FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ワクワクが止まりません!

ナマステー!






ネパールに到着して、
すぐにバックパッカーが集まるタメル地区へと向かい、
私は翌日すぐに移動する予定だったので、適当な宿にチェックイン。








まだ16時前だし、とりあえず少しだけ散策してみようか、と、
早速外へ。
Kathmandu-74








移動で疲れてるし、
少しにしておこうと思ってたのだけど、
なんだか街がとても華やか。






今、ネパールでは、
ティハール祭
というヒンズーのお祭りの時期らしい!!




特に到着した日は、お祭り期間の最後の方で、
祝日だったらしく。





光の祭りと呼ばれるティハール祭りでは、
町中、電飾や、花で埋め尽くされていました。
Kathmandu-69
Kathmandu-85










花で作った見事なオブジェも。
Kathmandu-60








ヒンズーのエキゾチックなこの雰囲気、大好き。
前にインドへ行ったときも思ったんだけど、
ヒンズーの、ユニークな神様がたくさんいる感じ、
カラフルさ、そして音楽が、
かなり大好きで。







街はすっかりお祭りモードで、
なんだか、街を歩いてるだけで、
とにかく楽しい。超ウキウキ。
Kathmandu-78
Kathmandu-102
Kathmandu-109






道ゆく人たちがみんな、
ナマステー!と声を掛けてくれて。






ネパールは、ヒマラヤ山脈のイメージが強いので、
この時期はもう結構寒いのかと思って来たのだけど、
全然そんなことはない。



日中は半袖でも過ごせるくらいで、
朝晩は少し冷え込むけど、
暑すぎず寒すぎず、とても気持ちがいい気候。






そんな心地良さも手伝って、
なんだかどんどん歩いてしまう。
Kathmandu-89
Kathmandu-122








そして結局、宿のあるタメル地区から寄り道しながら30分以上歩いて、
ダルバール広場まで来てしまった。
Kathmandu-113


カトマンズは異常にたくさんの鳥が飛んでる。







ここは、カトマンズの中心に位置する広場で、
王宮やお寺がある場所。
Kathmandu-120




この3つの塔の真ん中にある、シヴァ寺にみんな登っていたので、
私も登ってみた。
Kathmandu-126




ちょうど夕暮れ時の時間で、景色はとてもキレイ。






空気がとにかく汚いで有名なカトマンズなので、
遠くの山はぼんやり、でしたが。







景色見ながらぼーっとしてると、
可愛い女の子が、
ヘナやらない?
と声かけてきた。







全くやるつもりは無かったのだけど、
ネパールきた記念に、悪くない!と、やってもらうことに。





12歳の彼女は、流れるようにどんどん絵を描いていき。
Kathmandu-130





この子、めちゃくちゃ可愛くて、
カメラ向けたら、
可愛い笑顔や変顔までサービスしてくれた。笑
Kathmandu-136
Kathmandu-141





ものの5分ほどで、完成。
なんか、チョコレートでペイントされたみたいな感じですが。笑
Kathmandu-132





ペイント後、乾くまで20分~30分おいて、
で乾いた絵の具をポロポロと取り除くと。





こんな風になります。
Kathmandu-186




インドやネパールでの、
女の人のオシャレです。









ヘナをやってもらってる間に、
今度は隣りにいたネパール人のおじさん2人と仲良くなり。






2人とも日本語が話せて、
1人はバブルの頃に日本に住んでたとかで、

いやー、あの頃の日本は良かったね、
けどあの楽しさは麻薬と一緒だね、


とかって話し始めて、
チャイまでご馳走してくれちゃうもんだから、
ついつい面白くて色んな話しちゃって、
気付いたら辺りはもう真っ暗。





今日は初日だし、
早めに帰ろうと思ってたのにー。




いやー、なんだかめちゃくちゃ楽しすぎて、
私、相当、テンション上がっちゃってます。






そして、そのうちの一人が、宿に帰るまで送ってくれることに。






