FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

合い言葉は、タシデレ!

タシデレ!
(チベット語でHelloの意味です♪)








タシデレ、という言葉をこの日一体、何回使っただろうか。









高山病に苦しめられた昨夜から一転、
メンバー4人とも幸いなことに、一晩でだいぶ体調も回復し。







この日は朝から理塘(リタン)を散策です。






ここ理塘は、四川省のかなり西の方、
世界で最も標高が高いところにある町の一つと言われています。







チベット自治区の域内には入りませんが、
もともとチベット族が住んでいた町で、
今もその文化が色濃く残っている場所。





チベット問題については、ここで語れるほど私も深い知識を持ち合わせていないし、
ネットで調べればたくさん出てくるので詳細は省きますが、
中国の領地であるとして人民解放軍がチベット一帯を攻めた時、
この地方の人たちは最後まで抵抗したと言われます。







ここ理塘は、チベット仏教上、重要な人物、
例えばダライ・ラマ7世や10世の出身地でもあり、
そんなことも、この標高4000mを超える過酷な居住環境の地で、
先代の人々が必死に文化を守り続けてきた理由の一つなのかも知れません。
Litang-38








この一つ前の町、康定よりも、
更にチベット人の顔立ちの人がたくさんいます。







朝、早速、この町のゴンパ(僧院)までお散歩。





ゴンパまでの道のりでは、たくさんのチベット人とすれ違います。



早速出会った子供たち。
Litang-37
Litang-52
Litang-71








こんなにチベット人がたくさんいるところに来たのは初めてで、
ちょっと緊張するも。



タシデレ!





この挨拶をするだけで、みんな、びっくりするほどのはち切れそうな笑顔で、
タシデレ!と返してくれる。







チベット人は優しいと聞いていたけれど、
まさかここまでとは。







家の前にいたおばちゃん。
Litang-51

家のタルチョがキレイだったので、撮っても良い?と聞くと、
私も!と。笑





ピースまでしてくれました。




ゴンパに辿り着くまでの間に、
すでにたくさんのチベット人の人たちと交流しまくります。
Litang-74
Litang-75







チベット仏教では、聖地の周りを巡礼して歩くことを、
コルラする
と言うそう。



この日も、たくさんの人たちがコルラをしていたみたい。





その人々がみんな持っているのが、
このマニ車というもの。
Litang-80





チベット仏教には欠かせないもので、
この中には経典が入っており、
回すことで経典を読んでいるのと同じことになるのだとか。




で、このマニ車をみんなしてぐるぐる回してお祈りをしているわけです。





このおばちゃんが、
私たちにもマニ車を持してくれた。
Litang-112





思ったよりもとても重くて、
回すのは案外難しい。




そしてこれは時計回りに回さなきゃいけないんだけど、
私が間違えて反対に回そうとしたら、おばちゃん、めっちゃ焦ってた…

ごめんなさい。






マニ車は、それぞれ個人で持っているものもあるんだけど、
お寺にも大きいものがあって、
これを皆が回している。
Litang-56








更にリタン・ゴンパを目指して歩きます。
Litang-91








ゴンパは丘の上の方にあるんだけど、
まだ体も高地に慣れきっていないので、
とにかくゆっくり、ゆっくりと。





こんなすごい景色を見ながら。
Litang-94





そしてやっぱり、たくさんのチベット人たちとコミュニケーション取りながら。
Litang-95








これはゴンパの外壁?
青い空に映えます。
Litang-87









到着したリタン・ゴンパは、とてもキレイで立派でした。
Litang-131
Litang-142
Litang-139






私たちが到着したときは、あまりお坊さんもいなくて、ガランとしていました。
Litang-137






装飾の美しさがやっぱり中国のお寺とはだいぶ違う。
Litang-152
Litang-149











ゴンパを見学したあとは、
いよいよ隣にある丘の上へ。




ここからの眺めが楽しみで仕方なかった。
Litang-108




けど、酸素が薄い中、登るのは本当に大変。
みんなで、ゆっくり、ゆっくり。
Litang-177







目指すはあのタルチョがなびく丘の頂上!





