FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

衝撃の中国長距離バス。そして、葛藤

ニーハオ!






居心地の良すぎた大理をあとにして、
これから成都まで大移動です!





予定では、22時間かかるそうで。






そんな長い時間、バスに乗るのなんて、いつ以来だろう。
たぶん南米以来。






さすが、中国。



デカイです。




チケットの値段は377元(約4700円)

結構良い値段ですが、
飛行機だと直前だからか、
距離の割に15000円くらいしてしまうので、ここは我慢してバス。






で、この長距離バスが、噂のアイツだった。
Chengdu-6



ずばり。




スリーピングバス。




バス車内にあるのは、座席ではなく、二段ベッド!!!
Chengdu-0



寝台列車のバスバージョンってとこでしょうか。






こんなバス、見たことありますか?


私は初です。





中国の長距離バスはこういうのがあるって聞いてたけど、
いきなりお目見えです。





緊張しながら乗って、
13時に大理を出発した寝台バス。






うわー!と興奮するのも束の間、
決して車内はキレイではなく、
ベッドとか虫でたりしないよねえ?とちょっと心配になり。






中国の富裕層は、絶対にこんなバス乗らないんだろうなあああ。






そして、乗客は、たぶん外人は私一人で、
ほとんど中国人のおじさん。







ちょっとばかし、臭いも気になったりもしつつ…
みんな靴脱ぐからねえ。笑






そして、中国人の方々、
期待を裏切らず、あの、ガーーーーペッッっていう、
痰を吐くやつ、あれどこでも皆さんやってらっしゃるんですが、
それ、バスの中でもやるんですね。




びっくりしました。



バスの中でも、ゴミ箱の中に痰を吐く。







そして、車内で平気でタバコを吸う。





一応、乗務員ぽい人が注意してたけどね。
聞かないよね、そんなの。






これはもう、あれです。
心を無にするっていう方法しかないのです。






途上国とかで遭遇した汚いトイレとかに入る旅に、
どんどん習得していった技。





でも、こんな長い時間はなあーーー。






不安な中、
恐る恐るベッドに寄りかかり、
ブログ書いたり、音楽聞いたり…




周りで何が行われようとも、
自分の世界に浸ることで心を無にし、
気付くと…





ガン寝してました(-_-)zzz











あーだこーだ言いましたが、
ガン寝できたんで大丈夫そうです。笑










そして途中、立ち寄った食堂で。





ここで、運転手はじめ、乗客の人たちが、
私が外人だと知って、ご飯のシステムとか色々教えてくれて。





他にも、色々と話しかけてきてくれるんだけど、
中国語なので、まったく分からなくて、
わからないーってジェスチャーすると、
みんな笑って、まあまあ、みたいな雰囲気で和んでる。






今まで、臭いだのなんだのって色々と書きましたが、笑
中国人、みんなとても優しい。








あまりのイメージの良くなかった中国人だけど、
やっぱり個人レベルでは優しい人が多い。







愛想が良いわけじゃないので、
あまりニコリとはせず、
こっちが中国語話せないから怒ってるのかなーとか思ってると、
全然そんなことはなくて。






道を尋ねるとちゃんとそこまで連れていってくれるし、
水買ったときは、私がレジに持っていったら、
それは5元(約65円)するけれど、これなら1元(約13円)だ!って
違う種類のお水もってきてくれたり。







だけれども。







何人?と聞かれると、必ずどう答えようか迷う。





この時も、中国語だけど、
どこから来たんだ?
と、私に質問しているのがわかった。






この人たちは、私が日本人だとわかっても、
こんな風に優しくしてくれるだろうか。




日本人だとわかった瞬間に、
態度が変わったりしないだろうか。




中国に入ったことを親に報告した
とき、
何人?と聞かれても、
必ず韓国人と答えなさい。

と言われた。





ごもっともだと思う。




こんな時期に中国くる方がいけないのはわかってるし、
女一人で旅をしている以上、
どんな些細なことでもリスクになるようなことは排除していかなければいけない。





でも、
何人?と聞かれて、
韓国人
と答えれば良いだけのことが、
こんなにも葛藤を伴うとは思ってもみなかった。






本当は言いたい。



私は日本人だー!