これ、インド人だったら、
相当警戒しなきゃいけないけど、
ネパール人、本当に厚意だけでこういうことやってくれるんです。






歩きながら、色々と教えてもらって。
Kathmandu-146





帰り道、道に飾ってあるお祭り用の電飾がとてもとてもキレイ。
Kathmandu-157
Kathmandu-178








で、やっぱりお別れする時も、
特に連絡先を聞かれるわけでもなく、
もちろんお金を取ろうとするわけでもなく、
じゃあ、良い旅続けてね!って。




すごいな、ネパール。笑







顔とかはインド人と似てるし、
文化風習もかなり似ているはずだし、
あとは、街の汚さとかもインドに通じるものがあったりするんだけど、
でも、前評判に聞いてた通り、人の良さが全然違う。
なぜ!?笑







それでも、もちろんふっかけてこようとする客引きとか、物乞いはいるので、
気をつけなきゃいけない点はありますが、
けど、インドのそれとは比になりません。笑






そして夕飯は、日本食。
ここカトマンズは、なぜか日本食が多く、そのレベルが高いことで有名なんです。



さっき仲良くなったネパール人にオススメされた桃太郎というお店は、
お祭りでお休みだったため、ふる里、へ。




頼んだのは豚生姜焼き丼
Kathmandu-183




お味噌汁も久しぶりだー!
幸せすぎる。







てかもう、なに、なんなの!!!
居心地良すぎだし、
めちゃくちゃ楽しすぎるんですけど!!







ネパールは短い滞在になることはわかって来たつもりだけど、
初日にして、早くもまた来たい国ランキングのかなり上位にエントリー決定です。









やりたいこともいっぱいあるし、
ほんとどうしよう。
時間が足りない。








テンションが上がりきったまま、
翌日は時間がないので早速移動。






ポカラへ!






ポカラはヒマラヤ山脈が見渡せるという湖畔の町。




サパで出会ったドイツ人にも、
ネパールへ行くと話したら、

空気の汚いカトマンズはさっさと出て、とにかくポカラへ行け!

というアドバイスをもらっていました。




ポカラまではオンボロバスで7時間。
Pokhala-2




一応ツーリストバス、なんだけど、
椅子は汚いし、ガッタガタだし、
窓はバスの揺れで自然に開いてしまうっていう。笑







キレイな景色を見ながらぴったり7時間、ポカラに到着です。






予想通り沢山の客引きに囲まれ、
その中で、日本語が話せる、ちょっと紳士的なおじさまのところに付いていくことに。






そのネパール人、ラクスマンさんに連れてってもらったのは、
ポカラのレイクサイドエリアにある、サクラホテル
Pokhala-101







もう、日本人が大好きで大好きでたまらないといった感じで、
(ホテルの名前からして、って感じだもんね。笑)
私に、最上階の一番眺めの良い部屋を、
特別プライスで一泊800ルピー(約730円)で提供してくれるという。
Pokhala-7




もちろんシャワートイレ付き。
タオル付き。





私の部屋から見えるのはこんな景色。
Pokhala-8



もっと安い部屋はあるんだけど、即決してしまった。笑








そのあとすぐ、レセプションに行って、
今後の予定について、ラクスマンさんに相談に乗ってもらいます。





時間があまりないことと、やりたいことを色々と伝えて、
私に合わせて色々とアレンジしてくれるラクスマンさん。





かなり長時間拘束してしまったけど、
嫌な顔一つせず、ずっと相談に乗ってくれて。







で、テンション上がりっぱなしの私はここで決めた。





この人たちも信頼できるし、
やりたいこと全部やりきるために、
この国ではお金を使おう!と。







この国ではケチらない。
やりたいこと全部やるし、
移動も多少高くても効率的なのを優先で!!







私、テンションたかーー。笑







で、そのテンションの中で色々と予定を決め、
トレッキングなどなどの予約のアレンジをラクスマンさんにお願いし。





色々と話していると、
ラクスマンさんの二人の息子もやってきて、
みんな、日本語話せる!