タルチョとは、チベット仏教で神聖な場所に飾られる、五色旗。


5色の色はそれぞれ自然の要素を表しており、

白⇒雲
青⇒空、風
黄⇒大地
赤⇒火
緑⇒水


を表しているのだそうです。
Litang-53





このタルチョが、
カラフルなチベットらしさ、を演出してくれます。
Litang-199









そして丘の上に到着。
Litang-182







丘から見えた景色。
Litang-205






リタンの町が眼下に広がります。
すごい景色だ。
Litang-186






なんか、この景色を見て、
どんだけ遠くまで来たんだろ
って、しみじみ。







距離的には、日本からはヨーロッパや、それこそ南米の方が全然遠いはずなのに。






それよりも遥か遠くまで来たような気持ちに。







それは、単に移動が大変だった、というだけではなくて、
それほどまでに、
今までに全く知らなかった文化がここにあって、
その中で生活している人々がいて、
っていうのが、私にとって、とてもとても印象深かったからかもしれません。






町の景色の裏側には、さっきまでいたゴンパの全景。
Litang-184





全員で記念撮影!
Litang-203







いくらでもこの場所にいられるこの感じ。





わんこもまったり。
Litang-189






ツンさん、この景色を見て何を思っているのか。
Litang-262







そして、
丘の下の方から、
タシデレー!タシデレー!
と叫びながら走って来た女の子。
Litang-224






めちゃくちゃ可愛くて、
このあともしばし戯れてました。
Litang-237







ショウさんの写真の撮り方がやばすぎたけど。
Litang-259


ショウさん、これ、証拠写真ですから!笑











風は冷たいんだけど、
標高4000mを超える町では、日差しはとても強く、
寒さはあまり感じないという不思議な感覚。







町の方へ下りていき、この日はそれぞれみんな休養です。









私は、少し余力があったので、町の方へフラフラと。




理塘はかなり奥地なので、かなり田舎であることを覚悟して来たのですが、
やっぱり人がいるところにはモノが溢れるわけで。
Litang-294



四方を5000m級の山々に囲まれているということ以外は、
ここも至って普通の町並み。




銀行もあるし、商店も食堂も携帯電話屋さんもあるし、
というか町の人みんな携帯持ってるし、
近代化の波は予想を遥かに超えて押し寄せてきています。







この日は土曜日だったからか、町の中心は賑わっていました。



この地方の男性は、みんなこういう帽子を被ってる。
Litang-295





商店に入ったりすると、漢族の人たちがお店をやってることは多いし、
公安ももちろん漢族の人がそこら中徘徊してるけど、
でもここはもう違う国に来たみたいです。




顔も違うし、言葉も違う。






中国語教育の義務化が進んでいて、
それに反発するチベット人たちがデモを起こしたなんて話も聞きますが、
今まで筆談でなんとかしてきたコミュニケーションも、
ここの人たちは漢字すら読めない人も多く、
だんだんと通用しなくなってきました。








でも、とりあえずは、

タシデレ!

この言葉さえ知っていれば、
みんなが笑顔になってくれる。
Litang-104
Litang-106









この言葉と共に、引き続き東チベットの旅を続けます。
Litang-265




◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

東チベットの中でリタンが一番好きデス!ポタラインもそんなに汚い印象なかったけど。綺麗ではないですねw
本当にリタンはまた行きたいっ!
素敵な写真ありがとうございます。チベタンの笑顔に癒されました~!!

ダウト!

こ、これは・・・
首から上だけ合成したのでは!?
という疑問が読者(俺を含む)の間で
巻き起こっております。


たしでれぇ~~~

natsumiさん

リタン、とっても良かったです!
私たちのメンバーの中で、ナティさんブログ、かなり重宝させてもらいました!
ありがとうございます(^^)
ポタラインは、かなりヘタレなんで…シャワートイレの汚なさは、ちょっとしんどかったです。笑
体調が悪かったっていうのもあるかもしれませんが。
一緒にいたツンさんは、あんなに汚いトイレで吐いたなんて、屈辱的だ、と言ってたらしいです。笑

ショウさん

もうあがいても無駄ですよ( ̄▽ ̄)
ツンマリブログと合わせて、陥れちゃいました。ごめんなさい。笑
でも真実は真実はだから…しっかりと向き合ってください。笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

saori

Author:saori
1983年6月生まれ。
2010年9月に結婚。

のらりくらりと紆余曲折を経て、
会計士として4年間勤めた職場を2011年末で退職。

旅行中毒。
音楽大好き。
映画大好き。

思い立ったら実行しないと気が済まない性格が災いし、
夢のまた夢だった世界一周を本気で叶えることにしちゃいました。

2012年1月から、東周りでの世界一周、スタートしました!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中♪
応援宜しくお願いします!

一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
Follow me
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。