スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ふっかーつ!日本に帰りまーす!!

サワディカー!






昨日の夜、ヒメちゃんフジちゃんと1週間ぶりに再会して、
さおりん、痩せた?
と言われましたが、
人間、そんな簡単には痩せません。
ましてや、アラサーの代謝ではそんな簡単には痩せられません。






てか、食中毒になる前は最後の食い意地が張りすぎて、めっちゃ食べてたからね。
それで調子に乗って食中毒になったと言っても過言ではないからね。






1週間前に比べて痩せてるはずはないため、
痩せて見えるほど、やつれてた、みたいです。
やっぱり。










今日は朝遅めに起きてから、
いつの便で帰るかを検討。







本来であれば、私は今もう日本にいるはずだったんだけどね〜







朝のうちはまだやっぱり体調が優れず、
もうこの際、バンコクで数日間ゆっくりするのもアリかなーとか思っていましたが。







大変なことに気付きました。






予定通りであれば、土曜の夕方、旦那さんはお仕事が休みなので、
空港まで迎えに来てくれることになっていたのですが、
平日に帰ると、旦那さんは仕事、
両親も仕事をしてるし、
友達だってもちろん仕事をしてるので、
お迎えに来てくれる人がいない。






まあそれならそれでいっかーと思ったものの。







わたし、今、サンダルしか持ってないんだった。






極寒とのウワサが絶えないこの時期の東京を、
サンダルとバックパックで歩くのとか、まじ、無理。








ましてや、ラッシュアワーの東京をその格好で歩くのとか…



むりむりむりむり。




想像しただけで、悲しい気持ちになる。







てなわけで、やっぱりなんとか土日のどちらかで帰って、
できることならどなたかに靴を持ってきて頂きたい…





とは言え、一度帰る気持ちになっているので、
来週末までこの気持ちでバンコクにいるのも、なあー。






うん、まだ不安は残るものの、
やっぱり明日の便で、帰ろう。
食中毒になってから、より気持ちは日本に向いてるし。
旦那さんがお休みの日にやっぱり帰りたいし。
早く帰ろう。







なんとか、明日、日曜朝発の便の席があることを祈って、JALに電話すると。






最後の1席、残ってたーーー(*゚▽゚*)







というわけで。




明日(もう日付変わって今日!)の朝にバンコクを発ち、
日本には夕方到着予定!ですー!















で、体調の方はというと、
散々ご心配をお掛けしましたが、
現時点で、めっちゃ元気になりました。






今一緒にいるフジちゃんヒメちゃんを凌ぐ勢いで元気です。







遅めの朝ごはんを食べた時は、
まだ食後にやっぱりちょっと気持ち悪くなったりして、
太陽に当たるとくらってするし(たぶんあまり食べてないからなんだろうけど)、
やっぱりまだイマイチだなーなんて思ってたんですが。







そっからの回復力が半端ではなかった。







体調イマイチながらも、お土産などを買いに、
バンコクの超有名ショッピングセンター、MBKまで。
Bangkok-34





で、買い物してるうちに、
少しずつ元気になっていくのがわかり。
Bangkok-35
Bangkok-83









夜は、世界一周最後の夜だしってことで、
タイスキを食べに行きましたー!
Bangkok-51




タイスキチェーンのテキサスというお店。
チャイナタウンの一角にあって、
ヒメちゃんが連れて行ってくれました。
Bangkok-57







この通り、夜にはもうめちゃくちゃ元気でーーーす!!!!
Bangkok-55






最初は、
タイスキならヘルシーだし、
病み上がりの体には良さそうだよね~
最後の夜だし、質素なのも淋しいから、、
食べられるだけ食べられれば~




みたいな感じで行くことにしたタイスキ。







が、実際、お店に入った瞬間。







数日ぶりに食欲が爆発!!!!