しかも、お兄ちゃんの方は、
4月から日本に留学しに行く予定だそうで、
この日本大好き一家の宿で、楽しい滞在になりそうです。








色々とネパールでの予定が決まったところで、
ポカラの町をフラフラと。
Pokhala-12




ここも欧米人観光客で溢れている町ですが、
アジア人は中国人と韓国人がめちゃくちゃ多い。
相変わらず日本人にはほとんど合わない。





湖のところまではすぐ。
もうこの時間は暗くなりはじめてたけど。
Pokhala-15
Pokhala-16






この湖畔で、
木に結びつけてあるブランコで遊ぶ子供たち。
Pokhala-20




みんな、本当に愛想があって、可愛くて、
ナマステー!
って寄ってきてくれる。
Pokhala-65







ネパールは、インド系の人種を始め、
チベット系モンゴル系の民族とか、
かなり沢山の民族が存在する国。





くりっとした目、くりんとした長い睫毛、
そして、愛嬌の良さ。
Pokhala-35
Pokhala-52




ついつい夢中になって写真撮らせてもらっちゃう。
Pokhala-42
Pokhala-61






それを見てた近くにいるネパール人が、
あなたも写真に入りなよーって、撮ってもらった。
Pokhala-51









あたりが暗くなってくると、
電力が足りていないネパールでは、
停電が日常茶飯事。





この日も、宿に帰ったらちょうど停電。
宿の息子さんが、


すぐ直るから大丈夫だよー


と言うので、


どのくらい?


と聞くと、


2~3時間かな



って。






それ、全然短くないでしょ!笑
すぐ直るって言うから、てっきり15分くらいなのかと思ったよ。







ちゃんと停電したとき用の電気もあるし、
懐中電灯もあるから、
一応、なんとかはなるんだけど、
これが日常ってすごいなー。





日本では去年、震災のときに停電とかになって、
計画停電ですらも、大騒ぎだったもんね。






停電中に、テラスから外を眺めていると、
ほんのわずかな光しかないので、
星空が異常にキレイだった。







暗闇の中でぼーっとしていると、
感覚がどんどん研ぎ澄まされていく感じがする。





もう何もかもが最高すぎて、
ずっとワクワクしっぱなし。





また明日から、予定はてんこ盛り!
思いっきり、楽しみます!!


◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

ブログ村からきました
ネパールの人たち素敵ですね!そして美男美女が多い!?
行ってみたくなりました★

No title

俺らもサクラホテル泊まった〜!
ホテル近くのデイビーモモっていいうお店の日本食めっちゃいいよー。
あ〜、ポカラのような時間がゆっくり流れる世界へいきたーい!

ミズタさん

コメントありがとうございます!
そう、まさに美男美女が多いと思います。
ネパールはアジア系の血も入ってきてるので、インドほど濃くもないし。
特に子供達の可愛さは、愛嬌も含めて世界一だと思います!

元夫婦de世界一周さん

たっちゃん!コメントありがとう♪
2人もサクラホテルだったんだね!超偶然!
その日本食屋、わからない…見つけられなかった>_<
でも、カトマンズにもある桃太郎のポカラ店にはいってきたよ♪
わたしももうすぐ日本だよー!
たっちゃんもがんばれ!一家の大黒柱ー!笑
プロフィール

saori

Author:saori
1983年6月生まれ。
2010年9月に結婚。

のらりくらりと紆余曲折を経て、
会計士として4年間勤めた職場を2011年末で退職。

旅行中毒。
音楽大好き。
映画大好き。

思い立ったら実行しないと気が済まない性格が災いし、
夢のまた夢だった世界一周を本気で叶えることにしちゃいました。

2012年1月から、東周りでの世界一周、スタートしました!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中♪
応援宜しくお願いします!

一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
Follow me
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。