日の目玉。





シュエンタゴン・パヤーの近くに、
アウンサウンスーチーさん率いるNLD(国民民主連盟)本部があり、
そこにアウンサン・スーチーさんのグッズが売ってるとのことで、
そのグッズを買いに行くことに。





お父さんに、
スーチーさんによろしくと言われたというなぎささん。
私も興味があったので、一緒にNLD本部へと向かいます。











ミャンマーと言えば!



アウンサウンスーチーさんを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。





長らく軍事政権の圧政が続くミャンマーで、
度重なる軟禁状態を強いられようとも非暴力主義を貫き通し、
ミャンマーの民主化へと大きく貢献している、生きる伝説です。






ミャンマーは今もなお実質的に軍事政権が国会の25%を握っていますが、
一昨年に再び軟禁を解かれたスーチーさんは、
政治活動を再開、今年の4月に行われた選挙でNLDから立候補、
見事当選を果たして、議員に就任しています。





まさに、激動の真っ只中にいるミャンマー。





日々、民主化に少しずつ近づき、
海外からの経済制裁も緩和され、
今後一気に変わっていくであろう、国。



普通に観光していると、
人々は本当に優しいし、
仏教でいうところの慈愛の精神がとても浸透している国で、
全くもって政治混乱が続いている国とは思えないんだけどね。




スーチーさんのようなリーダーが支持されている限り、
国が変わっていっても、
こういう人々の優しさ、慈愛の精神は、受け継がれていくことでしょう。
と、信じたいですね。






ミャンマーに入ってからも、
予想通りスーチーさんに対する人気はすごいものだと色んな場面で感じました。





普通のお土産物やさんにもたくさんスーチーさんグッズが売ってるし、
各家庭を覗くと、必ずと言っていいほど、
スーチーさんの絵やカレンダーが飾ってあります。
Poppa Mt.-86
チャイティーヨー-126





スーチーさんは、今もなお、ミャンマーの超国民的アイドルなのです。


女性としても、色んな意味でとても美しいイメージ、あるしね。







今年、リュック・ベッソン監督の作品で、
スーチーさんの半生を描いたこんな映画も公開されていたみたい。



「The Lady アウンサウンスーチー 引き裂かれた愛」




かなり評判の良い映画なので、
私も帰ったら見ようと思います♪







スーチーさんの話が長くなりましたが、
本題に戻ります。






シュエタゴン・パヤーから移動して、
NLD本部の前を訪れると。





ものすっごい人だかりが。
Yangon-108





本来であれば、ここでスーチーさんグッズが普通に売っているはずなんだが??








タクシーの運転手さんが、一言。


スーチーカムバック。




え、今なんと!?




スーチーさんが今戻ってきてるって!?!?






ぎょえーーーー!!!!



まさかまさかまさかー!











人だかりの中に入っていき、
報道陣らしき人に聞いてみると、
NLD本部で今まで記者会見をやっていて、
これからスーチーさんが出てくる
、と。
Yangon-110







なぬーーーー!!!!






超興奮するなぎさと私。






なぎさのお父さん、冗談でスーチーさんによろしく~なんて言ってたんだろうけど、
まさかまさか、本物に会えるかもしれないなんてー!!!






これはもう、出待ちするしかない。



てなわけで、待つこと数十分。
Yangon-112


この目の前にある車に、
スーチーさんは乗り込むらしい。







でも、なかなか出てこない。






ただでさえ蒸し暑いヤンゴン、
人が多くて更に暑い…









で、遂に。




周囲がざわざわとし始めて。




出てきた!!!!





スーチーさん、緑色のキレイな服を着てるーー!!!!






でも人が多すぎて、
写真全然撮れない!!涙
Yangon-118






というわけで、
ベストショットはこれ!
Yangon-119



車に乗り込む瞬間の、スーチーさん。笑




期待させて、ごめんなさい!








わー!スーチーさーん!
Yangon-127
Yangon-128



目の前を通り過ぎていったよー。





結構待ったけど、姿を現してから車に乗り込んで出て行くまでは、
実にあっという間のできごとでした。





こういうの、慣れてるんだろうなーという感じ。
周りのSPたちも、スーチーさん本人も、
実に慣れた動きで、颯爽と車に乗り込み、
その場を去って行きました。








でも、まさか、本物のスーチーさんに会えるなんて、
夢にも思ってなかった!!




とーるくん曰く、
ここ最近のスーチーさんは、
国会が開いてるときは首都のネーピードーにいて、
それ以外のときは外遊で海外にいることが多いので、
ヤンゴンにスーチーさんがいることはほとんどないそう。





というわけで、めちゃくちゃラッキーだったわけです。






数日前のミャンマーのキムタクに遭遇したことに引き続き、
うちら、この旅だいぶ持ってるよね、なぎさ!!!


色々とあったけどさ!!笑








本物のスーチーさんを見たあとの、
スーチーさんグッズ購入は、
それはもう購買意欲が頂点に達しているわけで。笑
Yangon-133
Yangon-134





なぎささん、Tシャツ2枚購入って!どんだけ!








そんなこんなで、
もうだいぶミャンマーでやり尽くした感たっぷりの私たち。
2人旅は最高のエンディングを迎えたわけで。











このあとは、ヤンゴンにオープンしてまだ5ヶ月あまりという、
日本語ペラペラの台湾人が経営するマンゴーかき氷食べて。
Yangon-136





お腹壊してる私は、
タピオカミルクティーで我慢。
Yangon-137





このお店、最新の歩き方に乗っているようですが、
かなりオススメ!




ミャンマーは今、マンゴーはシーズンじゃないらしく、
マンゴー大好きななぎさと私はかなり落ち込んでいたのですが、
ここで少しマンゴー欲が満たされました。









そして、スーパーでなぎさのお土産購入に付き合って。






マッサージ行って旅の疲れを癒して。







で、夜はとーるくんと高級ホテルのロビーで待ち合わせして。
Yangon-141



王様!






なぎさラストデーなので、
少し良いレストランで、タイ料理!
Yangon-145






私たちの泊まってる宿があるヤンゴンのダウンタウンは、
かなり汚くて雑多な感じですが、
とーるくんや日本人駐在員が住んでる、
ダウンタウンの北のエリアは、
オシャレスポットなようでして。
良いレストランがたくさんあるそうです。




ミャンマーらしからぬ超豪華料理で締めて。
Yangon-143







なぎさは翌朝のフライトで帰国ですが、
やっぱりもっと遊びたい!ってことで、
このあとクラブへ。



とーるくんご用達の?クラブに連れて行ってもらいました。




ミャンマー人も、踊るんですね。






いわゆる超流行りのポップスがかかってるクラブで、
LMFAOとか普通にかかってた。






おそらく、ミャンマー人のなかではイケてるであろう、
最先端の人々と、
それを狙ってる女の子たちを人間観察しつつ、夜が更けていき。







色々と楽しんだねー。
これでなぎさとの旅ももう終わりかー。





と、この旅のことを思い返しながら宿に帰ると。







ここで、終わりじゃなかった!!






またもや事件勃発。








次回へ、続く♪


◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

saori

Author:saori
1983年6月生まれ。
2010年9月に結婚。

のらりくらりと紆余曲折を経て、
会計士として4年間勤めた職場を2011年末で退職。

旅行中毒。
音楽大好き。
映画大好き。

思い立ったら実行しないと気が済まない性格が災いし、
夢のまた夢だった世界一周を本気で叶えることにしちゃいました。

2012年1月から、東周りでの世界一周、スタートしました!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中♪
応援宜しくお願いします!

一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
Follow me
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。