自分でも引くくらい鍋にがっつき。
Bangkok-73






2人と同じだけ、いやもしかしたらそれ以上、
食べてしまっている自分がいました。





てか、美味しすぎ。
Bangkok-54





そして、楽しすぎ。
Bangkok-76
Bangkok-75
Bangkok-86






おじやとかね。病み上がりの体に良さそうでしょ。
Bangkok-56



ま、いっぱい食べたらダメなんだけど。
いっぱい食べちゃったよ。笑







2日前まで食中毒で死んでたとは思えない、絶好調っぷりです。







楽しくてテンション上がってるだけなのか、
本当に急回復したのか、
自分でも良くわかりませんが、
でも、美味しいご飯食べて、楽しいから、
もうあとはなんでも良いのだーーー!






これでまた食べ過ぎで体調崩したら、
またもうひと笑いしてやってください!







いやはや、こんなに痛い目見たけど、
全くもって、タイ嫌い!とか、ならないよ。




むしろ、そんなところとは全く違う次元で、
本当に大好きです。この国。




もう住んでも良いとさえ思うし、
間違いなくまた来るので、
観光、観光って全然なってなかったけど、
ご飯美味しくて、人が優しくて、
ストレス全く感じなくて、
もう、大好きです。






最後に、夜のカオサンでお買い物して。
Bangkok-67






最後の最後まで、笑いまくって、
今はもう淋しさとかよりも、
楽しく最後の日を迎えられそうです。







もうね、フジちゃんとヒメちゃんには改めて、超感謝!!!
Bangkok-42






もう最高すぎる夜でした。






おかげさまで、今わたし、めちゃくちゃ元気!!








なんかね、結果的には食中毒にかかったことで、
最後、旅がきゅっと締まった気さえしますよ。



うん。








もうほんっとにね、思い残すことなーんもないわ!








まあ、最後の最後まで何が起こるかわからない、っていうことは、
今回身を持って知ったわけで、
家に到着するまでちゃんと帰れるかわかりませんが。笑







でも、今度こそ、帰ります!




大好きな日本に、帰ります!




大好きな人たちがいる日本に、帰ります!










全てに感謝!








わたし、幸せでーーーーす!!!!




◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

近くて遠い日本

サワディカー!








帰国予定日2日前に、
まさかの食中毒にかかり、
入院して病室で一夜を明かしました。







点滴をしたまま10時間以上、ぐっすりと寝続け、
朝起きるとかなり気分はすっきり。






本調子にはまだまだ程遠いものの、
熱も下がり、とりあえず動けるようにはなって、
とりあえずお医者さんからバンコク行ってよし、との診断をもらいました。






昨日は動くことすらままならなかったからね…






で、めでたく、24時間近く、
私の血管に入り続けていた注射針が外されて。
カメラロール-885






そーいえば、私は注射とかもめちゃくちゃ苦手。
昨日はそれどころじゃなくて、
早く私を楽にさせてくれーって、すがる思いでされるがままに処置を受けてたけども。





1人でよく頑張りました!笑







そして、診断書をもらっていざお会計、というときに。






金額見て、まじびっくりした。








処置代、薬代、入院代などなど全て込みで。



20,000バーツ
(約54000円)







ひょえー!





もちろん、海外旅行保険に入っているので、
のちほど請求すればちゃんと戻ってくるわけですが、
にしても、目ん玉飛び出そうになりました。





これ、保険入ってなかったら凹むなんてもんじゃ済まなかったでしょう。







改めて、声を大にして言いたい。




海外に行く皆さん、
絶対に、ぜーーーったいに、
海外旅行保険は加入すべきです。








それにしても、ここの病院の皆さんにはほんとにお世話になりました。
Kho Phi Phi-309



みんな本当に優しくて、
航空券の変更の手続きを手伝ってくれたり、
宿から私の荷物運んでくれたり、
宿のチェックアウトの手続きまでしてくれたり。




弱ってる時ほど、人の優しさが身に染みますなー。笑





そんなこんなで、
24時間の初めての入院生活は終了!









バンコクを目指します!






いやー、私、こんな楽園にいたのね。
忘れてたよ。
Kho Phi Phi-311







船に乗って、タイ本土のクラビまで。





クラビから飛行機で、バンコク!






