FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

トレッキングなのに、バス移動って、なんで??

ナマステー!









楽園のようだった宿をあとにして、
この日は、ここから更に標高が高い場所へと移動。
Himaraya Trekking-112







順調な滑り出しだったのだけど、
途中で、アシシくんがいつも通ってるルートが、
今日は閉鎖されているということが発覚。
Himaraya Trekking-118







違う道を行かざるを得ない状況になってしまい、
この道で行くの、初めてなんだよな…と、
かなり不安気なアシシくん。







ただ付いていってるだけの私はもっと不安。
Himaraya Trekking-126






まあ大丈夫だよ、心配しないで、
というアシシくんを信じるしかありません。








道なりに行くも、その道はどんどん下がってく一方。
あれ?今日、高い方に上がるって言ってたよね?アシシくん…
Himaraya Trekking-127








普通に、町が見えてきちゃったし、舗道とかも見えてきちゃいましたけど…??笑
Himaraya Trekking-129








かなり急な下り道を降りてきたので、
足は超ガクガク。



一休みしているところで、
アシシくんが、道が合ってるかを確認しに行き。








戻ってきたアシシくん、
ここから、今日行こうとしてたところに歩いて行くのは難しいから、
予定を変更して、
ここからバスに乗り、明日歩こうとしていたコースの入口まで行こう、と。







どうやら、今日泊まる予定だったところには、予定の反対側のコースから目指し、
明日、今日歩く予定だったコースを歩く、というルートに変更するらしい。





下りてきてしまったこの町から、
バスに乗り、1時間ほど。
Himaraya Trekking-134






って!!!!
トレッキングに来たはずなのに、
なぜバスに乗ってるんだ!?!?笑

Himaraya Trekking-141





まあ、いつも使ってた道が使えなかったんだから、
仕方ないですよね…







アシシくんが悪いわけじゃないし。
乗り心地最悪で有名な、ネパール名物ローカルバスにも乗れたし…
と自分に言い聞かせ。






バスには、あとから人がどんどん乗ってきたんですが、
車内がとんでもないことに。




乗車率150%を越えて、
人が外にはみだしてるからね。
Himaraya Trekking-390

ちなみに、バスの上にも人乗ってます。






ハンパない。笑









さて、バスを降りたら、
気を取り直して、トレッキング再開です。






ここからは急な上り坂。
Himaraya Trekking-173






さっきあれだけ下りてきちゃったから、やっぱり上りますよね…
キツイけど、やむなし!







道中に会う可愛い子供達に癒されながら。
Himaraya Trekking-148Himaraya Trekking-166




休憩所のめちゃくちゃ美味しいチャイに癒されながら。
Himaraya Trekking-176
Himaraya Trekking-175








登りきったところには、
チベタンのタルチョがなびいていて。
Himaraya Trekking-183





もう夕暮れ時だー。






ここから平坦な道を進んでる間に見えた夕暮れ。
Himaraya Trekking-187
Himaraya Trekking-190








今日のルートからは、ヒマラヤ山脈は見えず。







トレッキング再開してから1時間半ほど、
今夜の宿泊先である、オーストラリアン・ベース・キャンプに到着。




ここでようやく、ヒマラヤ山脈の山々が見えて。
Himaraya Trekking-197







昨日よりも山が近い。
迫力満点!!!
Himaraya Trekking-198
Himaraya Trekking-199





ちょうど、夕焼けに染まって一段と美しい。







今夜の宿は、
昨日と違って、これぞ、山小屋!という感じのところだったけれど。
Himaraya Trekking-193




この景色はすごすぎます。
Himaraya Trekking-194




この景色見た瞬間、明日は早く起きて朝日を見よう、と決意。










宿に到着してすぐ、
丘の方で、ネパール人たちが沢山集まっていて、
なにやら楽しそうだったので、行ってみた。
Himaraya Trekking-207





どうやら、若い子たちが、
屋外パーティーの準備をしてるところみたい。






自然の木で起こした火で、
女の子たちは料理。
Himaraya Trekking-221




その他、薪を作ってる子、
Himaraya Trekking-219





音楽担当してる子、
Himaraya Trekking-224






キャンプファイヤー組み立ててる子、
Himaraya Trekking-225







あ、早くも踊ってる子もいる。笑
Himaraya Trekking-226








みんな、15歳~18歳くらいの子たち。
それぞれ担当ごとに手際良く、
何か問題があれば、みんなで知恵だしあってどんどん進めて行く感じが、本当にすごい。






そしてめちゃくちゃ楽しそう。







この子達は、私が全く経験してこなかったこと、
沢山経験して成長していくんだろうなー。



大自然の中で成長するって、それだけで素晴らしい。







かたや、火すら起こすことができない私は、
ここ数日、山の中で限られた資源の中で生活してる人たちを見ながら、
自分のひ弱さと情けなさをひしひしと感じているのでした。笑