って。



それでも、私はあなたたちのことは心から尊重するし、
むしろ、あなたたちのことを、もっともっと、知りたいのだ、
分かり合うことで、きっとまた新たな価値観が生まれると思うんだ、

と言いたい。





でも、やっぱり。





中国語ができるならまだしも、
しがない日本人旅行者、しかも女一人の私には、
危ないことはできない。






唇をかみしめながら、
苦笑いをしながら、



韓国人だよ


と答えるしかないのです。




悔しいけど。





この時も、このあとまだ15時間以上、
ずっと密閉されたバスという空間の中で共に過ごす人たちに、
もし万が一何かされたら逃げられないし、
やはりそう答えて正解だったと、後から考えてもそう思います。




こんなに和んでて、良い人たちが、
私が日本人とわかっただけで、
そんな悪いことするはずがない、そう思いたいけれどね。





そんな葛藤を抱えながらバスに揺られ。





朝方、寝ていると起こされて、
成都だ!
と。



え、時間的にはまだ5時間以上かかるはずじゃ…??





でも、降りてみたら、
成都大学とかの看板があって、
ここが成都であることに納得。





まだ朝の6時で辺りは暗く、
どこのバスターミナルに降ろされたのかもわからず、
人通りもほとんどない中、
タクシーの客引きのおじちゃんにまんまとぼったくられ、
宿に到着。





大都会、成都。
早速やられてしまい、落ち込みながらチェックイン。




けど凹んでるヒマはないー!
ここではやらなきゃいけないこと盛り沢山。




チベット旅に行けるのか。
まずは調査開始です。


◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

ゴミ捨て場?

だんだん中国らしくなってきましたね。

寝台列車も凄かった。中国人が降りて、代わり乗車したわけですが、まさにゴミ捨て場状態。私も他の客(外国人でしたが)驚きの余り 固まってしまいました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

そんなバスがあるんですね!
きっと汽車みたいに独特な雰囲気なんでしょうね?
楽しそう( ^ω^)

それと…韓国人と名乗るのは…
日本人と名乗るよりも危険な可能性が大きいです…

中国の男性は基本女性に手をあげることをすごく恥に思うので、メンツを大事にするためたぶん日本人と名乗っても何も起きないかと思いますが…それも人によりますね…

今回みたいな密封した空間ではそれでよかったかもしれませんが
どうしても怖いのでしたら、英語が得意ならシンガポール(新嘉坡)人だと答えたほうが印象的にいいかもしれません、華僑が多いので(´・ω・`)

責任は持てませんが、普段は日本人と名乗っても大丈夫かと思います、それで差別する人は政府に騙されている学のない人だと思ったほうがいいと思いますよ( ^ω^)b

また都会と田舎の対応がまた違ったりしますので、気をつけてくださいな(・∀・)

No title

勇敢だなぁ。俺は自分の国籍を偽ってまで旅できないなぁ。身を守る手段だとしてもその手段を使うことができないわ。いろんな人から話聞くけど、日本人って言わない方が無難みたいだね。
さおりさんのブログ読んでて中国人にも良い人がたくさんいることがよく伝わってくるけど、人好きな自分としては人種差別される国には行きたくないな。。
take care.

うどんさん

このあと、寝台列車に乗るかもしれないのですが、
やっぱり列車も同じような感じなんですね…
うう、先が思いやられます。笑
覚悟して臨みます>_<

Mさん

そうなんですか…
韓国人と名乗るのも危ないんですね。

どの国籍で答えるにしても、それによって差別する中国人もいるし、そうじゃない人もいますよね。
難しいところですが、引き続き気を付けます。色々と教えていただきありがとうございます!

とるくん

まさに、国籍を偽ってまで旅するなんて、って超自問自答しまくりだよ。
親からも、なんでそんな思いしてまで旅してるの?ってメールきたし。笑
まあ今回はチベットに行きたくて中国に来たわけだけど、こういう時期だからこそ感じられることも沢山あるし、とりあえずは来れて良かったなって思ってるよ。
引き続き気を付けます、ありがとう!!
プロフィール

saori

Author:saori
1983年6月生まれ。
2010年9月に結婚。

のらりくらりと紆余曲折を経て、
会計士として4年間勤めた職場を2011年末で退職。

旅行中毒。
音楽大好き。
映画大好き。

思い立ったら実行しないと気が済まない性格が災いし、
夢のまた夢だった世界一周を本気で叶えることにしちゃいました。

2012年1月から、東周りでの世界一周、スタートしました!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中♪
応援宜しくお願いします!

一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
Follow me
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。