バンコク着いて、そっこーカオサン近辺に向かおうとするも。







タクシーで行くか、ローカルバスで行くかで迷って…






変に少し元気になってしまった私は、
バスで行くことにしてしまった。





だってねータクシーだとやっぱり1人で行くには高すぎる。
インフォメーションのお姉さんは、
カオサンまで59番バスでダイレクトで30~40分くらいで行ける、と。



ダイレクトでそのくらいなら行けそう!






ってなわけで、周りにいる欧米人たちとバスを待ち始め。















バス来ない!!
1時間近く待っても、来ない!!








もう、タクシーシェアして行く?
と話し始めた時に、やっとバスが来て。






やっとこれでカオサン行けると思ったら、
今度はラッシュアワーと完全にかぶり、
乗ってから到着までの所要時間、なんと2時間半
Bangkok-28






30~40分って、言ったの誰!もーーう!!!!






バンコクの渋滞事情は、
かなり深刻なようです…







そして、バスを降りたところもカオサンから少しだけ離れてて、
荷物を持ったまま宿まで15分以上歩いて。







さすがにほとんど何も食べてない病み上がりの体には、
この移動だけでもかなり辛いものがあった…
もうぐったり…









けれども、
こんな病み上がりの私をカオサンの宿で待っててくれたのは!






パーイ、チェンマイで一緒だった
ヒメちゃんフジちゃん!
Bangkok-30







1週間前に、あんなに名残惜しくお別れしたのに、
超あっさり再会!っていう。笑





お別れしたあと、2人もしばらくチェンマイでゆっくりして、
それからバンコク向かうと言ってたので、
ピピ島にいる時に、ふと、
もしかして、私がバンコク戻る時、2人もいる?
と思ってメールしたら。


今ちょうどいつ戻るか決めようとしてたから、
そういうことなら、それに合わせてバンコク戻っちゃいましょー!
ってなノリで、バンコクに戻って来てくれることに。






いやー、嬉しい。




2人に会った瞬間、気持ちだけはめっちゃ元気に!!





やっぱりね、体弱ってると一人ぼっちっていう状況もまた、良くないよね。
すんごいほっとしたー。









すぐに宿の近くで夜ご飯。
2日ぶりのちゃんとしたご飯、食べます。
とは言え、まだまだあまり食べられないので、スープ〜
Bangkok-31





卵豆腐と春雨が、いい感じ!
スープが弱った体に染み渡ります~








で、気になる今後の予定、ですが…






予定通りであれば、
明日の朝の便で帰る予定だったのですが。





延期しまーす(/ _ ; )






今日移動してみて、やっぱりまだ本調子ではないと痛感し。
さっきバンコク着いたばかりなのに、
明日の朝からまた日本まで長距離移動とか、無理…





私が持ってるチケットはJALマイレージの特典航空券なんですが、
幸い、搭乗時間前であれば無料で何回でも変更がきくチケットなんです。
変更できるのは、特典航空券枠の席が空いていれば、ですが。





というわけで、明日の朝もう一度様子みて、
帰国便をどれにするか決めたいと思います。






なるべく、半日~1日遅らせる程度で帰りたいと思いますが、
あとは、航空券の空きがあるかどうかと、体調次第。







ひとまず体調は快方には向かってますので、
ご心配頂いた皆さま、ありがとうございました!
もうこの際、笑い飛ばしてやってくださいー!!!








ああ、なんか急に日本が遠くなったな。笑




遠く感じると、早く帰りたくなるもので。
ま、体調崩すくらいでちょうど良かったのかな~なんて。





いやはや、ただじゃ終わらない、私の旅。




すみません、もう少しだけ、続きます。笑





最後まで暖かく見守って頂ければ幸いでございます( ´ ▽ ` )ノ





◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

まさかの食中毒…

サワディカー!






えっと。




本日のわたし。
カメラロール-882





はい、病院にいます。
点滴受けてます。
入院してます。







ギャグか!?ってね。











前回の記事の最後の一文、

すっきりとした気持ちで、日本に帰ることができそうです( ´ ▽ ` )ノ

ってやつ、めっちゃ消去したーーーーい!!!









なんなら丸ごと、前回の記事、抹消したーーーーい!!!!