トレッキングすら、3時間も歩いたらもうヘトヘトだしね。





この日はちょっと早めに就寝したのだけど、
彼らの夜は長いようで、
遠くから、低音リズムがいつまでたっても聞こえてきました。











翌日は頑張って早く起きて朝日を見た。
Himaraya Trekking-245





昨日、パーティーをしていた若い子達も、
まだこの場にいて、朝日を待っているようでした。






そして日の出の時間。
太陽が出てくる瞬間って言うのは、
いつどこで見ても感動的だ。
Himaraya Trekking-252
Himaraya Trekking-255
Himaraya Trekking-268








朝ごはんを食べてから、
出発までの時間は、
子供たちに遊んでもらいました。
Himaraya Trekking-283




このブランコ、
背景に雪をかぶった山々があるとか、
もうハイジの世界でしょ!
Himaraya Trekking-292
Himaraya Trekking-286




たのしそー!!




ってことで、私もやらせてもらうことに。



アシシくんが写真撮ってくれたんだけど。
Himaraya Trekking-295
Himaraya Trekking-300




ブランコに29歳が乗ると、
だいぶ残念な絵になるということがわかりました…笑
自分であとから見てびっくりしたよ。





やっぱりブランコには子供が乗ってないとね。








さて、最終日のこの日は、
まずは宿泊したオーストラリアン・ベース・キャンプから
1時間ほど歩いたところにあるダンプスという村まで、下っていきます。
Himaraya Trekking-307






到着したダンプスからも、綺麗な景色が広がります。
2日目の夜は、もしかしたらここダンプスに泊まる可能性もあったみたいで。
Himaraya Trekking-328





ここの村も雰囲気良かったけど、
宿泊したオーストラリアン・ベース・キャンプに比べると、
標高も低くなる分、山の景色もやっぱり向こうの方が良かったな。



このダンプスに泊まるのが結構定番らしいのだけど、
オーストラリアン・ベース・キャンプに宿泊できてよかった!
アシシくんの判断に感謝!







このダンプスでは、池に映る、
逆さ富士ならぬ、逆さヒマラヤを発見。
Himaraya Trekking-321




そして、お土産もの屋さんでちょっとしたお土産買って。
Himaraya Trekking-318




そこから更に下ること2時間。




これにてトレッキングは終了!







ここからタクシーで、
昼過ぎにはサクラホテルに到着。






トレッキングとは言え、そんな大変なコースもなく、
一日に歩いた時間もそんなに長くもなく、
ヘタレな私にはぴったりな楽しい3日間でした。



それでも、翌日は筋肉痛ひどかったんだけどね…
日本帰ったらちゃんと運動しよ>_<








この日の夜は、
カトマンズではお祭りで閉まってた日本食レストラン、桃太郎のポカラ店があるので、
そこの中華丼で、1人、トレッキング打ち上げ。笑
Pokhala-267



これ、激ウマでした。
念願の桃太郎の和食が頂けて、大満足!









トレッキングは
もっともっと、日数をかければ、
更に迫力満点な景色が見れたのだろうけど、
それは次の楽しみにとっておきます。





そのときはまた、ここに泊まれたらいいなーと思える、
とても良い宿でした。




ここに更に1泊して、
淋しいけれど移動です。







最後にサクラホテルの家族みんなと。
Pokhala-277



残念ながらお兄ちゃんはいなかったのだけど。




アシシくんともまた日本で会えるのを楽しみに。




最高のポカラ滞在をありがとう!


◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

日の出

やぁ、懐かしいですね。ボカラ。

日の出を見に登りましたが、あいにく雲が晴れず、日の出が見えなかったのが心残りです。

私の場合、移動は飛行機でしが、払い下げ軍用機のようなセスナでしたので、ちょっとドキドキ。

トレッキングでは、途中で写真を撮らせ貰っ子供に、お菓子か、小銭を渡したところ、他の子供が何処までも付いてきてしまい、ちょっと怒ったことがある苦い思い出の地です。

うどんさん

私は運良く、毎日きれいな夕日と朝日を見ることができました。
もし次回ネパールくる機会があったら、この時期以外はもう考えられません。笑

わたしもポカラから帰りは飛行機を使いました!この次の記事に載せましたので、ぜひ♪
プロフィール

saori

Author:saori
1983年6月生まれ。
2010年9月に結婚。

のらりくらりと紆余曲折を経て、
会計士として4年間勤めた職場を2011年末で退職。

旅行中毒。
音楽大好き。
映画大好き。

思い立ったら実行しないと気が済まない性格が災いし、
夢のまた夢だった世界一周を本気で叶えることにしちゃいました。

2012年1月から、東周りでの世界一周、スタートしました!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中♪
応援宜しくお願いします!

一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
Follow me
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。