あんな、清々しい気持ちで日本に帰ります!
みたいなこと言ってて、
ステキなコメントも沢山頂いて。



いやもうびっくりするくらい、ステキなコメントばかりで、
涙出そうになるくらい。
ありがとうございます。

(のちほど、ゆっくりコメント返させて頂きます…)









なのに!!




今まだピピ島の病院って、どゆこと!?









カッコ悪すぎてコメント頂いた皆さまにも合わせる顔がありませぬ…











ふう。




なかなか、簡単には終わらせてくれないです。








今日、ピピ島からバンコクに移動し、
バンコクで一日過ごして、明後日に日本に帰る予定だったのですが。








まーさーかーの。




食中毒!!!







もう、笑うしかない。











一から説明しましょう。





いやね、昨日、前回のブログ記事書いて、
色々と気分が満たされて、
ていうか今さらだけどタイってなんて良い国なんだろ、
ご飯がこんなに安くて美味しく食べられるなんて!
みたいな、そんな気分で、
例のごとく、ご飯食べまくってたんです。







わたし、一昔前は、トムヤンクンもタイカレーもあまり得意じゃなかったのに、
今回タイに来たら、めちゃくちゃ美味しいって思って、
それもなんか嬉しくて、タイ滞在期間中に、
安くて美味しいタイ料理をできるだけ食べまくるぞー!
って、食い意地全開で、
毎日を過ごしておりました。
Kho Phi Phi-247
Kho Phi Phi-299






帰国まで、もうタイ料理しか食べないぞ、くらいの勢いで!







でね、昨日の夜も、
お気に入りのタイカレーが美味しいレストランに行ったわけです。






中の具は、チキン、ビーフ、イカ、エビ、などなどから選べるんだけど、
前回はチキン頼んだので、
今日はエビいってみよー!
って。




そう、このときは呑気に写真とかも撮っちゃってさ。
カメラロール-883





もうね、このエビ。
間違いなく、このエビ。



今は見るだけで気分が悪くなってくる…







満腹になるまで食べて、
宿に戻って、
ピピ島最後の夜だなーなんて思いながら、
ネットしてたら。





なんか、体調に異変が。






すぐに寝てしまおう、と思い、
10時半頃には就寝。





体を横にしてからも、
うん、明らかになんかおかしいぞって思ったんだけど、
このまま朝まで寝れますようにって思って、
眠りに落ちました。




けど、悪い予感は的中。




目が覚めたのは朝ではなく、
夜中の1時半頃。






そこから、下痢と嘔吐の繰り返し。






わたし、30年近く生きてて、
嘔吐ってほとんど経験ないんですよ。


お酒も飲めないし。



だから、吐き方とかもよくわかんないんだけど、
あれめっちゃきついですね(>_<)
なにあれ、地獄。





唯一の救いは、そこそこキレイなとこに泊まってたので、
トイレが部屋に付いてて、キレイだったこと。




あれが、共同トイレで汚かったりしようもんなら…









で、その後も意識が朦朧とする中、
ベッドとトイレを行き来。


とりあえず手持ちの抗生剤を飲んで、
どうやったら今日中に移動できるか考え。






いやーでもどう考えても今のままじゃ無理だわ、
とりあえず病院行って点滴でも打ってもらおう、と、
死にそうになりながら荷物をパッキングし、
レセプションでとりあえずチェックアウト。






病院は、たまたま泊まってたホテルの目の前にあったので、
すぐに診てもらい、そっこー点滴。








で、この点滴がなかなか終わらなくて、
いつまで経っても終わる気配がなくて、
今日フライトがあるんだけど…と、お医者さんに話したら、
それは無理!と。





確かに。





冷静に考えてみたら、ちょっと立ってるだけでも、フラフラだもんね…
空港行くまでに船に2時間以上揺られなきゃいけないことや、
今、最大級に荷物が多いことを考えると、
この状態で1人で移動するのとか、ほぼ絶望的でしょ…







とりあえず今日移動することは諦め、
点滴終わったら今夜の宿を確保しに行こうと思ってたら。





なんと、そのまま入院することにー(>_<)








わたし、人生初の入院です!








今日乗る予定だったAir Asiaのフライトは、
問い合わせしてみたところ、
体調不良などの緊急の場合は、
700バーツ(約1900円)で変更可能とのこと。
しかも、その費用は海外旅行保険でカバーできるらしい。





いずれも、医者の診断書があれば、です。
お医者さまの言うことは絶対!なのです。








とりあえず、明日には良くなると信じ、
明日のフライトに変更しましたが、
問題は、その次の8日早朝の帰国便に乗れるかどうか…




もう少し様子を見ようと思いますが、
帰国日が遅れる可能性が出てきました(>_<)







あーーーーーもう。







ほぼ1年間旅してきて、
っていうか、それ以前から考えても、
一度も今まで海外で医者に罹ったことないのに!





初の海外の病院。




初の入院。





それが、この長旅の帰国予定日の2日前ってゆーね。





あーもう、やるせないです。





しかも、なにが1番やるせないかって、
病室で点滴を受けながら思い出してしまったのだけど、
私、数年前にバンコクでエビに当たったことがあるっていうね。



学習してなーーーい。
情けなさすぎるでしょ。





もうね、
わたくし、未来永劫、タイではエビを食さないことを、
ここに誓いたいと思います( ̄Д ̄)ノ








なんだか、もうすぐ日本って思ってたのが、急に遠くなってしまった気がして、
心細いです…






現在も、まだ点滴を受けながら、
病院のベッドで休んでいます。




もう腹痛などはだいぶよくなり、
下痢も嘔吐も止まりましたが、
まだ体を起こすと、ちょっとよろしくない感じ。





とりあえず病院はとてもキレイで、
お医者さんも看護師さんもとても優しくて、
wifiも飛んでて、ものすごーく快適ですが。






わたし、無事、帰れるのか!?




今晩ぐっすり寝て、
引き続き、様子を見たいと思います(>_<)







◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

旅を終わらせる覚悟

サワディカー!








本日もピピの海は穏やかです。
Kho Phi Phi-290






毎日、とにかく何もせず、
海へ行ってはぼーっとして、
プールサイドに行ってはネットして、
10分くらい泳いでみて、
を繰り返しています。






ここ以外に、キレイなビーチも沢山あるようですが、
海に多くを求めない私は、
超狭い範囲内で満足しています。







私は他の東南アジアのビーチに行ったことがないので
あまり比べたりすることはできないのですが、
このあたりのビーチは、
こういった岩山が見えるのが特徴のよう。
Kho Phi Phi-119





今いるピピ・ドン島も、
ホテルなどがあるエリアはごくごく一部で、
あとは、岩山がそびえたっています。





島の中に、ビューポイントがあるということで、
登ってみた。



かなりきつい階段を登っていくと。





こんな景色が見れました。
Kho Phi Phi-266




右側は私が毎日ぼーっとしているロダラムベイ







左側が、いろんな場所から船が到着するトンサイベイ
ピピ島の玄関口です。







そしてこの島にはネコが多い。
Kho Phi Phi-280




猿も多い。
Kho Phi Phi-279






ネコが、猿の大群に襲われる現場に遭遇してしまい、
一目散に逃げるネコが私の方に迫ってくるもんだから、
私も猿の大群に襲われそうになり、猛ダッシュで逃げました。


間一髪、地元の人が猿退治用のアイテムを持って現れて、
事なきを得ましたが…



やっぱり動物コワイ。








街の中心、レストランや土産物屋、ツアー会社、宿などが立ち並ぶエリアは、
どこもこんな細い路地。
Kho Phi Phi-248






このほそーい道を、
観光客や地元民が所狭しとすり抜けて行きます。





路上でカットパインを買ったら。
Kho Phi Phi-298






売り子のかわいいお姉ちゃんが、タナカを塗ってた!
Kho Phi Phi-297



そう、ミャンマーの!




ついつい懐かしくなって、
ミャンマーから来たの?と聞いたら、
Yes、と。




まさかこんな場所でミャンマーの女の子に会えるとは思わず、
かなり興奮してしまっている自分がいました。




ミャンマーもほんとに、いい国だったなー。














さてさて。




こんな感じで、最後のゆるーい時間を過ごしているわけですが、
アジア旅に再出発してからの日々は、
それまでの旅よりも更に自由に、本能のままに、
動いて動いて動きまくって、
実に濃い日々を過ごすことができたなーと思います。






夏、アジアまで辿り着けずに日本に一旦帰国したときは、
アジアなんていつでも行けるし、
もうこのまま社会復帰するかなーとか考えたこともありましたが、
やっぱりこのアジアで過ごした3ヶ月は旅を終えるのに、必要な期間でした。







あまりにも中途半端な気持ちで日本に帰ってきてしまい、
超腑抜け状態で毎日を過ごし、
日本の社会にも取り残されていってるような気がしてかなり悶々としていて、
旦那さんに、
次、どうせ再出発するなら、
全部やり切って来い!

と言われるほどでした。





あの時は、旅を終える覚悟が一切できてなかった。
今思えば、あのまま社会復帰していたら、
かなり中途半端に、色んな思いをひきずりながら、
日々を過ごすことになっていたと思います。





それはそれで、きっと適当に楽しく毎日を暮らしていたと思うけど、
でもその物足りなさは、きっといつまでも残ってしまうものだったでしょう。










というわけで。






旅を終える覚悟をする。
これは、再出発するときの、
大きなテーマでした。





だから、それまで以上に更に、
心を開いて、旅をしよう、と。




もう全て、余計なものを脱ぎ捨てるように!






そうしたら、自然と、
終わりに向かっていく感じを味わうことができました。






特に、東チベットから戻ってきて、
最後にネパールに無理やりでも行こう、と決めたくらいの頃から、
もう、やりたいことはやりきったかな、と思うようになり。






もちろん、行きたい場所はまだまだ沢山あるし、
また再度、訪れたい国もあるけれど、
今回の旅の中で、やりたいこと、やるべきことは全てやりきったかな、と。






だから今は、とても清々しい気持ちで
日本での新しい生活がとても楽しみです。










旅に出て、変わったことがあるかと言われれば、
そんなものはほとんどない。






もともと、何か立派な大義名分を抱いて出てきた旅ではないし、
自分探しとかそういうのすごい嫌いだし、
行きたいと思ったから出てきただけ、というのもあるけど、
どこにいたって、何をしたって、ああ、やっぱり私は私でしかないのだな、と。
旅を通して、よりシンプルに、自分を再認識できたと思います。






つい先日の記事でも書いた気がするのだけど、
この一年私がやってきたことっていうのは、
結果的には、私が生きる上で本当の意味で大切なことを、
一つ一つ、再確認する作業のようなことだったのかな、とも思います。







この一年、
私は、ありのままの自分で、
やりたいようにやってきました。
やらせてもらいました。





起きたいときに起き、
行きたいところに行き、
見たいものを見て、
食べたいものを食べ、
そして色んなことを感じ、
喜び、悲しみ、楽しみ、苦しんだことももちろんあった。





本能のままに動き、ありのままを感じた。






この28歳〜29歳というタイミングで、
自分というもの、そして自分にとって本当に大切なもの、
を再認識する時間を過ごすことができたというのは、
私のこれからの人生にとって、とても大きな意味を持つことになると思います。





そして、本当に大切なことなんて、ほんの一握りの、数える程のものしかなくて、
すべてのことは実にシンプルなのだ、と。
それもまた、この旅で再確認できたこと。






もともと、自由に生きてるように見られる方だったけれど、笑
それでも、旅に出る前は、やっぱり色んな無駄ものを抱えながら毎日を過ごしてしてしまってた部分があったなーと思います。





本当に大切なものさえわかっていれば、悩まなくていいようなことって、
意外とたくさんあるんですよねえ。
結局、何度でも同じこと繰り返しちゃうんだけどさ。







またこれから、新たに日本で生活を送るわけですが、
このシンプルな状態をいかに保ちながら、
仕事とプライベートを充実させていくか。



これが、きっとこれからの私のテーマになります。








私はもちろん、完璧な人間ではないし、
弱いところもあって汚いところもある。
間違うこともある。
むしろ、間違いだらけだったりもする。





これからも、きっとそれは変わらない。
けど、ほんの数える程の大切なものだけは、見失わないように。
それだけは、守りきれるような人間でいたいです。






それが、この旅を終える覚悟をして、思うこと。










そしてそして。

やっぱりこういう1人で最後の時間を過ごしてみて、考えることと言えば。





日本で生活していなかったら出会えなかったであろう、
たくさんの人たちとの出会い。




日本人も、日本人以外も。






この旅での数々の素晴らしい出会いが、
また今後、どんな風に私の人生に繋がってくれるのか。






そんなことも今、私が日本での新しい生活にワクワクできる理由の一つになっています。





全ての巡り合わせに感謝。














最後に、日本で待ってくれている、家族への思い。





旅の途中、日本で待ってくれる人がいるのは良いね~とよく言われて、
その意味があまりよくわかっていなかったのですが、
今ならよくわかる気がします。




この旅を誰よりも近くで応援してくれたのは、
紛れもなく、両親、そして旦那さん。




両親は、心配しながらも、
なんだかんだでいつも支えてくれた。
旦那さんと私の仲を心配しつつも、笑
2人でよく話し合いなさい、と見守ってくれた。






そして、旦那さんの存在。
旦那さんの存在なくしては、
こんなことにチャレンジしてやろうと、
思いつきすらしなかったかもしれません。




この一年、やりたいようにやらせてくれて、
日本で待っていてくれた旦那さんは、
本当に誰よりも強い人だなーと思います。





そんなパートナーとのこれからの新しい生活もまた、楽しみです。




こんなバラバラの2人が、
今後どこへ向かってくのか。笑






とりあえずは、8日に久しぶりに再会できるのを楽しみに。










うん、旅を終える覚悟はできてます。





たぶん!笑





なんでもかかってこいー!




日本でも、この一年に負けないくらい素晴らしい日々が待っているはず!






待ってろ、日本ー!!!!







というわけで、
そろそろ、この楽園を離れます。
Kho Phi Phi-259







すっきりとした気持ちで、日本に帰ることができそうです( ´ ▽ ` )ノ




◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

南の島で過ごす最後の時間

サワディカー!









チェンマイから、バンコク経由で飛行機乗り継ぎ、
クラビ空港へ。







そして、そこからボートで1時間半。
Kho Phi Phi-7







タイの、ピピ島へ来ています。
Kho Phi Phi-28
Kho Phi Phi-43




ブログがやっとリアルタイムに追いつきました!








日本へ帰る航空券をバンコクから買った時点で、
最後はタイのどこかのビーチでぼーっとして、
この旅を総括しようと決めていた。







寒い寒い東チベットを周ってる時にも、
最後は絶対、海を見て帰るぞ、と思っていた。







けど私、別に海に特別な思い入れがあるわけでもなく、
海でがっつり泳ぎたいわけでもないし、
ダイビングもしないし、
シュノーケルで魚見るのも特にそこまで興味あるわけじゃないし、
透明度とかどうでも良くて、
とにかくそこそこキレイなビーチがあって、
波の音がして、
ゆっくりできるところならどこでも良かったのです。







そもそも、東南アジアのビーチとかどこも行ったことがなくて、
全然詳しくなかったので、
色んな人に、最後ゆっくりするならどこが良いと思うー?と聞いて回ったところ。





だいたいどの人にもオススメされたのが、
タイの東側にある、タオ島パンガン島あたり。






なので、最後はタオ島かパンガン島へ行こう!
と思ってたのに。




このあたりは11月~1月らへんは雨季なのだそうです。







で、タイの反対側、西側にある、
プーケット島らへん。







こちら側はこの時期がシーズン!
とのことで、
プーケットよりもこじんまりとしてそうなピピ島に行くことにしました。









しかしなはがら、
到着してまず驚いたのは物価!





ご飯はチェンマイの1.5倍はするし、
シーズンってのもあって、宿はドミでも最安1500円くらい~
といった感じ。







でもね、もうここでは最後なので贅沢します!





すみません、しちゃってます…
Kho Phi Phi-244






ホテルは、ビーチからすぐのところにある、
PP PRINCESS HOTELというところ。
Kho Phi Phi-85





部屋から海が見えるわけではないんだけど、
ホテル併設のプールはこの通り。
Kho Phi Phi-243





一日中ここにいれてしまうっていう…









今私が滞在しているところは、
ピピ・ドン島のロダラムエリア




いわゆる中心地で、
欧米人で溢れており、
レストランやお土産物屋さんが並ぶ地区。





夜は、そこかしこでパーティーが始まるため、うるさいっちゃうるさいですが、
あまり静かなところすぎて、周りに何もなさすぎるっていうのも、
移動だなんだって、独り身にはなかなか大変だので、
重低音が遠くで鳴ってるくらいならそこまで気にならない私にとっては、
居心地良く過ごせてます。






こんくらいの喧騒の中にいる方が、
淋しくなりすぎないしね。







その代わり、朝のこの町はとても静かで、とても良い。
Kho Phi Phi-240



一人じゃ、夜な夜なパーティーに行く気もしないので、
夜は早めに寝て、朝早く起きる生活を送っております。






ここのビーチは果てしなく遠浅で、
静かに、波が寄せては返しています。









ここにいると、ホテルの周り以外何もしなくなってしまいそうなので、
昨日はツアーに申し込んで、
ピピ・レ島に行ってきました。
Kho Phi Phi-115







いくつかの島で構成されているピピ島。





滞在しているピピ・ドン島が一番大きい島ですが、
その南にあるピピ・レ島は、無人島。







ここには、レオナルド・ディカプリオの映画、
The Beach
で有名な、マヤベイのビーチもあります。
ザ・ビーチ (特別編) [DVD]






マヤベイは、大きな岩に囲まれた、小さな小さなビーチ。
Kho Phi Phi-141
Kho Phi Phi-154




確かに、この写真だけ見ると、
秘境っぽい!




でしょ?








でもね、実際はこんなでした。
Kho Phi Phi-134

人、多すぎ!!





この日のツアーは、この辺りの色んな場所を少しずつ回るツアーだったので、
マヤベイの滞在はほんの1時間ほど。





もし良かったらマヤベイだけまた別の日に来るのも良いな、
なんて思ってたんだけど、
これはちょっとなあ~
Kho Phi Phi-165




しかも、中国人観光客ご一行様が多し。






ピピには中国人が多いと聞いてたんだけど、これかー。





ドン島にいる分には、そんな気になるほどではなかったんだけどね。





キレイではあったけど、
狭い場所なだけに、人の多さに圧倒されてしまいました。








あとは、シュノーケルポイントまで連れてってくれて、
ボートの上から海に飛び込んでシュノーケルしたり。
Kho Phi Phi-196
Kho Phi Phi-206








帰り際にボートの上からサンセット見たり。
Kho Phi Phi-227




この日の夕暮れはちょっとイマイチだったけど、
この一年、すごい朝日や夕日を何度も見てきたので、
また天気の良い日にリベンジ!
とかいう感じにもならなかったなー。





これはこれで、この日の巡り合わせとして、
むしろ良く思えてくる。








うん。
ここまで来たら、もうたぶん大丈夫。








やっぱりチェンマイを出る時が、
感情としては1番やばかった。






今はとても落ち着いていて、
変に感傷的になることもなく、
日本での新しい生活を見据えております。






あと数日、ここでぼーっとします!
Kho Phi Phi-256


◆◇◆◇◆◇◆ランキング参加しています◆◇◆◇◆◇◆



応援よろしくおねがいします!
一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
プロフィール

saori

Author:saori
1983年6月生まれ。
2010年9月に結婚。

のらりくらりと紆余曲折を経て、
会計士として4年間勤めた職場を2011年末で退職。

旅行中毒。
音楽大好き。
映画大好き。

思い立ったら実行しないと気が済まない性格が災いし、
夢のまた夢だった世界一周を本気で叶えることにしちゃいました。

2012年1月から、東周りでの世界一周、スタートしました!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
ランキング参加中♪
応援宜しくお願いします!

一日一回、バナーをぽちっと押して頂けるとランキングが上昇します〜♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます
検索フォーム
Twitter
リンク
QRコード
QR
Follow me
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。